オールド台湾へタイムトラベル!台北「建山大旅社」でレトロ可愛いホテル暮らし

| 台湾

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

オールド台湾へタイムトラベル!台北「建山大旅社」でレトロ可愛いホテル暮らし

オールド台湾へタイムトラベル!台北「建山大旅社」でレトロ可愛いホテル暮らし

更新日:2017/05/02 16:32

田中 六花のプロフィール写真 田中 六花 台湾的ライター

迪化街や夕日の美しい埠頭を擁するダァダオチェン地区。日本統治時代から台湾一の繁華街として栄え、時の流れとともにその姿は変わり続けてきました。
ダァダオチェンの盛衰に立ち会い、見守り続けてきた存在が、今も人々が行き交うホテル「建山大旅社」。古き良きを残しながらも快適さは失わないようリニューアルされた、フォトジェニックでコスパ満足度も高い「建山大旅社」をご紹介します!

寧夏夜市や迪化街近くの静かなホテル

寧夏夜市や迪化街近くの静かなホテル

写真:田中 六花

地図を見る

迪化街やダァダオチェン埠頭・寧夏夜市からほど近い「建山大旅社」。最寄り駅はMRT大橋頭駅で、1番出口から徒歩約10分です。スーツケースがあると少し遠く感じる距離なので、台北駅から移動する場合はタクシー移動がオススメ!100元前後で、あっという間に到着します。
静かな通りのアーケード部分に「建山大旅社」と書かれた紺の看板が掛かっています。赤い提灯も目印にしてくださいね。

寧夏夜市や迪化街近くの静かなホテル

写真:田中 六花

地図を見る

ホテルの入口は、木の扉。傘のついたライトやノスタルジックなポスターに迎えられながら、中へ入りましょう!

寧夏夜市や迪化街近くの静かなホテル

写真:田中 六花

地図を見る

入ってすぐに現れるのが、趣のあるフロントデスク。旅社のネオンライトや、さり気に置かれた小物に期待値も上がります。こちらでチェックインを済ませしょう。
デスクにホテルの名刺が置かれているので、必ずもらっておいて。タクシー移動時に見せれば、スムーズです。

必見!貴重なアンティーク品

必見!貴重なアンティーク品

写真:田中 六花

地図を見る

フロントの先に、宿泊者がくつろげるロビーがあります。そこはまるで、アンティークの展示場。思わず見入ってしまう、年代物の貴重な数々に出会えます。

歴史を刻み続ける時計・昔の電話交換台・年代物のテレビ・黒電話・古い食器棚・陶器・そろばん・自転車や壁に貼られたレコードなど、珍しいものばかり。当時のにぎやかで活気のある暮らしが垣間見えるような空間です。

必見!貴重なアンティーク品

写真:田中 六花

地図を見る

片隅に、一輪の大きな花のように佇む蓄音機。手洗い場の横で石けんとの並びも、ユニークなのになぜかしっくりきます。
こちらは現役で、素敵な音楽を今日も奏でています。流れてきたローリングストーンズのレコードは、CDとは違いその場を包むような音で新鮮な体験。動いていない場合は、スタッフに声を掛ければレコードを掛けてくれます。めったに聴くことのない蓄音機の音を楽しんでくださいね♪

必見!貴重なアンティーク品

写真:田中 六花

地図を見る

ロビーの壁に"老台北"と書かれた昔の地図があります。ホテルからすぐのダァダオチェン埠頭に流れる淡水河がはっきり分かります。きれいな夕日をお目当てに散歩がてら訪れ、地図と重ね合わせるように眺めてみましょう。今と昔をつなぎ合わせながら、タイムトリップを楽しんで!

居心地良く!過ごし方は自由自在

居心地良く!過ごし方は自由自在

写真:田中 六花

地図を見る

スタンダードダブルルーム。横長のこの部屋は、扉を挟んで寝室とくつろぎのスペースに分かれています。窓からの木漏れ日が心地良く、落ち着きのある空間。台湾の伝統的な花柄・客家花布のクッションもいいアクセントになっています。

居心地良く!過ごし方は自由自在

写真:田中 六花

地図を見る

反対側のくつろぎスペース。デスクにティーバッグが用意されているので、レトロなソファーに座ってほっこり台湾茶をいただきましょう!

居心地良く!過ごし方は自由自在

写真:田中 六花

地図を見る

シングルルーム。コンパクトながらも、快適さが上回る空間です。時には散策、時には読書など、暮らすように時間を過ごしたい一人旅に最適。

書斎付きの可愛い個室

書斎付きの可愛い個室

写真:田中 六花

地図を見る

シングルルーム。二段ベッドの下部分が、小さな書斎になった可愛くてユニークな部屋。デスクには懐かしい黒電話が置かれ、今もフロントとの連絡用としてしっかり働いています。このスペースでスーツケースを広げることが可能。
ベッドスペースには小さな書棚があり、古い台湾の本が置かれています。また目線の先にはテレビも。非日常の中の日常が楽しめる空間です。

書斎付きの可愛い個室

写真:田中 六花

地図を見る

小さな書斎の反対側には、ドレッサーと冷蔵庫、さらにポットとティーバッグ、ドライヤーにスリッパが用意されています。

書斎付きの可愛い個室

写真:田中 六花

地図を見る

奥にシャワーとトイレがあります。タオル類・シャンプー・ボディーシャンプー・歯ブラシ完備。明るくて清潔に保たれているので、心地良く使えます。

レトロ・モダン・フォトジェニック!

レトロ・モダン・フォトジェニック!

写真:田中 六花

地図を見る

「建山大旅社」ではフロアごとにテーマになる年代を設定し、それに合わせたインテリアを楽しみながら、時間の経過を感じられるようになっています。

2階は、1920年。日本統治時代、台湾の産業が次々と生まれ、台湾茶産業も最盛期を迎えました。当時の写真や烏龍茶のポスターなどから、台湾といえばお茶と言われるほどにまでなった歩みに思いをはせてみましょう。

レトロ・モダン・フォトジェニック!

写真:田中 六花

地図を見る

3階は、1940年。日本と台湾が融合しつつ欧米の影響も受け、さまざまなものを吸収し、新しい文化が誕生した時代です。日本語表記も見られる文芸書や化粧品の古いポスターからは、開化のうねりが伝わってきます。

それぞれをつなぐ階段もかっこ良く、思わずシャッターを切ってしまうほど。こちらもお見逃しなく!

レトロ・モダン・フォトジェニック!

写真:田中 六花

地図を見る

4階は、1960年。この街が最も華やかでモダンだった黄金時代です。当時の写真には、街を闊歩する若者や所狭しと建ち並ぶホテルや店が見えます。今もそのころの建物が多く残る迪化街と重ねてみると、再びタイムトラベルしたような気分になります。

同じ場所で、その歴史を見届けてきた「建山大旅社」の存在が、どれほど貴重なものかも知ることのできる時のテーマです。ぜひ、足早に通り過ぎずにご覧くださいね!

新旧が交差する「建山大旅社」

おいしいご飯・きれいな景色・可愛い雑貨…台湾旅の目的はさまざまです。今の台湾をより楽しむために、これまでを知ることで風景は広がり深まるはず。オールド台湾な「建山大旅社」での体験は、古きと今を新鮮にもたらしてくれるでしょう。

すぐ近くには寧夏夜市や迪化街があります。今度の台湾は「建山大旅社」で時の扉をノックしながら、食べて歩いて暮らすように滞在してみませんか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/19 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ