スパリゾート雄琴「あがりゃんせ」は琵琶湖の絶景が広がる関西最大級の温泉テーマパーク

| 滋賀県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

スパリゾート雄琴「あがりゃんせ」は琵琶湖の絶景が広がる関西最大級の温泉テーマパーク

スパリゾート雄琴「あがりゃんせ」は琵琶湖の絶景が広がる関西最大級の温泉テーマパーク

更新日:2017/04/25 12:56

宮腰 由希子のプロフィール写真 宮腰 由希子 国際関係スペシャリスト、ロシア語通訳翻訳

大津市の雄琴温泉にあるスパリゾート雄琴「あがりゃんせ」は、京滋最大級の岩盤浴もある関西最大級の温泉テーマパークだ。滋賀県ならではの信楽焼を使った風呂や岩盤浴もあり、琵琶湖を眺望できるスパやリクライナーコーナーやビュッフェなど、滋賀の魅力を堪能できて、一日中いても飽きない施設だ。

琵琶湖に臨む雄琴温泉にある関西最大級のスパリゾート

琵琶湖に臨む雄琴温泉にある関西最大級のスパリゾート

写真:宮腰 由希子

地図を見る

JRおごと温泉駅まではJR京都駅から電車で20分、大津観光の目玉である比叡山延暦寺の最寄り駅、JR比叡山坂本駅からはたったの1駅。駅から温泉街までは約徒歩20分あるが、たいていの温泉旅館は無料送迎バスがあり、スパリゾート雄琴「あがりゃんせ」の送迎バスは、JRおごと温泉駅からは朝9時台から夜10時台まで、JR比叡山坂本駅からは午後1時台から午後5時台まで運行している。時刻表はHPで確認しよう。年中無休で営業時間が朝10時から深夜1時までやっているので、観光客はもちろんのこと、仕事帰りの人でも行けるスパだ。

琵琶湖に臨む雄琴温泉にある関西最大級のスパリゾート

写真:宮腰 由希子

地図を見る

「あがりゃんせ」は琵琶湖畔にある関西最大級のスパリゾートで、種類の豊富な温泉や岩盤浴、レストランや娯楽施設などがあり、一日中いても飽きない施設だ。時間制限なしで岩盤浴に入り放題なので、岩盤浴好きな人には特にお得感のある値段だが、滋賀県内のフリーペーパーやインターネットでは入館料の割引クーポンが入手しやすいので、ぜひ活用してさらにお得に利用しよう。

キーコイン式を採用しているので、入館料を払ったら、館内では手首につけたロッカーのキー番号で買い物し、最後にカウンターでまとめて清算する。財布を持って歩く必要がなく、とても便利だ。

年齢や性別を超えて誰でも楽しめる温泉テーマパーク

年齢や性別を超えて誰でも楽しめる温泉テーマパーク

写真:宮腰 由希子

地図を見る

「あがりゃんせ」は弱アルカリ性の温泉で、男女別の大浴場には回遊風呂やパワー風呂、高温サウナなどがある。露天風呂にも寝ころび湯や美容や心臓疾患に効くという炭酸泉、信楽焼の壺で出来たつぼ湯など珍しいお風呂があり、お風呂をすべて楽しむだけでも2時間はかかる広さだ。その他に、館内と館外には足湯があり、特に館内の足湯には古い角質を取り除いてくれるお掃除フィッシュがいて人気だ。また、乳幼児連れでも楽しめるように、3歳児未満やおむつのとれていない子ども連れの人でも入れる男女別の大浴場「ファミリースパ」もある。

年齢や性別を超えて誰でも楽しめる温泉テーマパーク

写真:宮腰 由希子

地図を見る

岩盤浴は大浴場を出て階段の向こう側にあるワールドパフォーマンスキャッスルにある。ワールドパフォーマンスキャッスルには、スタンダードなストーンスパの他、信楽焼を練りこんだラジウムスタースカイスパや琵琶湖を眺めることができるレイクビュースパといった滋賀県ならではの岩盤浴が数種類ある。岩盤浴の合間に利用できるクイックフィットネスや酸素カプセルもあり、発汗促進やカロリー消費が期待できるが、大浴場のように無料の飲料水コーナーはないので、岩盤浴での飲み物はすべて有料になる。マンガや本もあるので、休憩コーナーで琵琶湖を眺めながら、ゆっくり過ごすことができる。

他の岩盤浴より温度の高いロウリュフィットネススパでは、フィンランド発祥のアロマサウナ「ロウリュ」を体験できるアトラクションタイムが一日に数回行われており、「あがりゃんせ」名物となっている。ノリノリの係員が大きなうちわでお客さん一人ひとりを仰いでくれて、アロマの香りいっぱいの熱風が全身を包み込む。このロウリュのアトラクションは大浴場にある高温サウナでも開催されている。その他、フィットネススパではホットストレッチも開催しているので参加してみよう。

年齢や性別を超えて誰でも楽しめる温泉テーマパーク

写真:宮腰 由希子

地図を見る

「あがりゃんせ」には、カットサロンやマッサージ、エステや韓国式あかすりなどのリラクゼーション施設が充実しており、温泉や岩盤浴の合間に利用できる。また、塩を全身に塗って美容効果を高める塩サウナは大浴場の女湯にのみ設置してあるので、女性はぜひ試してほしい。

お食事処はフレンチやイタリアン、焼き肉割烹など複数あり、売店では滋賀土産や温泉グッズも揃っている。琵琶湖を眺めながらくつろげるリクライナーコーナーや屋上展望台、読書コーナーやキッズルームなど、休憩できる場所が充実している。

リクライナーコーナーやレストランなどは、岩盤浴専用着では利用できないので館内着に着替えよう。2017年4月からは館内着を利用しない場合、入館料が割引されることになったので、レストランなどを利用する予定のない人は割引を受けよう。

「ことゆう」宿泊プラン

「ことゆう」宿泊プラン

写真:宮腰 由希子

地図を見る

絵画が多数展示されている回廊でつながっている天然源泉の宿「ことゆう」に宿泊すると、1泊2日につき1枚の「あがりゃんせ」1日無料券がついている。「ことゆう」の客室は比叡山などを眺められるマウンテンビューと琵琶湖を眺められるレイクビューの部屋を選択することができる。館内にも温泉や本格的な茶室、お食事処やマッサージコーナーなどがあるので、「あがりゃんせ」を利用しない日はホテル館内だけでも充実した滞在ができるだろう。また、ホテルの近くにはおごと温泉観光公園や雄琴港があり、徒歩で雄琴観光することが可能だ。

琵琶湖畔にある関西最大級のスパリゾート雄琴「あがりゃんせ」へ

琵琶湖を眺望できるスパリゾートである「あがりゃんせ」は、関西最大級の大きさと一日いても飽きないくらい充実した娯楽施設やサービスを誇っている。遠方からの観光客には「ことゆう」での宿泊プランもあり、京都駅からのアクセスも良いので、京都観光の宿としてもぜひオススメしたい。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ