滝と光のコラボレーション!自然と融合したイルミネーションに心癒されて〜冬ほたる(京都府京丹波町)

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

滝と光のコラボレーション!自然と融合したイルミネーションに心癒されて〜冬ほたる(京都府京丹波町)

滝と光のコラボレーション!自然と融合したイルミネーションに心癒されて〜冬ほたる(京都府京丹波町)

更新日:2013/12/12 14:35

津田 泰輔のプロフィール写真 津田 泰輔

京都府京丹波町の琴滝で12月に「冬ほたる」と言うイルミネーションが催される。
この琴滝では、滝や川そして山の木々が色とりどりの光で飾られ、街のイルミネーションとは一味違う幻想的な自然散策を体験することができるのです。「冬ほたる」とはよく言ったもので、川の上に配置されたイルミネーションは、まさに蛍の輝きのようだ。

落差40mの琴滝

落差40mの琴滝

写真:津田 泰輔

地図を見る

京都縦貫道の丹波インターチェンジを降りてすぐの所にある琴滝公園。静かな林の奥に落差40mの琴滝がかかっている自然公園である。上流で水量調整のため池があり、大雨の後にしか水量が増えて豪快な滝にはならないので、アクセスが良い割に訪れる人もまばらなのだが、12月に開催される「冬ほたる」というイルミネーションの時期だけは、大きな臨時駐車場もできるほどの大盛況となる。
アクセスは丹波インターチェンジから近すぎて見落としがちなのだが、インタチェンジ出口を右折してすぐの信号をさらに右折して細い道に入る。ちょうど先ほど通ってきた高速道路の下を戻るようなイメージだ。
「冬ほたる」の時期は交通整備もしているが、駐車場に入りきれない車で渋滞していると思われる。細い道でUターンもできないので、トイレなどは済ましておくことをおススメする。

こんな山奥にイルミネーション

こんな山奥にイルミネーション

写真:津田 泰輔

地図を見る

琴滝公園の周りは山に囲まれた自然の中。街の光は一切届かないような山奥に、こんなイルミネーションがあるとは驚きである。
駐車場からイルミネーションの光だけを頼りに、琴滝のある遊歩道を進む。他の景色がほとんど見えないため、光のイルミネーションに囲まれていると、宇宙空間に浮かんでいるかのようだ。

川の上のイルミネーションが冬の蛍に見える

川の上のイルミネーションが冬の蛍に見える

写真:津田 泰輔

地図を見る

当然のことながら、ここは滝へと向かう道なので、横には川も流れている。
イルミネーションに目を奪われて、ほとんどの人は気づいていないが、確かにライトの下には水が流れている。
その様はまさに小川に群がる蛍の様相。
そしてその蛍の大群が連なり、
真冬の天の川のように暗闇に浮かび上がっている。

水面に移る光が波で揺らぐ

水面に移る光が波で揺らぐ

写真:津田 泰輔

地図を見る

しばらく遊歩道を歩いていると、イルミネーションに彩られた琴滝が現れる。
本来は巨大な黒壁から水が落ちているのだが、この日は光の筋が琴の絃のように垂れ下がっている。
滝には水が流れているものの光の奥でよく見えない。ただ滝の音と滝壺に移る光が揺らぐため、水の流れを感じさせてくれる。
水に映った光がゆらゆらと蛇行する様子は、なかなか幻想的で神秘的に思える。

琴をイメージした13本の光の絃

琴をイメージした13本の光の絃

写真:津田 泰輔

地図を見る

見上げれば光に照らされた木々と白く浮き上がるような滝の水しぶき。その上にチューブ型のLEDライトが光の滝となって流れ落ちていく。
琴滝の名前をそのままに琴をイメージした自然と融合したオブジェ。

「冬ほたるの」イルミネーションは全体で65万個ものLEDライトが使われているらしい。
これは京都府下でも最大級とのこと。

今年はどんなイルミネーションが楽しめるのか

紹介してきた写真は2012年のもので、今年のイルミネーションはどんなものになるのでしょう。
ここでしか見れない、幻想的な滝と光のコラボレーションを、
ぜひ皆さんも体験してみてください。


今年の実施予定期間
2013年12月13日(金)〜12月24日(火)17:00〜22:00

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/12/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -