毎月1・2・3限定!奈良の「雨の日製作所/晴れの日販売所」ってどんなところ?

| 奈良県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

毎月1・2・3限定!奈良の「雨の日製作所/晴れの日販売所」ってどんなところ?

毎月1・2・3限定!奈良の「雨の日製作所/晴れの日販売所」ってどんなところ?

更新日:2017/04/25 15:11

いずみ ゆかのプロフィール写真 いずみ ゆか ライター

奈良市内に「毎月1・2・3日」の3日間しかオープンしない不思議なお店があります。更に毎月オープンする度、お店の様子が何やら以前と違うのです。「雨の日製作所/晴れの日販売所」は、紙もの作家兼オーナー「FunFooL」酒井育子さんのアトリエ&ショップ。一体どんなお店なのでしょう?ある時は”工作室”、またある時は”クラフト作家作品の販売所”と様々な顔を持つお店のちょっと変わった魅力をご紹介します。

合言葉は1・2・3!「雨の日製作所」が「晴れの日販売所」に変わる

合言葉は1・2・3!「雨の日製作所」が「晴れの日販売所」に変わる

写真:いずみ ゆか

地図を見る

奈良を旅する皆様、東大寺・興福寺、春日大社など奈良の有名観光地が集まる「近鉄奈良駅」の一つ手前の駅「新大宮駅」で降車したことはありますか?
これから毎月1・2・3日に奈良を旅する際は、是非、この「新大宮駅」から徒歩約2分の「雨の日製作所」に立ち寄ってみて下さい。お店の目印は、この印象的なブルーの扉。

合言葉は1・2・3!「雨の日製作所」が「晴れの日販売所」に変わる

写真:いずみ ゆか

地図を見る

セイシェルビルという小さなビルの2階、隠れ家の様にお店はあります。ここは普段、「雨の日製作所」として屋号「FunFooL」という紙もの作家・酒井育子さんの工房なのですが、月初めの3日間のみ、「晴れの日販売所」の名称でショップとしてオープン。

毎月コラボするクラフト作家やお店が異なり、テーマやコンセプトも違うので、訪れる月によって雰囲気ががらりと変わり、いつでも楽しめるのが魅力です。奈良や関西のクラフト作家やクリエイター作品が中心なので、一期一会の素敵な出会いがあるかもしれません。

ちなみに1日〜3日以外の日、「雨の日製作所」の時には、工作室として不定期ワークショップが開催されます。

合言葉は1・2・3!「雨の日製作所」が「晴れの日販売所」に変わる

写真:いずみ ゆか

地図を見る

なぜ、月初めの3日間だけなのか?理由は、「毎月1・2・3!で覚えやすい」。また1・2・3日に当たる曜日が月毎に変動することから、「平日しか休みがない人も土日しか休みがない人もみんな来ることが出来る。お客さんも出店の作家さんもみんな自由に参加できる魅力があるから」と酒井さん。

「雨の日製作所/晴れの日販売所」は、オーナーの酒井さんを中心に刺繍作家「Ham ham ham」さん、雑貨・本セレクト「neniqri」さんの3人が常設メンバーです。

作家さんと直接触れ合える魅力

作家さんと直接触れ合える魅力

写真:いずみ ゆか

地図を見る

「雨の日製作所」は、平成28年6月にオープン。3人それぞれの個性が出た作品やセレクト商品は、毎回違うコラボのクラフト作家作品と不思議に溶け合います。
「晴れの日販売所」である月初めの3日間は、基本的に常設メンバー3人+コラボの作家さんが在廊しているので、作家さんと直接触れ合えるのも魅力です。

●「晴れの日販売所」
 【OPEN】毎月1・2・3日
(※1・2日 11:00〜19:00/3日 11:00〜17:00)
毎月変わるイベント内容は、リンク先の公式HPまたはFacebookでご確認を。

作家さんと直接触れ合える魅力

写真:いずみ ゆか

地図を見る

常設メンバーのひとり、刺繍作家「Ham ham ham」さんはイギリス王立刺繍教室で学び、オリジナルデザインの大作から可愛い小物作品まで幅広く制作しています。

また、その名も「刺繍難民を救う教室」という不定期ワークショップを主催。刺繍キットを購入し、途中で辞めてしまったそこのあなた。是非、完全フリースタイルのワークショップショップに参加して、心行くまで刺繍に没頭してみては?

※詳しくは、リンク先の公式HPカレンダーでご確認下さい

作家さんと直接触れ合える魅力

写真:いずみ ゆか

地図を見る

同じく常設メンバーのひとり、「neniqri」さんは、アンティークから新しいものまで幅広く、ノスタルジックな雰囲気を併せ持った雑貨や本をセレクトしています。
月に一回「ちいさな本屋」を開催※。「雑貨とは自分の欲望を満たすもの」と語る「neniqri」さん。ひねりの効いた雑貨類は、眺めている私達の欲望も満たしてくれそうです。

※開催日はリンク先の公式HPカレンダーでご確認下さい

「FunFooL」酒井さんの魅力と作品

「FunFooL」酒井さんの魅力と作品

写真:いずみ ゆか

地図を見る

冒頭でオーナーの酒井さんを”紙もの(かみはこふくろ)作家”と紹介していますが、実は特に肩書はなく、自身を何者とも決めつけていない不思議な雰囲気を持った方です。

個人活動用の屋号「FunFooL」は、酒井さんの造語。インナーチャイルドカードもされている酒井さん曰く、「Foolは”0(ゼロ)で愚者のカード”。パッと閃いたことを心のままに、一緒くたに、バラバラな事をするので、周りからみたら愚か者に見えるかもしれないが、本人は飄々と何のしがらみもない。FunFooL、”楽しい愚か者”みたいな感じなんです。」

「FunFooL」酒井さんの魅力と作品

写真:いずみ ゆか

地図を見る

何者でもない”FunFooL”の酒井さんは、昔から紙が好き。そして手を動かす手しごとが好きなので、大好きな紙を色々な形に成形できる「カルトナージュ」※作品が店内でも目を引きます。現在はお菓子の箱のような簡単な作り方の「貼り箱」も制作しています。

また紙そのものをスタンプや版画、コラージュなどでデザインしたり、様々な形態の袋を制作したりと、紙が自由に変化した作品は、紙が持つ可能性を改めて訪れる人に教えてくれます。

※厚紙で組み立てた箱などに紙や布を貼り付けて仕上げるフランスの伝統的な手芸

「FunFooL」酒井さんの魅力と作品

写真:いずみ ゆか

地図を見る

工房の大きな引き出しには、国内外から集めた色とりどりの紙が入っており、中には見たことの無いようなデザインや変わった手触りの紙も。酒井さんが紙屋さんをまわって、集めてきたものです。紙の秘めた魅力を再発見できるのではないでしょうか?

フリーダムな「雨の日製作所」の工作室

フリーダムな「雨の日製作所」の工作室

写真:いずみ ゆか

地図を見る

実は、毎月1・2・3の「晴れの日販売所」以外にもこの場所を訪れることができます。「雨の日製作所」は場所の名前。”何でもできる、何でも作れる不思議な工房”です。基本的には、酒井さんの工房ですが、不定期で「工作室」というワークショップの開催もされています。(要予約)

「工作室」は、”時間内にできる範囲で、各自できることをします”というもの。工房にある材料を使い、酒井さんのアドバイスや技を教えてもらいながら、自分が本当に望む紙作品の制作が可能。「紙を使用するものならばいろいろ作れる」という限定しない精神が根底にあり、それが「工作室」の人気の秘密です。

フリーダムな「雨の日製作所」の工作室

写真:いずみ ゆか

地図を見る

また面白いことに、「工作室」の回数券を制作するワークショップもあります。(工作室の予約申込み時に申し出れば可能)

本来ならば、回数券は5500円分のチケットを5000円で購入するのですが、”回数券をつくるワークショップ”では、なんと3500円で制作ができて、とてもお得!どの様に回数券をつくるのかというと?回数券の紙をコラージュしたりして自分でデザインするのです。(回数券はコピーして次回渡し。元原稿は譲渡)

※工作室の詳細はリンク先の公式HPでご確認下さい。

奈良のクラフト作家やクリエイターが集まる桜の名所・佐保川周辺

奈良のクラフト作家やクリエイターが集まる桜の名所・佐保川周辺

写真:いずみ ゆか

地図を見る

「雨の日製作所」の近くには、桜の名所で知られる佐保川が流れています。4.5キロ続く佐保川の桜並木はソメイヨシノ約1000本。春になると多くの方が訪れます。

実は近年、近鉄奈良駅の北側「奈良きたまち」と呼ばれるエリアから「雨の日製作所」がある新大宮駅の佐保川周辺に、奈良で活躍されているクラフト作家やデザイナー、アーティストなどがお店やアトリエ、ギャラリーを構えるようになり、この佐保川周辺は注目を集めています。

お時間のある方は、奈良きたまちエリア〜「雨の日製作所」まで、佐保川沿いに散策してみるのも良いかもしれません。
但し、奈良きたまちエリアのお店、アトリエ、ギャラリーは不定休が多いのでご注意を。行きたい場所があれば、必ず事前に営業日をHPやFacebookで確認して下さい。

「雨の日製作所/晴れの日販売所」は出会いが魅力!奈良の旅をもっと面白く

月初めの1・2・3日に奈良へ出かけよう!と思ったら、「雨の日製作所/晴れの日販売所」を思い出して下さい。

「晴れの日販売所」では、作家さんの一点もの作品が多いので、あなただけの奈良土産がきっとみつかります。また、佐保川沿いやその他の奈良でご活躍されているクラフト作家さんやクリエイターさんが、お客さんとして来店することも多いので、たまたま隣にいた方とお話したら、クリエイターさんだった!なんてサプライズも良くあります。

オーナー酒井さん(常設メンバー)をはじめ、多くのクラフト作家や個性派店主と出会えること、この出会いこそが、あなたの奈良の旅をより面白いものにすると思いませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -