バラ好きの人必訪!横浜駅側近の「イングリッシュガーデン」

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

バラ好きの人必訪!横浜駅側近の「イングリッシュガーデン」

バラ好きの人必訪!横浜駅側近の「イングリッシュガーデン」

更新日:2017/04/28 15:34

木村 優光のプロフィール写真 木村 優光 和風景写真家、夜景愛好家

横浜駅から相鉄線で一駅の「平沼橋駅」から歩くこと約10分、もしくは横浜駅から徒歩でもアクセス可能な場所に「イングリッシュガーデン」があります。園内にはバラの花がたくさん植えられており、5月もしくは10月には様々なカラーのバラが咲き乱れますが、冬以外に開花する四季咲きのバラも植えられているため、春から秋にかけては常時見頃!大都会の中心で咲くバラの花を見に行って、心を癒してもらおう!

洋風の建物が出迎えてくれる入場ゲート

洋風の建物が出迎えてくれる入場ゲート

写真:木村 優光

地図を見る

「イングリッシュガーデン」は横浜駅から徒歩でもアクセス可能ですが、15分ほど要するため、可能であれば車訪問をオススメします。お隣には「TVKハウジング」と称する住宅展示場があり、そちらの駐車場と兼用のため、かなりの数の車を停めることが可能!

ここでアドバイスを一つ!住宅展示場の西側に位置する「イングリッシュガーデン」ですので、駐車場は入口から奥の方に停めると、車を降りてからのアクセスが容易です。住宅展示場を横目に見ながらJR線の線路側へ歩いていくと、異国情緒漂う入口が見えてきます。(写真)

入口の周囲は庭園の門構えらしく綺麗に整備されていて、花好きの人でしたらすぐにでも入場してみたいと思うほど!しかし入口の建屋内には物品コーナもあるため、先にショップへ足を運びつつ、入場ゲートへ行くのもよいでしょう。

早速園内へ入場してみよう!

早速園内へ入場してみよう!

写真:木村 優光

地図を見る

入場チケットを購入して、早速園内へ入場してみましょう。すぐさまバラをメインとした様々な花が出迎えてくれますので、花好きの方にとっては夢のような癒し空間となります。そして、ツルバラのトンネルが十字に設置されていますので、ゆっくりとくぐってみましょう。

5月も中旬に入ると陽差しの強い日が続きますが、ツルバラのトンネルをくぐっているときは隙間から差し込む陽の光が気持ちよく、さらにバラの花の香りに包まれて、ついついウトウトと・・・。ここが横浜駅側近とは思えないところも醍醐味のうちの一つ!

早速園内へ入場してみよう!

写真:木村 優光

地図を見る

10月に訪問すると季節柄、写真のようにバラのトンネル内にハロウィンのかぼちゃおばけが置かれますので、何気ない演出に思わず笑顔になります。通常のバラは5月中旬と10月中旬の合わせて年二回開花しますが、二回目の開花に合わせてハロウィンの飾りが置かれるので、10月訪問もオススメ!

広々とした園内はあちこちにバラの花が咲き乱れる!

園内には所々に様々な種類のバラが植えられていて、一つ一つ花の特徴と名称を見ていくだけでも非常に良い勉強になります。バラの種類は何百以上もあると言われており、全ての種類を覚えるのは非常に大変ですが、そのうちの何パーセントか覚えることができれば、しめたものです。

写真のようにバラの花に囲まれたベンチなどもあり、一休みしながらバラの花観賞をすることができるのも「イングリッシュガーデン」の良いところ!カメラを持っていればバラと一緒に自撮りなどをしても良いでしょうね。

広々とした園内はあちこちにバラの花が咲き乱れる!

写真:木村 優光

地図を見る
広々とした園内はあちこちにバラの花が咲き乱れる!

写真:木村 優光

地図を見る

「イングリッシュガーデン」という名称柄、写真のように園内の所々には洋風のモニュメントが置かれており、それを囲むようにバラの花が植えられています。したがって写真を撮る方はそれらのコラボレーションを狙ってみるのも面白いでしょう。

なお、ガーデニングを趣味としている方にとっては、「イングリッシュガーデン」の整備された庭園は良い見本となること間違いなし!特にバラに力を入れてガーデニングを始めたい方にはオススメ!ガーデニングの将来設計ができるかもしれませんね。

広々とした園内はあちこちにバラの花が咲き乱れる!

写真:木村 優光

地図を見る

園内には迷路のようにあちこちにバラやその他の花によって囲まれた散策路があり、小さな子供さんと一緒に入園すれば、迷路として楽しむこともできます。またお子さんとバラとの記念撮影もできますし、家族全員での訪問もオススメ!

なお、園内に植えられている植物はむやみに切ったり抜いたりしないようにしましょう。また花壇の中に入って背丈の低い植物を踏んだりしないように注意しましょう。スタッフの方が誠意と想いを込めて作ったガーデンですので、訪問の際には注意して楽しく観賞しましょう。

園内出口を抜けるとバラの花が購入できるコーナーも!

園内出口を抜けるとバラの花が購入できるコーナーも!

写真:木村 優光

地図を見る

「イングリッシュガーデン」では園内の入口とは別に出口が設けられているわけですが、その出口から先はバラの花の苗を購入できるエリアとなります。バラの花が好きな方でしたら一つは購入したくなるでしょう。種類も豊富で複数以上購入する場合であれば、車で訪問することをオススメします。

さらに先に進むと、園内へ入場する際に横を通り過ぎたショップコーナーへと通じていますので、欲しいお土産があれば購入するとよいでしょう。「イングリッシュガーデン」にちなんだおしゃれなお土産も多く、中にはガーデニングに必要な備品なども!

横浜駅側近という立地にありながら!

「イングリッシュガーデン」は横浜駅から近いにもかかわらず、そんな雰囲気をあまり感じさせない園内が特徴的です。しかも車訪問の方には朗報!なんと駐車料金が無料!したがって、車で横浜近郊を訪問する際には是非とも抑えておきたいスポットです。

また、住宅展示場が隣に位置するため、モデルハウスを見て回るのも面白いでしょう。マイホーム購入を考えている方は、ガーデニングとともに将来設計ができてしまうというおまけつき!

因みに「イングリッシュガーデン」の入場料は季節によって変動しますので、詳細は公式ウェブサイトを参照しましょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ