好立地&子連れウエルカム!釜山「24ゲストハウスチャガルチ」

| 韓国

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

好立地&子連れウエルカム!釜山「24ゲストハウスチャガルチ」

好立地&子連れウエルカム!釜山「24ゲストハウスチャガルチ」

更新日:2017/05/02 16:30

宮腰 由希子のプロフィール写真 宮腰 由希子 国際関係スペシャリスト、ロシア語通訳翻訳

釜山・南浦洞(ナムポドン)のチャガルチ駅前にある「24 ゲストハウス チャガルチ」では、かわいいウサギのマスコットたちがお出迎え。男性ドミトリーはなく、女性ドミトリーとシャワー・トイレ付きの個室から部屋を選べる女性&子どもウェルカムな宿だ。

釜山旅行客にとって最高のロケーション

釜山旅行客にとって最高のロケーション

写真:宮腰 由希子

地図を見る

「24 ゲストハウス チャガルチ」は、地下鉄チャガルチ駅の4番と6番出口を出ると目の前に建っているKEB銀行のビルの5階にある。重たい荷物を持っている場合はエレベーターで地上に上がれる8番出口から出てもすぐだ。金海国際空港からリムジンバスで来る場合も、終点の一つ前の停留所「南浦洞」からは徒歩2、3分だ。

KEB銀行は夜間や休日は閉まっているので、横のパーキングに入って右手にあるエレベーターで5階に上がる。パーキングなら24時間出入り可能だ。

釜山旅行客にとって最高のロケーション

写真:宮腰 由希子

地図を見る

ゲストハウスの裏手には韓国最大の魚市場であるチャガルチ市場が広がり、お土産探しに便利な国際市場も、チャガルチ駅からロッテ百貨店まで続く地下街や光復路といったショッピング街も徒歩圏内にある。

観光名所へのアクセスも良く、チャガルチ駅から地下鉄での移動がしやすいが、各方面へのバスがかなり充実していて、甘川洞文化村や海雲台ビーチへもバス一本で行くことができる。また、釜山タワーや影島大橋なら徒歩で行ける距離だ。

ウサギがマスコットのゲストハウス

ウサギがマスコットのゲストハウス

写真:宮腰 由希子

地図を見る

「24 ゲストハウス チャガルチ」は、エレベーターの入り口や壁のあちこちに、女性や子どもが喜ぶようなかわいいウサギの絵が描かれていて、とってもかわいい雰囲気のゲストハウスだ。マスコットを作るというユニークなゲストハウスのこだわりは徹底していて、廊下には絵だけではなく、ウサギのぬいぐるみも飾られており、マグカップにもウサギのマスコットがプリントされている。

ウサギがマスコットのゲストハウス

写真:宮腰 由希子

地図を見る

ゲストハウスの両端からはビュー・ポイント・カフェやスカイガーデンといった屋外の休憩所に自由に出られ、チャガルチ市場や海を眺めながらコーヒーを飲むことができる。また、ビュー・ポイント・カフェ側の大きな窓からは太陽の光が差し込んでいるので、廊下や共有スペースがとても明るい。

女性と子どもが泊まりやすいゲストハウス

女性と子どもが泊まりやすいゲストハウス

写真:宮腰 由希子

地図を見る

「24 ゲストハウス チャガルチ」は、女性客をターゲットにしたウサギがマスコットのゲストハウスなので、男性ドミトリーがないのが特徴だ。客室の種類は女性用ドミトリーとバス・トイレ付きの二人用(ツイン・ダブル)から四人用(ファミリールーム)の個室がある。カップルやファミリーの男性も泊まっているが、女性客が中心だ。また、12歳未満の添い寝の子どもは無料。3歳以上の子どもの宿泊料金がかからないゲストハウスは釜山でも珍しく、子連れ客でも気軽に泊まることができる。

女性と子どもが泊まりやすいゲストハウス

写真:宮腰 由希子

地図を見る

部屋にはスリッパを脱いで入る、部屋での飲食は厳禁など、客室内でのルールは細かいが、逆に、客室は清潔に保たれている。共有スペースにはキッチンやコーヒーメーカー、洗濯機などもあり、宿泊料金は朝食込みになっている。パンとジュースの他に生卵が用意されているので、セルフサービスで卵を焼こう。

女子旅や子連れ旅なら「24 ゲストハウス チャガルチ」に泊まって釜山を楽しもう

「24 ゲストハウス チャガルチ」は釜山で人気の南浦洞エリアにあるチャガルチ駅前と好立地で、観光やグルメ、ショッピングにぴったりだ。マスコットのウサギがかわいいだけでなく、女性しか利用できないドミトリーや子連れでも泊まりやすい個室があり、リーズナブルに快適な旅をしたい女性や子連れ客に最適のゲストハウスだ。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ