うどんじゃない香川!「東かがわ」和三盆とレトロな街並みタイムスリップ

| 香川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

うどんじゃない香川!「東かがわ」和三盆とレトロな街並みタイムスリップ

うどんじゃない香川!「東かがわ」和三盆とレトロな街並みタイムスリップ

更新日:2017/04/23 15:20

せと らいたのプロフィール写真 せと らいた 四国アンバサダー、よさこいスペシャリスト、現役パン屋のグルメライター

四国の東の玄関口、鳴門。その鳴門から高松方面へ高速でおよそ20分程走った引田インター。ここは人知れず静かに歴史を刻んできた「東かがわ」エリアなのです。
四万十・道後・うどん巡りだけでなく、高速道路をちょっと途中下車して伝統の「和三盆」やレトロな街並みに触れる讃岐路を旅してみませんか?

老舗「三谷製糖」でいただく極上和三盆のお接待!

老舗「三谷製糖」でいただく極上和三盆のお接待!

写真:せと らいた

地図を見る

四国のお土産は、定番のうどんですか?それともカツオのたたきですか?

今度の四国旅では、センスがきらりと光る和三盆をお土産にしてみませんか?東かがわ市にある老舗「三谷製糖」は、海風を受けてなびく暖簾がとても風流。小さな佇まいながらも手入れの行き届いた敷地は、入店時から老舗の風格を感じます。建物自体が登録有形文化財に登録されており、女将さん自ら手がける店内の活花も見どころの一つです。

老舗「三谷製糖」でいただく極上和三盆のお接待!

写真:せと らいた

地図を見る

入店後、人数分のお茶と一緒に和三盆の落雁が美しく盛りつけられて振舞われます。お抹茶の落雁は、そのままキャンディーのように口に放り込んでみましょう。サラサラとした口どけとともに、上品な抹茶の風味とやさしい和三盆の甘さが楽しめ、お茶との相性が抜群です。

お接待を満喫した後、いただいたお菓子は店内にある売店で購入することができます。桜や紅葉、こいのぼりや鏡餅と季節の風物詩をかたどった讃岐古来の高級和菓子。お土産を受け取った方にも季節感を味わってもらえそうですね。

讃岐のソルトレイク「安戸池」で名物ハマチグルメ!!

讃岐のソルトレイク「安戸池」で名物ハマチグルメ!!

写真:せと らいた

地図を見る

意外に知られていない東かがわの名物がハマチ。東かがわにあるこの安土池は、日本で最初にハマチの養殖を行った海水池です。ほとりに建つ食堂「ワーサン亭」は、安くて美味しいハマチ料理やその他海産物がいただけるとあって、地元民でいつもにぎわっています。大きな窓からは、解放感たっぷりの安戸池ビュー。お子様連れにもうれしいゆったりサイズのボックス席もあります。

讃岐のソルトレイク「安戸池」で名物ハマチグルメ!!

写真:せと らいた

地図を見る

ハマチ刺身定食、そしてハマチ丼定食はどちらも700円、また珍しいハマチカツ定食は大きなハマチカツが2枚もついて600円(単品はなんと500円)!その他、一般的な食堂らしくカレーやうどんのメニューも豊富です。うどん県ならではの食券制のセルフサービス形式ですが、この安さとうまさには納得せざるを得ないでしょう。

昭和レトロな郵便局「カフェ・ヌーベルポスト」で優雅にひと息

昭和レトロな郵便局「カフェ・ヌーベルポスト」で優雅にひと息

写真:せと らいた

地図を見る

東かがわの中でもここ引田(ひけた)地区は、醤油蔵や旧家が昔の面影をそのままに残す町並み散策が楽しめます。

老舗のかめびし屋では多種多様な醤油製品をテイスティングできたり、手袋産業で国内のトップシェアを誇る同地区ならではの手袋工場見学や手袋製品のお買い物、また和三盆糖の片抜きができる体験施設があったりと、小さな街並みの中にたくさんの観光要素もぎっしりです。

昭和レトロな郵便局「カフェ・ヌーベルポスト」で優雅にひと息

写真:せと らいた

地図を見る

そんな街並み散策の途中でひときわ目を引くレトロな建物がここ「カフェ・ヌーベルポスト」。レンガ造りの重厚な外観・八角形の窓から降り注ぐ外光、昔のままの電話ボックス、そして店主が集めたアンティーク雑貨。古きよき昭和の時代にタイムスリップしたかのようなこのカフェは、昭和7年から52年まで実際に稼働していた郵便局。建物自体が国の登録有形文化財に登録されています。

昭和レトロな郵便局「カフェ・ヌーベルポスト」で優雅にひと息

写真:せと らいた

地図を見る

レトロな空間に包まれ、静かに漂う音楽とお気に入りのドリンクで一味違う讃岐旅を演出してみてはいかがでしょうか?

東かがわ途中下車旅のまとめ

高松から鳴門へ抜けるこの高速道路はトンネルのある緩やかな上り坂、しかも片側一車線といった渋滞頻発エリアだったりします。地元民はためらわず高速を降り、高速道路と並行に走る国道11号線を走ります。

今回の記事でご紹介したエリアはこの11号線沿線がほとんどです。心と時間に余裕があるときは、「東かがわ」という四国の思い出をもう1ページ増やしてみませんか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ