名物みかん寿司も!インターコンチネンタル 東京ベイで愛媛を食べつくす!!

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

名物みかん寿司も!インターコンチネンタル 東京ベイで愛媛を食べつくす!!

名物みかん寿司も!インターコンチネンタル 東京ベイで愛媛を食べつくす!!

更新日:2017/03/31 13:36

菊原 朝香のプロフィール写真 菊原 朝香 モデル、美肌温泉家、食べ歩きトラベラー、歴女

2017/3/1から5/8までホテル インターコンチネンタル 東京ベイでは、各レストランにて「日本を味わおう第7弾 瀬戸内−愛媛プロモーション」を開催しています。グルメジャーナリスト東龍氏とシェフズ ライブ キッチンの佃勇料理長両名によるもので、海・山・里の恵みによって生み出された愛媛と瀬戸内の食材を惜しみなく使ったオリジナル料理を、ファーストディッシュからデザートまで豊富に提供しています。

まずは愛媛県のブランド鯛「愛鯛」とみかんを使ったスープから

まずは愛媛県のブランド鯛「愛鯛」とみかんを使ったスープから

写真:菊原 朝香

地図を見る

3Fのブッフェスタイルレストラン「シェフズ ライブ キッチン」では、定番メニューとともに、約20種類ほど愛媛・瀬戸内の食材を使った料理が用意されています。まずはファーストディッシュのパイ包みスープ「愛媛県産 愛鯛と赤かぶのみかん風味スープ」からスタート。

さっくさくのパイをスプーンで破ると、ほわーっといい香りの湯気が立ち上り、食欲がそそられます。

まずは愛媛県のブランド鯛「愛鯛」とみかんを使ったスープから

写真:菊原 朝香

地図を見る

前菜には全5皿のうち3皿が「瀬戸内−愛媛」メニュー。愛媛県今治地方の郷土料理「今治名物”いぎす豆腐”」、シンプルに素材をドレッシングでマリネした桜がかわいい「海老とカブの桜マリネ」、愛媛県宇和島の郷土料理「宇和島名物”丸ずし”」はどれもヘルシーで春らしさを感じられます。

まずは愛媛県のブランド鯛「愛鯛」とみかんを使ったスープから

写真:菊原 朝香

地図を見る

サラダも全5皿中3皿が「瀬戸内‐愛媛」メニュー。旬の初カツオがたっぷりの和風サラダ「初カツオとわかめのさっぱりおろしサラダ」、愛媛県特産のじゃこ天を使った「桜海老とじゃこ天の春野菜サラダ」、目に鮮やかな4色の食材で覆うように盛り付けるところから名付けられたと伝わる愛媛県宇和島の郷土料理「宇和島名物”ふくめん”サラダ仕立て」。どれも美しい彩りで、心が浮き立つようなメニューです。メインの料理へ、さらに食欲がすすむ味付けになっています。

愛媛の海と里の恵みを食べ尽くそう

愛媛の海と里の恵みを食べ尽くそう

写真:菊原 朝香

地図を見る

温製料理はローストビーフなどの定番料理と並んで、4皿が「瀬戸内−愛媛」メニューとなっています。ディナーブッフェには天ぷらにも愛媛県産太刀魚が使われてますよ。

愛媛の海と里の恵みを食べ尽くそう

写真:菊原 朝香

地図を見る

肉料理は3皿。「桜チップで軽く燻製にしたポークソテー 春野菜とオレンジのソース」は愛媛のでこぽんを使ったオレンジソースが特徴的。じっくりと火を通したポークを桜チップで燻製しているのですが、オレンジソースの甘さがとても合います。

「オレンジでマリネした牛ハラミのグリル」はオレンジでマリネした牛ハラミを網で焼いて、マスタードのきいたソースを添えたもの。オレンジとマスタードの意外な相性に驚きです。

最後は北海道のザンギの由来になったともいわれる「せんざんぎ」。愛媛県今治の郷土料理で、いわゆる鶏肉の唐揚げ。ジューシーな鶏肉をカラッと香ばしく揚げています。

愛媛の海と里の恵みを食べ尽くそう

写真:菊原 朝香

地図を見る

魚料理は2皿。「愛鯛のかぶら蒸し レモン香る和風ソース」はふわっとした食感と今治レモンのさわやかさに春を感じます。愛媛県産の太刀魚をソテーした「太刀魚のソテー シャンパンバターソース」はソースのバター風味の濃厚さが太刀魚の旨味を引き出していて筆者もお気に入りの1皿。

愛媛のご当地グルメはごはんにまでみかん

愛媛のご当地グルメはごはんにまでみかん

写真:菊原 朝香

地図を見る

ご飯や麺類はランチとディナーでメニューが多少異なります。愛媛県のご当地グルメ、みかんジュースで炊いた米をシャリにした「みかん寿司」と瀬戸内海沿岸の郷土料理「鯛そうめん(温製)」はランチのみ。

愛媛のご当地グルメはごはんにまでみかん

写真:菊原 朝香

地図を見る

そして宇和島の郷土料理「宇和島名物"鯛めし"」と数量限定で提供されるアラカルト「鯛そうめん」と「太刀巻ちりめん丼」はディナーでのみ食べられるようになっています。

あれ?「鯛そうめん」ってランチにもなかった?と思いませんでしたか?その通り。ランチとディナーでは少し違うんです。ランチではお椀での提供、ディナーでは愛鯛を尾頭付きの一匹丸ごと豪快に使った贅沢なメニューになっています。お祝いなど晴れの席でオススメのメニューですよ。

愛媛のご当地グルメはごはんにまでみかん

写真:菊原 朝香

地図を見る

デザートは9皿のうち1皿、「苺と清見オレンジのタルト」が愛媛メニュー。苺の甘酸っぱさと清見オレンジのコクのある甘味が味に奥行きを出しています。またデザートブッフェはこれらに5皿加わり、瀬戸内レモンを使った「瀬戸内レモンケーキ」「瀬戸内レモンのマドレーヌ」の2皿が瀬戸内メニューになります。

さらに「シェフズ ライブ キッチン」では、このイベントに合わせて愛媛の地酒や地ビール、愛媛の柑橘を使ったサワーなどのドリンクも豊富に用意しています。この機会に愛媛のお酒に親しんでみるのもいいですよね。

他のレストランでは何が食べられるの?

他のレストランでは何が食べられるの?

写真:菊原 朝香

地図を見る

1Fの「ファインダイニング ラ・プロヴァンス」では、各コースの前菜として「パレット・アート・オードブル〜瀬戸内のおいしいもの〜」を。人間が感じることのできる味7種類(塩味・酸味・甘味・苦味・えぐ味・旨味・滋味)をテーマにした料理7品が一皿に盛られています。添えられている塩は愛媛県産新宮茶の抹茶塩とレモンソルト。

他のレストランでは何が食べられるの?

写真:菊原 朝香

地図を見る

1F「鉄板焼 匠」では、料理長特選「瀬戸内」ランチ&ディナーコースを。全7皿のうち前菜・サラダ・蒸し物の3皿が愛媛や瀬戸内食材を使ったメニューになっています。

他のレストランでは何が食べられるの?

写真:菊原 朝香

地図を見る

6Fの「レインボーブリッジビューダイニング&シャンパンバー マンハッタン」では、各コースの前菜もしくはアラカルトで愛媛産サワラを使った「カラフル・アート・テリーヌ」、そして魚料理に愛鯛を使ったメニューを食べることができます。

愛媛県は食の宝庫だった!

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイの「日本を味わおう 第7弾 瀬戸内‐愛媛プロモーション」、いかがでしたか?愛媛にはどんな食材があるのか、どんな郷土料理があるのか。そんなことを知ることもできちゃうのもこのイベントの魅力。「シェフズ ライブ キッチン」佃調理長は様々な受賞歴を持ち、テレビ東京系「ソロモン流」でもホテルブッフェの賢人と認められ特集されました。そんな佃料理長が直に愛媛で食材を吟味して作り上げたメニューです。ぜひ愛媛を味わいに行ってみてくださいね。予約は各レストランへお電話を。シェフズ ライブ キッチンは公式サイトからも予約できますよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ