タイのジュラシックパーク!パタヤ・センタラグランドミラージュビーチリゾートで遊びまくれ!

| タイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

タイのジュラシックパーク!パタヤ・センタラグランドミラージュビーチリゾートで遊びまくれ!

タイのジュラシックパーク!パタヤ・センタラグランドミラージュビーチリゾートで遊びまくれ!

更新日:2017/04/25 10:10

吉田 彩緒莉のプロフィール写真 吉田 彩緒莉 旅行媒体編集ディレクター、旅行・グルメライター、ホテルマニア、タイブロガー

日本人のタイ旅行の平均日数は4泊〜6泊と短い!その中でバンコク&リゾートと精力的にまわる人もいるようですが、せっかくリゾート地を入れても移動で疲れる旅は本末転倒。バンコクだけではなくリゾート地を入れたいな、と思っている人にお勧めしたいのがバンコクから一番近いリゾート地パタヤにあるセンタラグランドミラージュビーチリゾート。ジュラ紀を再現したリゾート内では大人も子供も大はしゃぎできちゃいますよ!

ファミリーに断然お勧め!広大な敷地に広がるセンタラグランドミラージュビーチリゾート

ファミリーに断然お勧め!広大な敷地に広がるセンタラグランドミラージュビーチリゾート

提供元:センタラグランドミラージュビーチリゾートパタヤ

http://www.centarahotelsresorts.com/ja/centaragran…

パタヤはバンコクスワンナプーム空港からの直行バスでわずか1時間30分。空港に着いてすぐにバスに乗り、リゾート地に行ける、という醍醐味がパタヤの良さです。
パタヤは一時期歓楽街ばかりがクローズアップされ、夜遊び目的の男性が行くリゾートだと勘違いされていますが、そんなことはありません。
タイ人も欧米人も、そして在住日本人も週末気軽に海で遊べるという立地から家族連れやカップルで訪れる事も多いんですよ。

ファミリー旅行の方はホテル選びに頭を悩ませていると思いますが、まさにそんな方々にうってつけのホテルがここ、センタラグランドミラージュビーチリゾート。パタヤのメインビーチから少しはずれたナクルアビーチの一等地に建つホテルは、到着した瞬間呆然とするほどの巨大で荘厳。離島の隠れ家リゾートでは子供たちのはしゃぎ声に気を使ってしまいますが、ここなら大丈夫。世界中の子供たちが広い館内で楽しそうに遊んでいます。いや、もう「遊べ!」とわれているような環境そのもの。

亜熱帯の木々が美味しげる一大リゾート!

亜熱帯の木々が美味しげる一大リゾート!

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

子供たちだけではなく大人も思わずはしゃいでしまう環境がコレ。まるでUSJの中にいるような気になりませんか?
ホテルはジュラ紀や古代を再現したワイルドな作り。吊り橋で結ばれたオープンエアの通路のそこかしこに化石が描かれていたり、古代人が住んでいそうな茅葺の屋根があったり、遊び心がいっぱい。

タイならではの南国の木々もリアリティを持たせてくれます。

亜熱帯の木々が美味しげる一大リゾート!

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

プールも広大。どこに入っていいのか悩みます。一番人気は海に面したこのエリア。ビーチリゾートと言えばやはり海でしょう。巨石を配したプールバーでカクテルを飲みながらまったりとした時間を過ごしてみては?

亜熱帯の木々が美味しげる一大リゾート!

提供元:センタラグランドミラージュビーチリゾートパタヤ

http://www.centarahotelsresorts.com/ja/centaragran…

そして子供たちはいつもできない水遊びがとことんできちゃうこんなエリアで遊ばせましょう。日本にいるとゲームばかりで遊んでしまう子供たちも、ここではすっかり野生児に…。

これぞビーチリゾート!全室オーシャンビューのテラス付き!

これぞビーチリゾート!全室オーシャンビューのテラス付き!

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

ビーチリゾートの楽しみはオーシャンビューの客室ではないでしょうか?建物を見上げればわかる通り、センタラグランドミラージュビーチリゾートは全室オーシャンビューで海を望むテラス付き。ビーチリゾートのホテルを予約したのに海の見えない客室だった、なんてこと、結構多いんですよ。一般的な社会人で1年に何度も海外旅行に行ける環境の人は意外と少ないですよね?せっかくの旅でこんなことが起こるとがっかり。

でもこのホテルでは「この海は私のもの!」と思ってしまいそうな雄大な海景色が楽しめます。

これぞビーチリゾート!全室オーシャンビューのテラス付き!

提供元:センタラグランドミラージュビーチリゾートパタヤ

http://www.centarahotelsresorts.com/ja/centaragran…

客室のデザインもワイルドかつ古代の雰囲気!テラスから望む大海原が開放的な気分にさせてくれます。ちなみに、客室のバスルームはなんとカーテンだけ。スタンダードな客室はバスタブが無くシャワーのみなので、バスタブ希望の人はリクエストしてくださいね。

とはいえこれだけ開放的な雰囲気だと、シャワーだけで十分ですけどね。

キッズも大喜び!ハンバーガーの種類が多すぎるワイルドなレストランで毎日パーティー気分♪

キッズも大喜び!ハンバーガーの種類が多すぎるワイルドなレストランで毎日パーティー気分♪

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

これだけ広大な敷地なので、レストランも豊富にあります。海を臨むバーベキューレストランや、パタヤの雄大な夕日が望めるバーがあり「外出しなくてもいいか!」という気分になります。
ファミリーに一番うれしいポイントはオールデイダイニングが2か所もあること。子供の「お腹すいた!」に合わせると、ついついランチの時間が遅れてしまう事もありますよね?

そんな時はオールデイダイニングの一つ「オアシス」へ。オープンキッチンが楽しい屋内席も良いですが、ジャングルに面したテラス席がお勧めですよ。

キッズも大喜び!ハンバーガーの種類が多すぎるワイルドなレストランで毎日パーティー気分♪

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

このレストランはファミリー層を狙ったホテルにぴったりのメニューが多いんです。特に驚くのがハンバーガーメニューの豊富さ。しかもパテは全て和牛を使うという本格派。注文が待てずに子供がぐずり始めても陽気なスタッフが声をかけてくれたり、焼きたてのパンを少しサービスしてくれたりと、安心して過ごせます。

キッズも大喜び!ハンバーガーの種類が多すぎるワイルドなレストランで毎日パーティー気分♪

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

お酒好きもご安心を。ここは南国。たっぷりのハーブが嬉しいカクテルも豊富に揃っています。パパとママはお酒でまったり。子供たちはキッズメニューやハンバーガーを頬張って満足…そんな過ごし方ができます。

プライベートビーチあり!マリンアクティビティやビーチでの買い食いも楽しい!

プライベートビーチあり!マリンアクティビティやビーチでの買い食いも楽しい!

提供元:センタラグランドミラージュビーチリゾートパタヤ

http://www.centarahotelsresorts.com/ja/centaragran…

ホテルの目の前のナクルアビーチ。プライベートビーチが作られているので安心して遊べます。プーケットやサムイ、他の離島に比べると水質が良くないパタヤ。ナクルアビーチはそんなパタヤの中でも水質が良く、安心して泳げる環境です。

プライベートビーチあり!マリンアクティビティやビーチでの買い食いも楽しい!

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

ちなみにメインのパタヤビーチはバナナボードや、ジェットスキー、パラセーリングなどマリンアクティビティーが豊富すぎて、海が大混雑しています。ナクルアビーチは静かに寛ぐ人が多く、とても静か。それでもマリンアクティビティのオフィスがあり、ここを拠点に賑やかなビーチまで出て遊ばせてくれます。

混雑したビーチで遊ぶより、断然こちらがお勧めなのです。

プライベートビーチあり!マリンアクティビティやビーチでの買い食いも楽しい!

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

プライベートビーチなのでガードマンにより物売りは排除されていますが、何か食べたくなったら自分から声をかけに行ってみましょう。日本では高価なマンゴーもタイでは100円程度。その場で手際よく切って食べやすい状態で渡してくれますよ!

ファミリーにお勧め!子供も大人も楽しめる究極の一大リゾート

タイには様々なリゾート地があり、好みで選べるのがいいですよね。パタヤはスワンナプーム空港から直行バスでわずか1時間半。ファミリー旅行は移動距離が長いと子供だけではなく、子供を気付かう大人も疲れ果ててしまうので、無理せず近場のビーチリゾートに行くのが正解。

センタラグランドミラージュビーチリゾートにはご紹介した施設以外にキッズコーナーもあり、子供を預けて大人がゆっくりできる優しさもあります。
離島の隠れ家リゾートでゆっくり過ごしたいというカップルよりは、家族で賑やかに、日常を忘れて遊びたい…という人にお勧めのリゾートホテルです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/12/23−2016/12/24 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ