まるで“桜の橋立”!香川「亀鶴公園」は池の中に桜の道が

| 香川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

まるで“桜の橋立”!香川「亀鶴公園」は池の中に桜の道が

まるで“桜の橋立”!香川「亀鶴公園」は池の中に桜の道が

更新日:2017/03/31 17:55

春野 公比呂のプロフィール写真 春野 公比呂 学芸員資格

香川県内に桜の名所は数あれど、まるで桜並木のピンクに彩られた天橋立のような景観の名所はここだけ。それが讃岐百景の一つ、さぬき市の「亀鶴公園」です。
鶴の形をした鶴ヶ山から、約200本の桜が咲く全長約300m、幅約20mの桜の橋立たる堤が宮池の中に伸び、亀の形をした亀島に続いているのです。
その“桜のトンネル”を通る際の桜吹雪は格別ですが、公園全体では約500本の桜が咲き誇ります。

まさに橋立たる堤の桜のトンネル

まさに橋立たる堤の桜のトンネル

写真:春野 公比呂

地図を見る

堤は四国管領の細川頼之が正平19年(1364)に宮池(八幡池)を築造した際、造成されました。桜は地元の代議士・小西和氏が明治40年(1907)から4年かけ、埼玉県から苗木を取り寄せて植樹したもの。

写真左側が鶴ヶ山で、桜堤は一直線に山麓の宇佐神社参道へと延びています。社は承平6年(936)、総本社の宇佐神社から勧請されたもので、長尾郷の総鎮守となりました。桜堤の上空を、鶴が鶴ヶ山に向けて飛んでいく光景が見られることもあります。

まさに橋立たる堤の桜のトンネル

写真:春野 公比呂

地図を見る

池の中に延びる桜の道は、まさに“桜の橋立”ともいえる光景。間近に見ると、浮き橋のようでもあります。

まさに橋立たる堤の桜のトンネル

写真:春野 公比呂

地図を見る

園内の花しょうぶ園からは、このような桜堤の写真を撮影することが出来ます。桜のトンネルが一直線に亀島へと池面を走る様子を撮れる、おすすめの撮影スポットです。

花しょうぶ園の桜堤西袂を挟んだ北側からは、スワンボートが出ています。

天橋立より感動する桜の橋立たる桜のトンネル散策

天橋立より感動する桜の橋立たる桜のトンネル散策

写真:春野 公比呂

地図を見る

桜堤は花見シーズン中、花見客でごった返します。静かに散策したければ、平日にでも。尚、駐車場は無料。

天橋立より感動する桜の橋立たる桜のトンネル散策

写真:春野 公比呂

地図を見る

天気がよければ、桜のピンクが宮池の池面に映えるはず。

天橋立より感動する桜の橋立たる桜のトンネル散策

写真:春野 公比呂

地図を見る

桜堤の終点、亀島には朱塗りの太鼓橋である「さくら橋」が架かり、南岸の市営野球場下に繋がっていますが、球場下からさくら橋に到る石段の両側も桜のトンネルとなっており、どこもピンク尽くし。

ひと気のない山から桜堤を俯瞰

ひと気のない山から桜堤を俯瞰

写真:春野 公比呂

地図を見る

本家・天橋立のように、この桜堤も俯瞰で見たいもの。俯瞰展望地は複数ありますが、鶴ヶ山の県道279号を挟んだ南の台ヶ山(87.3m)から北東に延びる尾根突端の切り株からなら、辛うじて桜堤と亀島を見渡せます。しかし、時期によりヤブ化している可能性もあるため、あまりおすすめは出来ません。

ひと気のない山から桜堤を俯瞰

写真:春野 公比呂

地図を見る

桜堤をズームで撮ると、池後方の山並みも入って絵になります。

ひと気のない山から桜堤を俯瞰

写真:春野 公比呂

地図を見る

さくら橋もズームで撮ると、背後の山並みと花しょうぶ園東の桜群が映えます。桜堤もさくら橋も、方角的に夕方は遠景がとんでしまいますので、時間選びには注意しましょう。

桜群以外の散策と見所

桜群以外の散策と見所

提供元:香川県観光協会

http://www.my-kagawa.jp/photo?sortType=access&keyw…地図を見る

前述の花しょうぶ園では、5月下旬、約15万本もの花が咲き、「ショウブまつり」が開催されます。

桜群以外の散策と見所

写真:春野 公比呂

地図を見る

東西約170m、南北約100mの亀島には周回遊歩道が通っています。宇佐神社の神事場があるため、自然がよく残されており、大木が頭上に覆いかぶさっている箇所もあり、自然の醍醐味を体感できます。

また、24基からなる古墳時代後期の群集古墳・亀島古墳群(直径10mほどの円墳)があり、遊歩道からも見学することができます。

桜群以外の散策と見所

写真:春野 公比呂

地図を見る

台ヶ山山頂は中世の池内城(台ヶ山城)跡なのですが、登山道は「法然上人二十五霊場」のミニ霊場と思われる参拝道となっており、道沿いには城の井戸らしきもの(写真)や堀切が残っています。

桜を撮るなら水面の「青」と山の「緑」を

桜の名所は各地に沢山ありますが、川や池、湖等の「青」と、遠景の山並みの「緑」のコントラストがよく映えます。写真撮影のポイントを探すのもまた楽しいもの。
みなさんも是非、「青」と「緑」のフレーム内配置等を考えながら、「俯瞰ポイント探し」を「宝探し」気分で楽しんで下さい。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/04/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ