青いご飯!?ペナンで「ナシ・クラブ」が食べられるお店4選

| マレーシア

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

青いご飯!?ペナンで「ナシ・クラブ」が食べられるお店4選

青いご飯!?ペナンで「ナシ・クラブ」が食べられるお店4選

更新日:2017/06/18 21:31

さや あいだのプロフィール写真 さや あいだ

ここ数年、認知されてきた「青い料理」。スイーツだけでなく、最近では肉まんやカレー、ラーメンまでもが青色に!

実は日本だけでなく、マレーシアにも「青い料理」が存在するんですよ。クランタン州の伝統料理の1つである「ナシ・クラブ」がその青い料理。クランタン州以外ではなかなかお目にかかることのできないこの貴重な料理を、日本人旅行者も多く訪れるペナン州で楽しむことができるお店をご紹介します!

マレーシアの青い料理「ナシ・クラブ」って何?!

マレーシアの青い料理「ナシ・クラブ」って何?!

写真:さや あいだ

地図を見る

マレーシア半島東海岸、タイとの国境に位置するクランタン州の名物料理「Nasi Kerabu(ナシ・クラブ)」。Nasiはご飯、Kerabuは野菜やサラダを意味するマレーシア語。ご飯に、キャベツの千切りや、もやしなどがトッピングされた料理です。

ただ、なぜかご飯が青色なんです・・・その理由も気になりますが、何より、初めて見ると「どうやって色をつけているんだろう」と思いますよね。

マレーシアの青い料理「ナシ・クラブ」って何?!

写真:さや あいだ

安心してください!基本は合成着色料などではなく、自然からの色。
インゲンマメの一種である「Butterfly pea(バタフライ・ピー)」の青い花からとったお水で、ご飯を炊いているんです。それだけで、こんなにも鮮やかな青いご飯になるんですよ。

1.NASI KERABU MANJA

1.NASI KERABU MANJA

写真:さや あいだ

地図を見る

ペナン島の南に位置するBalik Pulau(バリッ・プラウ)。地元ではドリアンが美味しい地域として有名です。その街の入口にあるお店がこちらの「NASI KERABU MANJA」。クランタ州ン出身のお母さんたちが切り盛りしているペナンに居ながら本場の味を楽しめるお店です。

気さくなお母さんたちが「今日はこれが美味しいよ!」と、いろいろオススメしてくれるます。ついつい盛りが良くなってしまうので、食べ過ぎには注意。道端にたつ屋台のようなお店ですが、常に10:00前にはおかずがなくなってしまうくらいの人気店!朝早くにお出かけください。

2.RESOTAN ANGGERIK DESA

2.RESOTAN ANGGERIK DESA

写真:さや あいだ

地図を見る

ペナンの人気観光の1つ「フェリー」に乗って、島から半島側にわたった先にあるお店が「RESOTAN ANGGERIK DESA」。ランチタイムになると、ひっきりなしにお客さんが出入りする有名店です。

こちらのお店は、「Nasi Kerabu」だけでなく、クランタン州があるマレーシア東海岸の伝統料理がたくさん並んでいます。Nasi Kerabu以外にオススメなのが、くるくる巻いた麺がかわいい「Laksam(ラクサム)」や、もち米にマンゴーをトッピングして、ココナッツミルクをかけていただくデザート「Pulut mangga(プルッ・マンガ)」など。本当に、いろいろな変わったメニューが準備されているお店なんです。ぜひお腹を空かせて訪問してみてください。

3.CAFE LEGEND

3.CAFE LEGEND

写真:さや あいだ

地図を見る

世界遺産に指定されている「ジョージタウン」の真ん中に「CAFE LEGEND」は、旅の気分をさらにアップさせてくれるお店です。

高い天井のこのカフェは、伝統的なペナンの家屋を素敵に改装して作られています。さらに、使われている家具や食器もお洒落!ついついカメラを構えたくなってしまう可愛らさ+リラックスした雰囲気がただよっています。

お食事は伝統的なものに、アジアテイストが加えられた美味しいものばかり。今回ご紹介している「青いご飯」にもカレーなどが添えられ、オリジナリティが加えられたもの。盛り付け方も素敵で、手を付けるのがもったいなくなってしまいます。その他、デザートも充実しているので、ぜひ街歩きの休憩にも立ち寄ってみてください。

4.PROJECT NASI LEMAK

4.PROJECT NASI LEMAK

写真:さや あいだ

地図を見る

ペナン島のランドマークである「コムタ」から車で10分。「Project Nasi Limak」は、バタフライピーを使った青いご飯を、マレーシア国民のソールフードであるNasi Lemak風にアレンジしたお店です。

オーダーは基本5つのセットから選びます。お腹に余裕がある方は、並んでいるおかずの中から追加でトッピングもできますよ。ランチタイムになると、お持ち帰りでたくさん購入していく姿もみかけます。ペナンのローカルっ子に人気のお店です。

おわりに

マレーシアの「青いご飯」、食べてみたくなりましたか?
クランタン州の方に、青い理由をきくと「かわいいから」と答えが返ってくることが多いのですが、いかがでしょうか。他には、ご飯を食べるのを嫌がる子どもに、興味をもって食べてもらうために青く色づけした・・・なんて話しも聞きますが、真相は謎のまま。

クランタン州とペナン州は、車で約6〜7時間の距離。時間の制約のある旅の中で、一か所で2つ街の名物が楽しめるのは嬉しいですよね!今回は、クランタンの伝統的な「Nasi Kerabu」から、そのお店らしいアレンジがされたものまで紹介してみました。これを参考に、楽しいマレーシアの食旅行を!


掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/08−2017/04/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ