眺望最高!新神戸駅〜ミシュラン2つ星「摩耶山・掬星台」へ絶景ハイキング

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

眺望最高!新神戸駅〜ミシュラン2つ星「摩耶山・掬星台」へ絶景ハイキング

眺望最高!新神戸駅〜ミシュラン2つ星「摩耶山・掬星台」へ絶景ハイキング

更新日:2017/04/20 10:06

Chiharuのプロフィール写真 Chiharu ライター、熊野リトリート主宰

神戸には、六甲山系の標高702メートルの摩耶山がそびえています。摩耶山頂までハイキングコースが幾つか延び、その内、布引の滝や布引ダム、次々と現れる沢を楽しめる、初心者にもおススメな癒しのウォーター・ルートがあります。山頂付近まで来ると、神戸を代表するビュースポットの摩耶山・掬星台に辿り着き、歩き疲れを忘れるほど美しい眺望を堪能できます!今回そんな、所要約4時間の摩耶山ハイキングをご紹介します。

新神戸駅から高架をくぐり、布引の滝を目指そう

新神戸駅から高架をくぐり、布引の滝を目指そう

写真:Chiharu

地図を見る

まずは、JR・神戸市営地下鉄・北神急行電鉄の「新神戸駅」を起点に考えると分かりやすいでしょう。駅構内の2階には観光案内所がありますので、疑問点はここで聞くと親切に教えてくれたり、資料を貰ったりできます。そして、お店で飲み物やお弁当を買ったり、トイレがありますので準備を済ませて出発しましょう。

ハイキング入口へは、新神戸駅の裏手の山側に行きます。新神戸駅1階を出て、すぐ左の高架をくぐると布引の滝方面です。そのまま真っ直ぐに歩くと「砂子橋(いさご橋)」に出合いますので、渡りましょう。ここから摩耶山に向かっていきます。

徒歩15分で気軽に行ける、日本三大神滝・布引の滝

徒歩15分で気軽に行ける、日本三大神滝・布引の滝

写真:Chiharu

地図を見る

これから向かう「布引の滝」は、神戸市街の都会から気軽に行ける人気の自然スポットです。新神戸駅から徒歩15分で辿り着くので、長距離を行くハイカ―だけでなく、布引の滝まで行って帰ってくる散策目的の方々も多くいます。外国からの観光客もよく見かける神戸らしいルートです。

雄大な滝は絶好の撮影スポットでありますが、新緑や紅葉の季節には遊歩道の木々が美しいことでも知られています。整備された道が続いていますが、履きなれた靴で行きましょう。

徒歩15分で気軽に行ける、日本三大神滝・布引の滝

写真:Chiharu

地図を見る

布引の滝はメインの「雄滝(おんたき、高さ43メートル)」が有名ですが、そこに至るまでにも雌滝(めんたき、高さ19メートル)、鼓ヶ滝、夫婦滝と見所があり、この総称を「布引の滝」と呼びます。華厳の滝、那智の滝と並ぶ、日本三大神滝でもある美しい滝です。ベンチがありますので、しばらく滝を見ながら休憩しましょう。

ダム湖百選でもある、布引ダム沿いを進む

ダム湖百選でもある、布引ダム沿いを進む

写真:Chiharu

地図を見る

布引の滝から進んでいくと、「猿のかずら橋」というナルナシのツルが巻きつけられた橋があります。ここは渡らないのですが、祖谷のかずら橋をモデルにされた雰囲気のある橋を通り過ぎますので、お見逃しなく!

しばらく行くと、飲み水として利用されてる布引貯水池と布引ダム(五本松堰堤)に行き着きます。布引貯水池から少し先には、神戸布引ロープウェイの「風の丘・中間駅」がありますので、そこから歩いてきている方も見かけます。休憩スペースにあるボタンを押してみると、布引ダムについての解説を聞くことができます。ベンチがある休憩スポットです。静かな野鳥観測所でもありますので、周りの自然を観察してみましょう。

初心者におススメのトゥエンティクロス・コース

初心者におススメのトゥエンティクロス・コース

写真:Chiharu

地図を見る

摩耶山に至るまでには、幾つかのルートがあります。その中でも初心者におススメなのが「トゥエンティクロス」を経由するルートです。「布引貯水池から市ヶ原 〜 トゥエンティクロス 〜 徳川道 〜 摩耶山」のコースは、他の天狗道、地獄谷、桜谷などを経由する道よりなだらかなぶん距離はありますが、急な登りが少ないコースです。

ハイキングに慣れ体力がある方は、天狗道、地獄谷、桜谷などのコースへ行きましょう。距離が短い分、摩耶山に早く辿り着けます。多少時間がかかってもより楽な方がいいなら、トゥエンティクロスのコースをどうぞ。

初心者におススメのトゥエンティクロス・コース

写真:Chiharu

地図を見る

道には要所要所に看板がありますので、分岐点でも分かりやすくなっています。トゥエンティクロスは、沢を渡っていくポイントが数々ある爽やかな道です。トゥエンティクロスの名前の由来は、20箇所ほどの沢を渡っていくからだと言われています。川沿いを歩くので、水が流れる音やヒンヤリとした空気が気持ちが良く、夏場に最適です。水辺なので、雨の後の増水にはお気をつけください。

外国人にも人気!摩耶山・掬星台から神戸を一望

外国人にも人気!摩耶山・掬星台から神戸を一望

写真:Chiharu

地図を見る

これまで歩いていた山道から、一般道の歩道へ出て進むと、摩耶山・掬星台(きくせいだい)の展望所へ到着します。パノラマの神戸市街の光景が目の前に広がり、心地いい風が吹いています。日本三大夜景スポットの一つなのですが、昼間の光景もなかなか見応えがあります。ミシュラン・グリーンガイドで二つ星を獲得しています。神戸を一望するなら掬星台がおススメです!

展望台で眺めを堪能したら、山を降りて行く道もありますが、まやビューライン(ケーブル・ロープウェイ)「星の駅」がすぐ横にありますので、帰りは乗って降りることも可能です。最後の体力に合わせてご選択ください。

ケーブルやロープウェイを利用して気軽に行くのもGood!

ハイキングをしっかり体験したい方は、ご紹介の通り、最初から最後までを歩くコースがあります。一方、新神戸駅から布引貯水池近くを「神戸布引ロープウェイ」、摩耶山・掬星台から山の下までを「まやビューライン(ケーブル・ロープウェイ)」が通っていますので、一部分は乗って手軽に行くこともできます。神戸の自然とパノラマを一望できる、日帰りハイキングに出掛けてみましょう!

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ