京都「宝厳院」秋の夜間特別拝観で真紅の紅葉ライトアップを味わおう

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

京都「宝厳院」秋の夜間特別拝観で真紅の紅葉ライトアップを味わおう

京都「宝厳院」秋の夜間特別拝観で真紅の紅葉ライトアップを味わおう

更新日:2017/11/10 19:26

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

紅葉の名所が多い京都でもとくに名所がひしめく嵐山。晩秋ともなると紅葉をライトアップ、夜間特別拝観をする寺院は多々ありますが、中でもオススメは世界遺産天龍寺の塔頭寺院の一つ「宝厳院(ほうごんいん)」です。「獅子吼の庭(ししくのにわ)」と呼ばれる庭園では、燃えるような紅葉が闇の中見事に照らし出されます。

真紅に燃える紅葉!「宝厳院・獅子吼の庭」

真紅に燃える紅葉!「宝厳院・獅子吼の庭」

写真:bow

地図を見る

京都嵐山にあるユネスコ世界文化遺産「天龍寺」。その塔頭寺院のひとつである「宝厳院(ほうごんいん)」は通常非公開の寺院。この宝厳院には「獅子吼(ししく)の庭」と呼ばれる、嵐山を借景とした回遊式庭園があります。この庭園の紅葉が、本当に真紅に染まる紅葉として名高いのです。最近では毎年のようにメディアに取り上げられているので、ご存じの方も増えてきたかもしれません。

秋にはその紅葉に覆われた庭園を楽しむため、期間限定で特別拝観を行っています。そして、その特別拝観期間の中から紅葉の見頃を狙ったライトアップの夜間特別拝観が例年行われているのです。

昼間とまったく違う表情の紅葉を楽しむ

昼間とまったく違う表情の紅葉を楽しむ

写真:bow

地図を見る

嵐山を借景とした回遊式庭園の宝厳院・獅子吼の庭は江戸時代に出版された京の名所案内記である「都林泉名勝図会」に紹介された程の名園。美しい緑の苔と燃えるような赤のコントラストが非常に素晴らしく、広くその名が知られるようになりました。

ちなみにこの庭園の名前にもある獅子吼(ししく)とは、「釈迦の説法」との意味が。獅子が吼えて百獣を恐れさせる威力にたとえた意味なのだそう。それほど見る者の心を奪うような庭園美。ライトアップされた夜間拝観では昼間とまったく異なる表情を楽しむことができるのです!

宝厳院・人気の秘密は?

宝厳院・人気の秘密は?

写真:bow

地図を見る

京都の嵐山・嵯峨野といえば常寂光寺、二尊院、祇王寺など名だたる紅葉の名所がひしめいています。しかしこの宝厳院の人気はピカイチ。当然紅葉の見事さはさることながら、渡月橋から徒歩5分もかからないというアクセスの良さも手伝って拝観客は毎年増加傾向です。

そして全域がフォトジェニックというポイントも人気の秘訣。参道から庭園内に至るまで、ついついシャッターを押したくなるような場面の連続なのです!紅葉だけでなく、庭園も見事ですのでぜひ見落とさないようにご覧ください。

宝厳院を訪れるベストの時期は!?

宝厳院を訪れるベストの時期は!?

写真:bow

地図を見る

例年、京都の紅葉の見頃は11月下旬頃。恐らくどの旅行雑誌や情報サイトを見てもほぼ11月20日頃の表記が多くなっています。それに合わせてちょうど3連休の頃が一番観光客が増えますが、実際のところ見頃はもう少し後になる年が多め。

気温が高めの年であれば12月になってからの方が綺麗・・・などということも珍しくなく、実際のところ12月の1週目ならまだまだ紅葉を楽しむことが可能!しかし12月に入った途端に観光客は激減しますので、ゆとりをもって紅葉を楽しめます。昼間の拝観、ライトアップを問わず狙うなら12月上旬がベスト!

宝厳院ライトアップを訪れるベストの時間は?

宝厳院ライトアップを訪れるベストの時間は?

写真:bow

地図を見る

宝厳院は多くのメディアで度々取り上げられていて、年々知名度が上がり今や嵐山の人気スポットのひとつ。拝観に訪れる観光客は想像よりかなり多いので訪れるタイミングは要注意。夜間拝観は17:30から始まりますが、とく早い時間帯は団体客などの観光客が集中しますのでご注意!

拝観時間は20:30までとかなり長めなので時間に余裕のある方は遅い目に行かれた方がベター。個人の観光客もかなり多く、週末や時間帯によってはじっくりと見るのが困難な日などもあります。逆に言えば、それくらい見事だということ。ぜひ綿密な作戦を立てておでかけを。

「宝厳院・獅子吼の庭」ライトアップ特別拝観のまとめ

京都の紅葉ライトアップでも随一の見応えの宝厳院。その幻想的な空間は一度体験したら誰かに知らせたくなること間違いなし!京都人が自信を持ってオススメする紅葉ライトアップ、ぜひご覧ください!


■2017年 宝厳院「獅子吼の庭」秋の特別拝観
期間 2017年10月7日〜12月10日
拝観時間 9:00〜17:00(16:45で受付終了) 
拝観料 大人500円
宝厳院本堂も同時特別公開、拝観料は別途500円必要です。


■2017年 宝厳院「獅子吼の庭」秋の夜間特別拝観(ライトアップ)
期間 2017年11月10日〜12月3日
拝観時間 17:30〜20:30(20:15で受付終了)
拝観料 大人600円
宝厳院本堂も同時特別公開、拝観料は別途500円必要です。

<基本情報>
住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36
電話番号:075-861-0091
アクセス:嵐電「嵐山」駅下車徒歩約5分、JR「嵯峨嵐山」駅下車徒歩約15分

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/11/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ