良質な阿里山茶をお土産に!台北MRT古亭駅近く「上福茶店」

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

良質な阿里山茶をお土産に!台北MRT古亭駅近く「上福茶店」

良質な阿里山茶をお土産に!台北MRT古亭駅近く「上福茶店」

更新日:2018/07/24 09:10

Yui Imaiのプロフィール写真 Yui Imai 台湾街歩きライター、LCC乗り継ぎ旅行家

台湾に訪れたらぜひ購入したいお土産の一つに「台湾茶」が挙げられるでしょう。爽やかでコクのある味わいの台湾茶は、一度飲んだらハマってしまう方が続出。台湾には数多くのお茶屋さんが点在していますが、台北MRT古亭駅近くにある「上福茶店」では良質な阿里山茶がリーズナブルな価格で提供されており地元のお茶好きの方に親しまれています。

お茶好きの方が通う「上福茶店」

お茶好きの方が通う「上福茶店」

写真:Yui Imai

地図を見る

MRT古亭駅6番出口から約5分ほど歩くと「上福茶店(シャンフーチャーディエン)」という看板が見えてきます。有名な観光地から少し離れていることもあり、来店されるお客さんの多くはお茶好きな地元の方のようです。

台湾には東方美人茶や凍頂烏龍茶など様々な種類の台湾茶がありますが、こちらのお店で主に提供されているのは「阿里山茶」です。良質な阿里山烏龍茶やめずらしい阿里山紅茶がリーズナブルな価格で提供されています。

日本語はほとんど通じませんが、身振り手振りを多用しながら体当たりでコミュニケーションを取るのも旅行の楽しみの一つですよ。

お茶好きの方が通う「上福茶店」

写真:Yui Imai

地図を見る

店内には数々の資格証明書や合格証が掲示されています。実はこちらのお店のオーナーのおじい様は1975年に阿里山で一番初めにお茶の栽培を始めた方で、村の方にもお茶栽培や製茶技術を広めていったようです。現在も阿里山に茶畑を持ち、家族でお茶屋さんを経営されています。

阿里山烏龍茶がリーズナブルな価格で

阿里山烏龍茶がリーズナブルな価格で

写真:Yui Imai

地図を見る

高山烏龍茶とは名前の通り高い山で作られた烏龍茶のことを指しますが、高山茶は基本的に標高が高ければ高くなるほど味や香りが良いとされており値段も上がります。上福茶店で提供されている高山烏龍茶「阿里山烏龍茶」も、標高の高さによって値段が異なっています。

お店に置かれているお茶の値段をよく見ると、150グラムあたり300元(日本円で約1112円)からととてもリーズナブル。烏龍茶の中でも阿里山茶は価格が高めであることが多い中、この価格で購入できるというのはうれしい限りです。

※レートは2017年3月現在

阿里山烏龍茶がリーズナブルな価格で

写真:Yui Imai

地図を見る

気になるお茶はお店の人にお願いしてどんどん試飲してみると良いでしょう。写真は150グラムあたり300元の「阿里山烏龍茶」です。深い緑色の丸い茶葉玉が大きく、味への期待が高まります。

阿里山烏龍茶がリーズナブルな価格で

写真:Yui Imai

地図を見る

試飲の際はオーナーが手際よくお茶を淹れてくださいます。阿里山烏龍茶の透き通った黄金色がとても美しく、見とれてしまいます。

目の前に出された阿里山烏龍茶はまず豊かな香りを楽しみましょう。一口いただけばきっと、清らかでほんのり甘い味わいに「おいしい」と声に出てしまうことでしょう。

めずらしい阿里山紅茶

めずらしい阿里山紅茶

写真:Yui Imai

地図を見る

阿里山では2008年より紅茶も作られています。阿里山烏龍茶は飲んだことがあっても、阿里山紅茶を飲んだことがある方は少ないのではないでしょうか。阿里山烏龍茶の茶は丸い形が特徴となっていますが、阿里山紅茶の茶葉は細い形をしています。

めずらしい阿里山紅茶

写真:Yui Imai

地図を見る

阿里山紅茶は烏龍茶とは異なり茶色い鮮やかな色をしています。高山茶の特色を残しつつ紅茶特有の香りや爽やかな味わいを感じることができ、紅茶好きの方にぜひ試していただきたい一品です。

お茶好きな方へのお土産に

有名観光地でお茶を購入するのも良いですが、上福茶店はほんとうにおいしい良質な阿里山茶をお得に購入したいという方におすすめです。お茶好きな方へのお土産にしたらきっと喜ばれますよ。自分用に購入すれば、毎日の食事やティータイムにいただくお茶タイムがもっと楽しみになることでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/06 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -