あの車メーカーのCMロケ地!絶景「長崎・生月島」山屋旅館に泊まろう

| 長崎県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

あの車メーカーのCMロケ地!絶景「長崎・生月島」山屋旅館に泊まろう

あの車メーカーのCMロケ地!絶景「長崎・生月島」山屋旅館に泊まろう

更新日:2017/04/06 14:04

さと しほのプロフィール写真 さと しほ 旅行会社勤務

島が多い長崎県。平戸から橋で簡単に渡れる「生月島」は、自動車会社のCMロケ地に使われる絶景地。人工建造物が少なく海と崖しかない海岸線が、夕日でオレンジ色に染まる時間帯は最高にキレイ。島の先端にある灯台まで、爽快なドライブルートがつづきます。朝日も夕日もキレイなので、ぜひ島内に泊まってみて!今回は、生月島に数軒しかない宿の中から「山屋旅館」をご紹介します。

ロケ地に使われる「生月島」の絶景ルート

ロケ地に使われる「生月島」の絶景ルート

写真:さと しほ

地図を見る

キレイな海岸線を爽快に車が走り抜けていく自動車会社のCMを見ると、「はるばる海外まで車を運んでいって撮影しているんだろうなぁ」と思う方が多いのでは?

実は、日本国内に自動車のCMロケ地として人気上昇中の絶景ルートがあるんです。その場所は、長崎県の北西。平戸から橋を渡って簡単に行ける「生月島(いきつきしま)」。人口6,000人弱、車で20分あれば走り抜けられる小さな島です。

生月島を走る道路は、「生月サンセットウェイ」と呼ばれ、ホンダ のFit、マツダのMPV、日産のエクストレイルなど、国内外数社の自動車メーカーのCMロケ地になっています。

ロケ地に使われる「生月島」の絶景ルート

写真:さと しほ

地図を見る

離島だった「生月島」は、1991年に隣の「平戸島」と橋でつながって楽に行き来することができるようになりました。橋がかかるまで、生月島はフェリーで行き来するような離島だったんです。

もともと離島だったので、生月島は開発されてなくて自然が残っています。海岸線を走り抜ける爽快感はたまりません。自動車会社のCMに使われるくらいの場所なんですから、間違いないですよね。

生月島を走るなら、先端にある「大バエ灯台」をめざしましょう。朝日か夕日を大バエ灯台で見るのがおすすめ。右手側には壱岐・対馬がありますが、左手側は韓国です。日本の果てまで来ちゃった感がハンパないです。

生月島に泊まろう!

生月島に泊まろう!

写真:さと しほ

地図を見る

今回ご紹介するのは、生月島の「山屋旅館」。
橋を渡った平戸島にも宿泊施設はありますが、平戸島の宿泊施設は規模の大きなところが多いので、離島好きなら、生月島での宿泊がおすすめ。お値段が安いのも、うれしいポイント!
大バエ灯台で朝日や夕日を見るなら、近い場所に泊まったほうがいいですよね。山屋旅館から大バエ灯台までは、車でたったの10分です。

生月島に泊まろう!

写真:さと しほ

地図を見る

山屋旅館は全8室の小さな旅館です。創業1955年。歴史ある旅館ですが、改装しているので中はキレイです。

生月島に泊まろう!

写真:さと しほ

地図を見る

お部屋も改装されているのでキレイです。ところどころ古い家具も残っていますが、手入れが行き届いているので、その古さが逆にステキ。鏡台がかわいいんです。

食事も美味しい!

食事も美味しい!

写真:さと しほ

地図を見る

山屋旅館は1泊2食で8,500円から。予算に応じて調整してもらえるので、電話で相談してみましょう。長崎の魚介は関東方面でも人気があります。地場の食材を堪能しましょう。

食事も美味しい!

写真:さと しほ

地図を見る

温かい料理は温かいうちに出てきます。天ぷら、デザートまで美味しくいただいて満腹になります。

食事も美味しい!

写真:さと しほ

地図を見る

大バエ灯台に朝日と夕日を見にいくなら、事前に「日の出・日没」の時間を調べておきましょう。山屋旅館から大バエ灯台までは車で10分の距離です。食事の時間は、夕食は日没+1時間後くらい、朝食も日の出+1時間後くらいを目安に調整してもらいましょう。

絶景ドライブルート「生月島」に泊まろう!

生月島の最寄り空港は「長崎空港」ですが、車で2時間以上かかります。長崎市内を観光して生月島に向かったり、佐賀県の唐津を観光して海岸線を走って福岡空港に抜けるルートでもいいかも!
生月島を通る道は2本。ドライブするなら、西側にある「生月サンセットウェイ(生月農免農道)」がおすすめです。「信号、標識、ガードレール、電線が少ない」という、CMロケ地にピッタリの条件がそろった絶景ルートです。生月島を爽快に走り抜けてみませんか?ぜひ、お出かけください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ