地下140mの地底大国へ!徒歩+ボートで楽しむチェコ「プンクヴァ洞窟」

| チェコ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

地下140mの地底大国へ!徒歩+ボートで楽しむチェコ「プンクヴァ洞窟」

地下140mの地底大国へ!徒歩+ボートで楽しむチェコ「プンクヴァ洞窟」

更新日:2017/04/27 10:47

浅井 みらののプロフィール写真 浅井 みらの 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者、通訳案内士(英語)、世界遺産検定2級

暗闇に浮かぶ奇形の鍾乳石。ひやりとした気温と無音の空間が、更に異次元の世界を創り出します。チェコ南部のモラヴィア・カルスト洞窟群は、広さ100平方kmとヨーロッパ有数のカルスト地形。1100の洞窟があるといわれ、「プンクヴァ洞窟」もそのひとつ。1時間の冒険に繰り出せば、待ちかまえるのは数々の鍾乳石に、地下140mから見上げる壮大な大地の景観。最後はボート乗船など見どころたっぷりな時間を過ごせます。

冒険の始まりはここから

冒険の始まりはここから

写真:浅井 みらの

地図を見る

現在、“モラヴィア・カルスト洞窟群”で一般公開している洞窟は5ヵ所。そのなかでも1909年に発見された「プンクヴァ洞窟(Punkevni jeskyne)」は一番の人気です。洞窟内へのツアーは、鍾乳石と同じ色したインフォメーションセンターから始まります。こちらでガイドと合流し、いざ地下の世界へ出発です。

冒険の始まりはここから

写真:浅井 みらの

地図を見る

約1.2kmのツアー前半は、整備された道を歩きながら鍾乳洞を見学します。ライムストーンと呼ばれる石灰岩は、少なくとも3億5000万年前のものなのだとか。“フロントドーム”と呼ばれる、最初の広い空間で目にする奇形の鍾乳石の集まり。手前に流れる水の反射も美しく、既に神秘さが感じられます。

冒険の始まりはここから

写真:浅井 みらの

地図を見る

ツアーには必ずガイドさんが同行し、プンクヴァ洞窟の歴史や名所をひとつひとつ説明してくれます。こちらのまっすぐに伸びた鍾乳石の名前は“針”。見たままの名前に、確かにっ!と納得し、思わずクスリと笑ってしまいますね。

圧倒的存在感を放つ岩壁にあんぐり

圧倒的存在感を放つ岩壁にあんぐり

写真:浅井 みらの

地図を見る

暗闇と閉鎖的な空間に慣れ始めてきた頃、階段を下り、更に地下を目指すことに。地上から約140mも深く降り立った場所へたどり着くと、突然照らされる光に目がくらみます。“マツォハ峡谷(Macocha)”と呼ばれるこのエリアは、周囲が切り立った壁に囲まれ、頭上からは太陽光が注がれる、まるで大地の裂け目のような場所です。

圧倒的存在感を放つ岩壁にあんぐり

写真:浅井 みらの

地図を見る

通路の先にはゆっくりと見渡せる展望エリアもありますので、ぜひ存分に大自然が造り出した景観をお楽しみください。そびえたつ岩壁からは自然の壮大さと神々しさが感じられます。

圧倒的存在感を放つ岩壁にあんぐり

写真:浅井 みらの

地図を見る

頭上にぽっかりとあいた穴。その穴を見れば、自分がどれだけ深い部分にいるのかが分かりますよ。雪が積もる冬の時期は空気が冷たく、凛とした雰囲気に。春になると崖を覆う植物も増え、より野生らしさが感じられます。

ボートに乗船して、更なる深部へ

ボートに乗船して、更なる深部へ

写真:浅井 みらの

地図を見る

マツォハ峡谷を過ぎればツアーも後半へ。少し歩き疲れたと感じてもご安心ください。嬉しいことに、ツアー後半はボートに乗りながら洞窟を巡ります。ボートでの鍾乳洞探検はモラヴィア・カルスト洞窟群のなかでも、ここプンクヴァ洞窟だけにしかない体験なんですよ。

ボートに乗船して、更なる深部へ

写真:浅井 みらの

地図を見る

ボートのエンジン音が反響するなか、入り組んだ水路を進みます。場所によっては船の幅ギリギリの場所もあり、スムーズに避けていく運転技術の高さに驚きです。

ボートに乗船して、更なる深部へ

写真:浅井 みらの

地図を見る

頭上にも広がる鍾乳石の天井。頭を低くしながら進む場所もあるので、頭上には十分にご注意を。まるで冒険小説に出てくるような世界にワクワクしてきますね。

歴代の英雄の名が刻まれた空間

歴代の英雄の名が刻まれた空間

写真:浅井 みらの

地図を見る

ツアーのクライマックスは“マサリクドーム(Masarykuv dom)”で迎えます。マサリクという名前は、このプンクヴァ洞窟があるモラヴィア地方出身で、チェコスロヴァキア共和国初代大統領を務めたトマーシュ・マサリク氏に由来します。当時、列強国に支配されていたチェコの独立に貢献し、今でも紙幣に肖像が使用されるなど、国民から愛されている人物です。

歴代の英雄の名が刻まれた空間

写真:浅井 みらの

地図を見る

マサリクドームのなかでも、圧倒的な存在感を放っている鍾乳石があります。こちらの“フス”と呼ばれる石筍も、チェコの歴史のなかで欠かすことができないヤン・フス氏が由来。幾年もの年月をかけて作られた大地の芸術作品からは、言葉にできない力強さがみなぎっています。

お持ち帰り用の石はいかが?

お持ち帰り用の石はいかが?

写真:浅井 みらの

地図を見る

約1時間のツアーが終わり、最初に訪れたインフォメーションセンターに辿り着きます。センター内のお土産屋さんでは、水晶など様々な石なども置かれてますので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

自分好みの洞窟を選んでみて

プンクヴァ洞窟は、鍾乳洞だけでなくマツォハ峡谷やボート巡りなど様々な体験ができるのが魅力ですが、他の洞窟4ヵ所も見逃せません。例えば“カテジーンスカー洞窟(Katerinska jeskyne)”の最大の見どころであるメインドームは、広さ100mに及ぶほどで、その大きさはチェコ最大です。その空間を利用して、コンサートが開催される日もあるんですよ。

自然の凄さに圧倒されるモラヴィア・カルスト洞窟群。冒険心がくすぐられる地下帝国への冒険に、いざ繰り出してみませんか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/12/20 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ