ビール発祥地で旨み“体感”!「キリンビール横浜工場」見学ツアー

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ビール発祥地で旨み“体感”!「キリンビール横浜工場」見学ツアー

ビール発祥地で旨み“体感”!「キリンビール横浜工場」見学ツアー

更新日:2017/04/14 13:14

有馬 亜來のプロフィール写真 有馬 亜來 美酒美食巡礼者、ほろ酔い旅カメライター

人気でどこも予約必至のビール工場見学ツアー。その一押しが、日本ビールの発祥さらに世界唯一の一番搾り製法で有名なキリンビールです。しかもその発祥の地、横浜工場の工場見学ツアーは、とことん旨み“体感型”。原料が旨い、一番搾り麦汁が旨い、そして工場の生ビールは旨い!!!の三度の旨みを、無料で体感できます。

リピート率高し!交通至便、充実施設。

リピート率高し!交通至便、充実施設。

写真:有馬 亜來

地図を見る

キリンビール横浜工場は、京浜急行線 生麦駅から徒歩10分、国道15号(第一京浜)沿いにあり、最寄り駅から工場までフラットアクセスで、ご家族連れでも安心。敷地内は、立入禁止の多い工場ではなく、むしろ公園のように季節を楽しむ樹々やビオトープなどで造成された公園のよう。国道の喧騒もここにはありません。

敷地の奥に専用桟橋があり、時期により海からのアプローチで工場見学ツアーも行われます。また、工場直送のビールと共に食事ができるレストランやブルワリーが併設されており、工場見学せずとも重宝この上ない充実施設。

工場見学ツアーは、電話やインターネットサイト(下部リンク)からの事前予約を。

リピート率高し!交通至便、充実施設。

写真:有馬 亜來

地図を見る

工場見学ツアー入口のエントランスのギャラリー。ビールに関する「なるほど」をクイズ形式で手で触れて子供から大人まで楽しく学ぶことができる仕組みになっています。

お得な情報としておススメするのは、奥のタッチパネル画面で自分の好みのビール構想を練ることできる「Myビールコーナー」。ここで構想を練った自分のビールが、横の大スクリーンで紹介されます(商品化はされません)。そしてこの楽しみの後も重要、その結果のプリントアウトをお忘れなく。これは、施設内レストランの10%割引チケットに!食事利用だけでも人気の実力派レストランは、ランチにもディナーにも最適です。

リピート率高し!交通至便、充実施設。

写真:有馬 亜來

地図を見る

敷地内の食事処、ジンギスカンやバーベキューなどが楽しめる「レストラン ビアポート」でワイワイするのも楽しいのですが、ここでは「SVB YOKOHAMA(スプリングバレーブルワリーヨコハマ)」で、横浜工場ならではのクラフトビールとオリジナルメニューを楽しむのが、ここに来た充実感と特別感をより味わう方法です。SVBも人気店なので事前予約が安心。

高天井にレンガ造り、クラシカル&スタイリッシュで落ち着く店内は、仕事帰りの少々気軽な接待にも十分使える上質感。お店一押しのメニュー「6種のビールそれぞれに合わせたおつまみが楽しめるペアリングセット」はマストです!繊細で独自のおつまみと、3口サイズの6種の個性派ビールで初体験のフードペアリングを楽しみましょう。創作ビールにも非常に力を入れているため、店長やスタッフの熱い語りに思わず2杯、3杯と試し、ついつい長居してしまいそう。

工場見学 - 原料と仕込みを“体感”

工場見学 - 原料と仕込みを“体感”

写真:有馬 亜來

地図を見る

工場見学ツアーは、様々なコンセプトで行われていますが、通年のスタンダード「一番搾り うまさの秘密体感ツアー」をご紹介します。一番搾り生ビールのこだわりの製造工程と試飲タイムを合わせて約80分。

横浜にビールが伝来、発祥の歴史、醸造科の職人的哲学をスクリーンで紹介された後、原料を説明するブースから見学はスタート。工場を上下に移動しますが、エスカレーター(エレベーター有)の移動なので、歩行不自由な方も安心です。まずは、ビールの原料を実際に触れ、香りや味を試すコーナーへ。

工場見学 - 原料と仕込みを“体感”

写真:有馬 亜來

地図を見る

ビールの清涼感ある苦みと香りの元になるホップ。手で揉む香りの体験では、指に付く若草のような、ハーブのような香りが鼻孔の遠くでビールの香りと感じられます。

そしてビールの色と甘みやコクなどの味わいの元になる麦芽は、焙煎したものを食べて旨みを体感。あちこちから甘い!香ばしいと声が上がります。

工場見学 - 原料と仕込みを“体感”

写真:有馬 亜來

地図を見る

仕込み釜エリアは、ほのかに甘い麦芽の香りが充満しています。様々な仕込み釜の役割や工程は、説明だけでも大体を知ることができますが、ここではなんと迫力のプロジェクションマッピングで、仕込み各工程の釜の中の状態を解説。

釜の中の温度感や香り立つ感じもこの効果的な説明方法でより“体感”できるので、気付けば子供も大人もガラスに張り付いて釘付けに。お子様も始終楽しませる演出に心が通っているのも、ご家族には嬉しい構成です。

工場見学 - 麦汁と発酵工程を“体感”

工場見学 - 麦汁と発酵工程を“体感”

写真:有馬 亜來

地図を見る

キリンビールのプライド、一番搾り製法についての説明コーナーに移動し、次の“体感”。「百聞は一飲に如かず」ということで、一番搾りと二番搾り麦汁の味を飲み比べます。既に色からも理解できますが、その香り、甘み、コクの違いに納得、そして限られた部分を使用した贅沢なビールであることを実感。

これはアルコールではないので、お子様たちも飲み比べることができます。麦汁は栄養成分も高く、これも嬉しい試飲。

工場見学 - 麦汁と発酵工程を“体感”

写真:有馬 亜來

地図を見る

発酵工程の酵母の働きを知るコーナーは、テーブル型のスクリーンを見学者が囲みます。三角の形に手をかざすとテーブルに麦汁の水滴が落ち、デンプンが糖化していく過程を可愛いキャラクターの動きで体感できる楽しい仕掛けに、大人も子供も夢中!

発酵、熟成、濾過の工程を経て、透明感のある琥珀色のビールが出来上がっていきます。

これぞ工場感!驚きのパッキングエリア

これぞ工場感!驚きのパッキングエリア

写真:有馬 亜來

地図を見る

またしてもガラス釘付け必至は、超高速ボトリング&パッキングの実際のラインです。空気の力で浮きながらラインを流れるビール缶、ピラーと呼ばれる回転盤、1分間2000本を印字する驚異のスピード。ガラス越しの機械の動きに声が上がります。

ここでの事前注意として、ラインは24時間稼働しているのでどこかでメンテナンスタイムがあります。ここにかかると、ラインが全てメンテナンス状態になっており一切動いていない場合はあります。動いている所を観たい場合には、事前に電話でメンテナンス時間を確認されることをおススメします。

一番搾りを味わい尽くす試飲タイム

一番搾りを味わい尽くす試飲タイム

写真:有馬 亜來

地図を見る

工場見学を終えると試飲タイムです。敷地の樹々や芝生に視界が開ける開放感たっぷりのホールへ。ビールサーバーが並ぶカウンターで各自好みのビールを頼み席につくと、おつまみが配られます。

グループ全員が着席した頃、「乾杯!」の音頭で気分のボルテージは最高潮に。ビールを愉しむ間に、ビールの説明や缶ビールを美味しく飲む秘訣「三度注ぎ」の実演があります。

やはり工場見学に一度行くと、何度もリピートしたくなる、あちこち巡りたくなるのはこの瞬間の感動です。市場に出回る前の先行試飲や、通常の生ビールも市販品や飲食店での直送品よりさらにフレッシュな美味しさを五感で感じられるからなのです。

試飲商品:おひとり様3杯まで(一番搾り生ビール、スタウト、期間限定ビール、パーフェクトフリー、ソフトドリンク)

一番搾りを味わい尽くす試飲タイム

写真:有馬 亜來

地図を見る

試飲タイムには、心に置きたいポイントがあります。自分でビールを頼み着席するパターンの試飲タイム。ツアー人数が多いと最後に受け取った方が着席される頃には、最初の方の泡は消えていきます。

あまりにも時間差が出る場合、気を利かせてガイドから声が掛かる場合もありますが、そうでない場合…乾杯を待たずにまずは美味しい一口二口、召し上がることをおすすめします。

なぜなら、ここは究極の美味しいを体験するツアー。乾杯前にグラスの水位が減っていたからとて誰も文句は無いでしょう。その代わり乾杯時は、グラスが繋いだご縁を感じながら、グラスを掲げれば宜しいはず。

そして、シーズナルビールや他の提供ビールと飲み比べできるのもこの試飲タイムの良いところですが、これもガイドの頃合いや間を見ながら、1杯目を飲み終わる前にそれぞれをオーダーして持って来るようにすれば、20分の時間内にバタバタすることなくゆったりとクールに飲み比べることができます。

ビール工場見学の醍醐味と、感嘆の一杯のために、あくまでマナーを守れるゆとりを確保して。

「キリンビール横浜工場」では、一番搾りをとことん“体感”し尽せ!

キリンビールの誉れ、一番搾り。世界唯一のこの製法をベースに47都道府県それぞれのご当地ビールを味わえるのも、楽しい展開。中でも日本のビールが発祥した横浜の地を聖地として、スターターとして見学する感慨深さ、特別感は、一番搾りファンだけのものではないと感じられます。

充実した見学ツアーと、ツアー無くともここならではの時間を過ごしたい施設「キリンビール横浜工場」でとことん美味しい一番搾りを。美味しい体験の後は気分も足元も軽くなりますが、帰路に横断する国道、くれぐれもお足元お気を付けて。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/17−2017/03/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ