群馬のチベットに口下手なこいのぼり?神流町鯉のぼり祭り

| 群馬県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

群馬のチベットに口下手なこいのぼり?神流町鯉のぼり祭り

群馬のチベットに口下手なこいのぼり?神流町鯉のぼり祭り

更新日:2017/04/10 17:19

風祭 哲哉のプロフィール写真 風祭 哲哉 B級スポットライター、東海道完歩ブロガー、青春18きっぷ伝道師

群馬の中でも筋金入りの山奥、「群馬のチベット」と言われているのが県の南西部を占める奥多野地域。その入口にある神流(かんな)町では、毎年GWになると清流・神流川の上空を約800匹のこいのぼりが元気に泳ぐ「かんな鯉のぼり祭り」が行われます。
ところがこのこいのぼりたち、とても口下手なため、このお祭りはあまり知られていません。そこで今回は彼らを代弁して、首都圏から気軽に行けるGWの穴場として紹介します。

群馬のチベットは意外と近い?「かんな鯉のぼり祭り」へのアクセス

群馬のチベットは意外と近い?「かんな鯉のぼり祭り」へのアクセス

提供元:ググっとぐんま公式サイト

http://gunma-dc.net/

群馬のチベット!と聞くと「どんだけ遠いんだよー」とお思いでしょうが、実は首都圏からのアクセスは意外と簡単で、想像よりもずっと近いのです。

「かんな鯉のぼり祭り」の会場は、車であれば関越自動車道を本庄・児玉ICで降りて国道462号を約1時間、電車であればJR高崎線の新町駅から路線バスで約75〜90分の「万場」バス停の目の前です。
群馬のチベットと呼ばれる奥多野地域はこの先まだまだ奥深くまで続くのですが、神流町はその入口にあたるため、本当のチベットのようにダートの悪路を4WDに乗って何時間も揺られるわけではありません。
ただ、車で来てもバスで来ても、途中からは神流湖(かんなこ)と呼ばれるダム湖の美しい景色を眺めながら、右へ左へ九十九折(つづら折り)の道を進むことになります。

群馬のチベットは意外と近い?「かんな鯉のぼり祭り」へのアクセス

写真:風祭 哲哉

地図を見る

「かんな鯉のぼり祭り」が行われるのは、「万場(まんば)」と呼ばれる神流町の中心部。市町村合併前の旧万場町の中心市街地であった場所ですが、現在は人口も2千人を割り、全国でも有数の限界集落となっています。
市街地のメインストリートである国道462号の両脇にわずかばかりの商店と住宅地が並んでいますが、そのすぐ南を流れる神流川の河畔が、この鯉のぼり祭りの会場となるのです。

「かんな鯉のぼり祭り」は、こいのぼりでの地域活性化の元祖

「かんな鯉のぼり祭り」は、こいのぼりでの地域活性化の元祖

写真:風祭 哲哉

地図を見る

神流町の鯉のぼり祭りは、今から30年以上前に、町内の有志が町の中心を流れる神流川の上に2本のワイヤーロープを張って、鯉のぼりを100匹ずつ揚げたのが始まりだと言われています。その後、年を重ねる毎にその数が増え、現在では8本のワイヤーロープに約800匹のこいのぼりが泳いでいます。

「かんな鯉のぼり祭り」は、こいのぼりでの地域活性化の元祖

写真:風祭 哲哉

地図を見る

多くの鯉のぼりを一斉に上げる催しは昔から他の地域にもあったようですが、それをお祭りとして地域の活性化に結びつけたのは実はこの神流町が元祖だと言われています。
しかしこのかんなの鯉のぼりたちが不器用で口下手だったのでしょうか、あとからはじまった他地域のお祭りの方がどんどん有名になってしまい、このお祭りはまだあまり知られていないまま。だからこそゴールデンウィーク期間中でもあまり混みあわない穴場スポットとしてこうして紹介できるのですが、こののんびりした雰囲気の町にはそれくらいがちょうどいいのかもしれません。

「かんな鯉のぼり祭り」は、こいのぼりでの地域活性化の元祖

写真:風祭 哲哉

地図を見る

よく見ると、ところどころ名前の入ったこいのぼりが見えますが、かつて神流町ではふるさと納税を行うと、「世界で一つの鯉のぼり」と称して、名前入りのこいのぼりを3年間このお祭り期間中に掲揚してくれるサービスがありました(現在は募集休止中)。
実際に会場で両親とおじいちゃん、おばあちゃんに連れられた小さな子供が「あったー!○○のこいのぼりがあったー!」と喜んでる姿をみるとなんだかちょっと感動です。

かんなの鯉のぼりは、口下手だけど、面白そうに泳いでる!

かんなの鯉のぼりは、口下手だけど、面白そうに泳いでる!

写真:風祭 哲哉

地図を見る

かんな鯉のぼり祭りの期間中は、こいのぼりの掲揚のほか、さまざまなイベントが行われていて、河原には屋台が並び、野外ステージショーがあったりと、いくら口下手とはいえ、多くのお客さんで賑わいます。
ただ渋滞で長時間駐車場待ちをしたり、人混みで身動きが取れなくなるようなことは一切ありませんのでご安心を。

かんなの鯉のぼりは、口下手だけど、面白そうに泳いでる!

写真:風祭 哲哉

地図を見る

かんなの鯉のぼりの特徴は、いつ見ても元気に、そう、あの童謡「鯉のぼり」のように「面白そうに泳いで」いること。
それはこの場所がいつも風の通り道になっているからなのでしょうか?それとも彼らは口下手で不器用だけど、本当は何事にもアツくて一所懸命な男たちなんでしょうか。

よく晴れた気持ちのいい5月の空の下、元気にパタパタと泳ぐ彼らを見ていると、なんだかすごく幸せな気持ちになってきますよ。

家族旅行に最高!神流町には恐竜の足跡や恐竜センターも

家族旅行に最高!神流町には恐竜の足跡や恐竜センターも

写真:風祭 哲哉

地図を見る

実はこの神流町、鯉のぼり祭りのほかにも知る人ぞ知る有名なスポットがあるのです。それは「恐竜」。実は日本で初めて恐竜の足跡が発見されたのがこの神流町にある瀬林の漣痕(さざ波岩)と呼ばれる大きな岩。この上の写真で見える穴が恐竜の足跡だとされています。

家族旅行に最高!神流町には恐竜の足跡や恐竜センターも

提供元:ググっとぐんま公式サイト

http://gunma-dc.net/

そのため神流町には恐竜センターとよばれる博物館もあり、特に子供たちにおススメですが、ここもまたゴールデンウィークでもそれほど混雑していませんので、かんな鯉のぼり祭りとセットでゆっくり楽しむことができます。

GW家族旅行の穴場間違いなし!神流町の鯉のぼり&恐竜

GWに首都圏から手軽に行けて、あまり混雑なく家族で楽しめる穴場は?そんな場所をお探しの方にピッタリの場所がこの群馬県神流町。
「こいのぼり」に加え「恐竜」という子供たちに大人気の観光素材が揃っているのに、「群馬のチベット=遠い」という誤解と、不器用で口下手な性格のため、なぜかまだまだ知られていません。
そう、だからここは首都圏のGW家族旅行の超穴場スポット間違いなし!
ぜひ今年は群馬のチベットで口下手だけど元気いっぱいなこいのぼりをお楽しみください!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/05/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ