九州随一の古刹は仏教美術の宝庫!福岡県太宰府市の観世音寺

| 福岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

九州随一の古刹は仏教美術の宝庫!福岡県太宰府市の観世音寺

九州随一の古刹は仏教美術の宝庫!福岡県太宰府市の観世音寺

更新日:2017/04/27 17:14

乾口 達司のプロフィール写真 乾口 達司 著述業/日本近代文学会・昭和文学会・日本文学協会会員

福岡県太宰府市といえば、古代から中世にわたり、西日本を管轄する大宰府が置かれた地としてご存知の方も多いでしょう。現在も政庁のあったところには建物を支えていた礎石が残り、その壮大さがしのばれますが、その脇に観世音寺という古刹があること、ご存知ですか?この観世音寺、かつては九州随一の古刹であり、現在も数々の仏教美術を残しているのです。今回は仏教美術の粋を集めた観世音寺をご紹介しましょう。

白鳳時代の創建!九州随一の古刹・観世音寺

白鳳時代の創建!九州随一の古刹・観世音寺

写真:乾口 達司

地図を見る

観世音寺(かんぜおんじ)は福岡県太宰府市にある寺院。その創建は7世紀後半の白鳳時代。天智天皇が母親である斉明天皇の追善供養のために発願したとされています。以後、大宰府とともに歴史を積み重ねますが、大宰府の衰亡に寄り添うように衰退。現在の建物はいずれも近世に再建されたものです。

写真は講堂 。こちらも元禄元年(1688年)に再建されたものですが、建物が建っていることで、かつてこの地に仏教文化が花開いたことが視覚的にも理解出来ますね。

往時をしのぶ礎石の数々

往時をしのぶ礎石の数々

写真:乾口 達司

地図を見る

写真は講堂の脇に並ぶ礎石群。礎石とは、柱を支える石のことであり、かつてこの礎石の上に仏堂が立っていたことがうかがえます。こういった礎石は境内のいたるところにあり、観世音寺のかつての規模をしのぶことが出来ます。

往時をしのぶ礎石の数々

写真:乾口 達司

地図を見る

こちらの巨石も礎石の一つ。かつて、ここには五重塔がそびえていました。こちら礎石は塔の内部を上下に貫いていた心柱を支えていた心礎ですが、その巨大さからも、かつて存在した五重塔がいかに大きかったかがうかがえるでしょう。

鑑真がここに!「天下三戒壇」の一つ・戒壇院と巨大な仏像群を展示する収蔵庫

鑑真がここに!「天下三戒壇」の一つ・戒壇院と巨大な仏像群を展示する収蔵庫

写真:乾口 達司

地図を見る

境内の片隅には、戒壇院(かいだんいん)と呼ばれる仏堂も残されています。戒壇院とは、僧侶に戒律を授ける場所のこと。古代日本には全国三箇所にしか戒壇院がなく、ここ、観世音寺は奈良・東大寺、下野国の下野薬師寺と並んで「天下三戒壇」の一つとされていました。

中国から渡航して来た鑑真も当寺に滞在し、日本人僧侶に戒律を授けたことが知られています。事実、鑑真の供養塔とされる石塔も残されており、さまざまな苦難を乗り越えて来日した鑑真がまさしくここにいたことに感動をおぼえる方もいらっしゃるでしょう。

鑑真がここに!「天下三戒壇」の一つ・戒壇院と巨大な仏像群を展示する収蔵庫

写真:乾口 達司

地図を見る

境内の東側には、ご覧のように、コンクリート製の巨大な収蔵庫が建てられています。観世音寺が伝えて来た寺宝の大半はこちらに収蔵されており、一般にも公開されているので、観世音寺に参拝の折にはあわせて訪れてみて下さい。

鑑真がここに!「天下三戒壇」の一つ・戒壇院と巨大な仏像群を展示する収蔵庫

写真:乾口 達司

地図を見る

なかでも、数々の仏像は観世音寺を象徴する名宝として知られています。たとえば、館内中央に立つ馬頭観音・不空羂索観音・十一面観音はいずれも像高5メートル前後の巨像。その大きさは収蔵庫の前に掲示されたご覧の写真からもうかがえることでしょう。ほかにも、大小さまざまな仏像、その他の寺宝が多数展示されており、九州でも有数といわれる名宝の数々をご覧下さい。

こちらも必見!日本最古の国宝・梵鐘

こちらも必見!日本最古の国宝・梵鐘

写真:乾口 達司

地図を見る

収蔵庫の前には、鐘楼も建てられています。鐘楼で注目していただきたいのは、内部に吊されている梵鐘。現在、国宝に指定されています。観世音寺の梵鐘は、奈良・当麻寺、京都・妙心寺のものとともに我が国最古の梵鐘の一つとされています。きわめて貴重なものゆえ、じっくりご覧下さい。

おわりに

観世音寺がその歴史性や文化財としての希少性から、いかに特権的な地位にある寺院であるかがおわかりいただけたでしょう。大宰府天満宮や大宰府政庁跡からもほど近いところにあるため、あわせて参拝すると、観世音寺の豊かな歴史に触れることも出来るでしょう。観世音寺で仏像美術の粋をご堪能下さい。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -