ハローキティも登場!江ノ島「江島神社」で美しく恋しよう

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ハローキティも登場!江ノ島「江島神社」で美しく恋しよう

ハローキティも登場!江ノ島「江島神社」で美しく恋しよう

更新日:2017/04/27 16:03

松縄 正彦のプロフィール写真 松縄 正彦 ビジネスコンサルタント、眼・視覚・色ブロガー、歴史旅ブロガー

神奈川県江ノ島。ここは龍が住み、蓬莱山として考えられた聖地でした。ここにあるのが「江島神社」です。海に関係する三女神様が祀られており、日本三大弁天の1つが祀られている事でも有名です。中津宮の女神様が美しかった事から弁天様となったのです。さあこの女神様に参拝し、美しく恋しましょう。参道に登場したハローキティも女神様の赤い羽衣を纏っていますよ。

弁天様にあやかって綺麗になろう!

弁天様にあやかって綺麗になろう!

写真:松縄 正彦

地図を見る

江島神社は女神様(宗像三女神とおなじ)をお祀りしている神社です。島の神域を下から上へと「辺津宮(へつみや)」、「中津宮(なかつみや)」、「奥津宮(おくつみや)」の各社殿が配置され、1つの御社殿に御一人の女神様が祀られています。

写真の辺津宮に祀られているのは“田寸津比売命(たぎつひめのみこと)”です。タギツは水が激しく動くという意味があり、もともとは海流の女神様であったといわれます。社殿の左手には奉安殿があり、ここに日本三大弁財天といわれる裸弁財天の妙音弁財天が安置されています。

弁財天といえば、“銭洗い”が有名ですが、奉安殿の反対側には白い龍がいる「銭洗い場」があります。まずここでお金を洗いましょう。何倍にもなって戻ってくるかもしれません。ところで辺津宮の「賽銭函」にも注目です。独特の巾着の形をしていますよ。

弁天様にあやかって綺麗になろう!

写真:松縄 正彦

地図を見る

辺津宮の上にあるのが中津宮で、ここには“市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)”が祀られています。この神様は子守り、子供の守護神とされますが、実はこの女神様が神仏習合により弁財天とされていたのです。

この女神様はもともと水に関わる神様でしたが、美人であった事からこのように考えられたといわれます。写真のように、ここには“弁天様にあやかって綺麗になりたい”という女性の願いを込めた絵馬がたくさん掲げられています。

写真の赤いマークは弁財天の羽衣をイメージしたもので、中津宮独自のマークなのだとか。説明板には、このマークとともに「美しく恋したい」という標語も記されています。さあ、願を込めてご参拝しましょう。

また、この宮の脇に「水吟窟」があります。龍の口から吐き出された水を柄杓でとり、手前の口に注ぐときれいな音が響きます。心も綺麗になるはずです。

弁天様にあやかって綺麗になろう!

写真:松縄 正彦

地図を見る

神社の最上部にあるのが奥津宮です。ここには“多紀理比売命(たぎりひめのみこと)”が祀られています。この神様は三姉妹の最も上の姉神で“安らかに海を守る神様”といわれます。

この拝殿天井に描かれているのが写真の「八方睨みの亀」です。どこからみても自分を見ているように見える事からこのようにいわれています。首を甲羅から出さずに見ていますが、少しアニメっぽい顔をしていますね。

この亀さん、奥津宮の神様のお使いとされているのですが、亀は甲羅が不老不死の蓬莱山に見立てられ、古来、不老長寿の象徴でした。また実は、江ノ島自体が不老不死の地(島)とされていたのです。

この関係で、興津宮の近くには亀石が、また“手水舎にも亀さん”がおられます。手水舎には蛇や龍がおられるのが一般的ですが、亀さんとは珍しいですね。ちなみに辺津宮の手水舎におられるのは龍です。

いずれにせよ、江島神社は海に関係する女神様やそのお使いがいる神社なのです。

島の頂上で周囲を満喫〜江ノ島は龍が住む場所

島の頂上で周囲を満喫〜江ノ島は龍が住む場所

写真:松縄 正彦

地図を見る

江ノ島を一望できるのが「展望灯台」です。晴れていれば、富士山がくっきりと見え、横浜ランドマークタワーやスカイツリー、また伊豆大島も眺められます。展望灯台から下を見ていると、古人がここを蓬莱山としたのも理解できます。展望塔からはガラス越しだけでなく、外に出て回りを一周する事もできます。ぜひ絶景を楽しんで下さい。

島の頂上で周囲を満喫〜江ノ島は龍が住む場所

写真:松縄 正彦

地図を見る

奥津宮の直ぐ隣にあるのが写真の「龍宮」です。実は、江ノ島は古来より龍の住む島としても知られていました。これは江ノ島ができた頃からの言い伝えといわれます。

また鎌倉時代に北条時政がここに35日参龍し、子孫繁栄を願ったともいわれています。その時に龍が現れ、立ち去るときに大きな鱗を3枚残したのだとか。以来、北条氏の旗印は“三鱗”とされました(MEMO欄参照)。ちなみに江島神社の社紋もこの三鱗にちなんで考案されています。

参道にハローキティも登場!

参道にハローキティも登場!

写真:松縄 正彦

地図を見る

さてここで、神社参道の名物をご紹介しましょう。辺津宮への参道に、なんと“ハローキティ”が登場しました。その名も“江ノ島 はろうきてぃ茶寮”。カフェレストランとグッズショップが茶寮店内にあります。

写真のハローキティをよく見て下さい。見覚えがありませんか?そう中津宮で見た、羽衣の「美しく恋したい」マークをまとっているのです。レストランではハローキティをモチーフとした特製カレーなどが食べられます。

参道にハローキティも登場!

写真:松縄 正彦

地図を見る

参道でもうひとつのお勧めが「あさひ本店」の“たこせんべい”です。たこさんをそのまま焼きながらプレスし、せんべい状にしたものです。出来上がるまで少々時間がかかりますが、ここはTVでも紹介された人気スポット。いつも行列が絶えません。ちなみにタコだけでなくエビ(写真)やカニなどのせんべいも味わえます。

龍の島、江ノ島

龍の島、江ノ島。女神様が祀られ、お使いの亀がいる不老長寿の島。特に女性におすすめです。水に関係したこの独特の神社に参拝する事で、瑞々しく変身し、美しく恋し、長生きできるかもしれません。

なお、奥津宮まで行くのであれば、エスカーを使い、展望塔や岩屋の入場券と組み合わせて購入すると割安で便利です。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/02/04−2017/03/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ