まるで夢の世界!美しい藤の魅力溢れる「あしかがフラワーパーク」

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

まるで夢の世界!美しい藤の魅力溢れる「あしかがフラワーパーク」

まるで夢の世界!美しい藤の魅力溢れる「あしかがフラワーパーク」

更新日:2017/04/24 11:34

Takamatsu Miikoのプロフィール写真 Takamatsu Miiko フォトトラベラー

栃木県足利市にある、藤の名所として名高い「あしかがフラワーパーク」。ここでは350本以上もの藤の花を見ることができます。日本で唯一アメリカのCNNによる「世界の夢の旅行先10カ所」に選出された、大注目のスポットです。
藤は4月中旬から5月中旬頃が見頃となっており、春の行楽にもぴったりです。

世界一美しい藤の花

世界一美しい藤の花

写真:Takamatsu Miiko

地図を見る

あしかがフラワーパークは東京ドームが7個以上入るほどの広大な敷地を持ち、1年を通して様々な花が咲き誇る、花のテーマパークです。中でも一際人気なのが日本を代表する花木である藤の花。その藤の花を『ふじのはな物語』と題して多くの趣向を凝らし、様々な視点から楽しませてくれます。

世界一美しい藤の花

写真:Takamatsu Miiko

地図を見る

栃木県に天然記念物として指定された樹齢150年に及ぶ600畳敷の大藤棚が3面。そして世界でも珍しい八重の大藤棚、庭木仕立ての藤。大長藤は花房が約2メートル近くにまで成長し美しい藤のカーテンとなります。

80mにも渡って続く藤の花のトンネルを歩けば、ほんのりと藤の花の香りがし、まさに夢の世界へ入り込んだかのよう。さらにはスクリーン仕立て、池に映る水鏡効果の夜の藤のライトアップは「日本夜景遺産」にも認定されたほどの幻想的な美しさです。(17時半以降に入園される場合は300円お得になります)

世界一美しい藤の花

写真:Takamatsu Miiko

地図を見る

うす紅・紫・白・黄色の順に開花していき、約1か月間に渡ってこの美しい藤たちを観賞することができます。

藤だけじゃない、美しく咲く花たち

藤だけじゃない、美しく咲く花たち

写真:Takamatsu Miiko

地図を見る

藤が咲くのと同時期に楽しめるもうひとつのおすすめが5千本以上も咲き誇る色鮮やかなツツジ。赤・白・ピンクのツツジと紫・白の藤の美しいコントラストは必見です。5月上旬から下旬にかけてはシャクナゲも見頃を迎えます。

藤だけじゃない、美しく咲く花たち

写真:Takamatsu Miiko

地図を見る

また、人気のネモフィラもこちらで見ることができます。

藤だけじゃない、美しく咲く花たち

写真:Takamatsu Miiko

地図を見る

そしてぜひパーク内で探してみてほしいのが、『タイツリソウ』。ハートの形のように見えてとても可愛らしいお花です。このように、藤だけでなく様々な花たちを見ることができ飽きることなく楽しめるのも、あしかがフラワーパークの魅力のひとつです。

美しいだけじゃない、美味しい藤

美しいだけじゃない、美味しい藤

写真:Takamatsu Miiko

地図を見る

目で見て楽しんだ後はあしかがフラワーパークの名物で、ここでしか食べられないオリジナル「藤ソフト」を味わってみましょう。紫色の見た目はインパクトが強いですが、実際に食べてみると、控えめな甘さでほんのりと藤の香りがし、意外にもハマってしまう美味しさなのです!ここを訪れた際はぜひお試し頂きたい一品です。

また栃木と言えば、とちおとめですよね。とちおとめソフトクリームも間違いのない美味しさです。

パーク内では、藤を堪能できる様々なオリジナル商品も充実しています。中でも一番人気なのは藤の香水。他にも藤の香りのお香やルームフレグランス、サシェなどがあります。自宅にも藤の優しい香りを持ち帰れば、その日の楽しい思い出とともに癒しの時間を楽しむことができるでしょう。

都内からもあっという間に夢の世界へ

首都圏から車や電車でおよそ90分圏内とアクセスも良好です。最寄りのJR両下線「富田」駅からは徒歩約13分。GW中は混雑が予想されますので、午前中の早めの来園がおすすめです。
ぜひカメラを持って訪れてみてください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -