マルタ共和国「イムディーナ」古都の雅を今に伝える城壁の町

| マルタ共和国

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

マルタ共和国「イムディーナ」古都の雅を今に伝える城壁の町

マルタ共和国「イムディーナ」古都の雅を今に伝える城壁の町

更新日:2017/07/03 17:43

Lady Masalaのプロフィール写真 Lady Masala 学芸員資格

アラビア語で「城壁の町」を意味する「イムディーナ」は、マルタ本島のほぼ中央、小高い丘の上にあります。「ヴァレッタ」が築かれる以前は、首都が置かれていたという古都。
静かで落ち着いた雰囲気のこの町には、青空に映える、はちみつ色のマルタ・ストーンの家々が立ち並び、中世の面影を今に受け継いでいます。
歩くだけでも楽しい迷路のような「イムディーナ」。気の趣くままにゆっくりと散策してみましょう。

古都にふさわしい堂々たる門構え「メイン・ゲート」

古都にふさわしい堂々たる門構え「メイン・ゲート」

写真:Lady Masala

城壁に囲まれた古都「Mdina(イムディーナ)」へと通じる門は、全部で3か所あります。そのなかでも、ひときわ美しいのは「Main Gate(メイン・ゲート)」。

この門は、1724年に当時の騎士団長マノエル・ド・ヴェレーナによって建設されました。門の左右にはヴェレーナ家の紋章であるライオンの像が置かれ、内側にはマルタの守護聖人である聖パウロ、聖パプリウスそして聖アガタが彫られています。

淡い色のマルタ・ストーンでつくられた橋を渡り、堂々とした門をくぐってみましょう。その先には、中世へとタイムトリップしたかのような美しい町並みが広がります。イムディーナ名物の馬車が通りかかれば、気分はいっそう盛り上がるでしょう。

マルタ共和国最古の教会「聖パウロ大聖堂」

マルタ共和国最古の教会「聖パウロ大聖堂」

写真:Lady Masala

イムディーナの中心にあり、その大きさと存在感で見る者を圧倒するのは、マルタ共和国で最初に建てられたという「聖パウロ大聖堂(The Cathedral)」。

4世紀頃キリスト教に改宗し、司祭となった聖パブリウスの家の跡地に建てられた小さな聖堂が原型であったといわれています。現在の建物は、大地震で倒壊後、18世紀初頭に再建されたものです。

日本語では「聖パウロ大聖堂」とよばれているこの建物、英語では単に「The Cathedral(大聖堂)」と表記されます。これは、イムディーナにあるものこそが、マルタ共和国を代表する「大聖堂」であるということを示しているのです。首都ヴァレッタにある「聖ヨハネ大聖堂」よりも規模こそは小さいものの、格式の高さは勝るとも劣りません。

マルタ共和国最古の教会「聖パウロ大聖堂」

写真:Lady Masala

大聖堂内に足を踏み入れると、その質素な外観とは趣を異にする豪華な内装に驚かされるでしょう。天井を見上げると、さまざまな物語が描かれたフレスコ画を見ることができます。なかでも、ひときわ目を引くのは「聖パウロの難破」。その繊細で美しい色づかいを心ゆくまで鑑賞してください。

祭壇を照らすように天井を彩るクーポラは、20世紀に入ってから完成したという比較的新しいものです。そこから差し込む一筋の光が、大聖堂と天上にある神の国とをつないでいるかのようです。

マルタ共和国最古の教会「聖パウロ大聖堂」

写真:Lady Masala

上ばかりではなく、床にも目を向けてみてください。そこには、畳一畳よりやや小さいくらいの美しい大理石が連なっています。これらは騎士や貴族、聖職者たちの墓標。その下に眠る故人に相応しい個性あふれる模様が描かれています。

そうと知ると、踏むのをためらってしまいそうですが、西洋ではお墓を跨ぐことはご法度ではありません。どうぞ、安心して歩いてください。

マルタ共和国の美しい風景を一望できる「バスティオン広場」

マルタ共和国の美しい風景を一望できる「バスティオン広場」

写真:Lady Masala

小高い丘の上にあるイムディーナの町。「バスティオン広場(Bastion Square)」の展望台からは、マルタ共和国の美しい風景を一望することができます。天気が良ければ、遠くは地中海まで見渡すことができるのだとか。

広場には、土産物を売るおしゃれなショップやカフェもあります。少しの間足を休め、眼下に広がる美しい眺望をお楽しみください。

思わず息をのむ「路地裏」の風景

思わず息をのむ「路地裏」の風景

写真:Lady Masala

かつては、貴族をはじめとする多くの人々が住む都であったイムディーナ。ヴァレッタに遷都した後は、人口が減少し「静寂の町」との異名を持つようになりました。現在でも、人口数百人の閑散とした集落。歩いていると、自分の足音だけが響いてくるほど静かな場所です。

そんなイムディーナを魅力的にしている要素のひとつに「路地」があります。素敵だと思える通りを見つけたなら、ぜひとも中を通り、散策してみてください。

思わず息をのむ「路地裏」の風景

写真:Lady Masala

表札代わりのマリア様のレリーフ、レンガの隙間に巣をつくるスズメたち、はちみつ色に輝くマルタ・ストーンに映える緑色の出窓、そして、それを彩る季節の花々。

思わずカメラを構えたくなるような風景がそこら中に広がっています。その美しい光景を見るだけで、マルタ共和国に来た甲斐があったというものです。

中世にタイムスリップしたような古都「イムディーナ」

中世の面影を今に伝える古都「イムディーナ」。マルタ・ストーンでつくられた歴史を刻む風格ある建造物と、迷路のような路地がつづく美しい町。
ロマンチックで趣のある「イムディーナ」を、ぜひとも訪れてみてください。

※関連MEMOには「マルタ共和国」で訪れることのできる施設を紹介した記事を掲載しています。よろしければ、そちらもご覧ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/20−2017/03/23 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ