リーズナブルに異国体験!香川・直島「つつじ荘」でモンゴルテント・パオに宿泊

| 香川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

リーズナブルに異国体験!香川・直島「つつじ荘」でモンゴルテント・パオに宿泊

リーズナブルに異国体験!香川・直島「つつじ荘」でモンゴルテント・パオに宿泊

更新日:2017/05/07 16:29

小浜 みゆのプロフィール写真 小浜 みゆ アラサー女子旅ライター、トラベルフォトグラファー

最近グランピングが話題となっていますが、そもそも普通のキャンプにも小学生以来行っていない…という人も多いのでは?でもテントを自分で張るような旅は大変。気軽にキャンプを楽しみながら、異国にいる気分を味わえる宿が香川県・直島にあるんです。しかもリーズナブルな上に、宿があるのは美しい瀬戸内海の目の前という抜群のロケーション。「直島 ふるさと海の家 つつじ荘」をご紹介します。

日本にいながら外国気分を味わえる空間

日本にいながら外国気分を味わえる空間

写真:小浜 みゆ

地図を見る

「直島 ふるさと海の家 つつじ荘」はアートの島・直島にある宿泊施設。直島の観光で欠かせない、町内バスとベネッセアートサイト直島場内シャトルバスの乗り換え場所にあるのでアクセスも便利です。つつじ荘には客室が3タイプあり、和風コテージ、トレーラーハウス、そしてパオ。緑豊かな敷地内にパオが10棟立ち並んでいる空間は、日本にいながらまるで海外にいるような気分に。さらに外国人旅行客も多く宿泊しているので、英語で宿泊者と会話を…なんて楽しみ方も!

写真を撮りたくなるフォトジェニックなパオ

写真を撮りたくなるフォトジェニックなパオ

写真:小浜 みゆ

地図を見る

つつじ荘の中で、一番人気の部屋がパオ。パオとはモンゴルの組み立て式テントのことで、忠実に再現されています。施設内は自然に囲まれているので騒音とは無縁。静かな波の音と鳥のさえずりに耳を傾けながらゆっくりと過ごすことができます。

写真を撮りたくなるフォトジェニックなパオ

写真:小浜 みゆ

地図を見る

パオは2枚扉になっており、1枚開けると色鮮やかなもう1枚のドアが。外で靴を脱いでから入ります。ちなみにパオの中は電気が通っているので夜も明るく、ストーブも設置してあるので肌寒い朝晩も問題なし。コンセントの心配もいりません。

写真を撮りたくなるフォトジェニックなパオ

写真:小浜 みゆ

地図を見る

注目したいのは、柱や天井にある赤や緑のフォトジェニックな装飾。異国気分を高めてくれる内装です。室内は4台のベッドがあるので、キャンプとはいえベッドで快適に眠りにつけるのが嬉しいポイント。最大で4人まで宿泊でき、グループや家族での滞在にもぴったりです。洗面所・トイレは別ですが、すぐ近くにあり清掃も行き届いているので安心して過ごせます。

ゆ〜っくりとした島時間を心行くまで

ゆ〜っくりとした島時間を心行くまで

写真:小浜 みゆ

地図を見る

直島で美術館巡りをするのも良いですが、つつじ荘でベンチに座って海を眺めるのも◎。本を読んだり、ぼーっとしたり…自然の中に身を置いていたら、いつのまに時間がすぎてしまいそう。アートの島だからこそ、感じたことをそのまま絵に描くのも素敵な時間の過ごし方。

ゆ〜っくりとした島時間を心行くまで

写真:小浜 みゆ

地図を見る

つつじ荘はビーチ直結なので、夏は海水浴を満喫したいところ。毎年開催される花火大会では、正面から花火が上がるベストスポット。宿泊予約は半年前から可能なので、希望の日に宿泊するためには早めに予約を。

ゆ〜っくりとした島時間を心行くまで

写真:小浜 みゆ

地図を見る

夜には花火をすれば楽しい思い出に(21時まで。打ち上げ花火禁止)。もしくは15分ほど歩けば21:00(最終入館20:00)まで開館しているベネッセハウスミュージアムに訪れることもできます。夜に美術館に行くのも、徒歩圏内にあるつつじ荘に泊まるからこそできること。

海を眺めながら食事を

海を眺めながら食事を

提供元:直島 ふるさと海の家 つつじ荘

https://www.tsutsujiso.com/地図を見る

朝・夕の食事は事前予約制。海を眺めながら食べる食事は、より一層美味しく感じます。朝は和朝食(税込650円)、洋朝食(税込440円)から好きなメニューを。オススメは瀬戸内直島産の焼き魚が食べれる和朝食。食事場所はお昼には「つつじカフェ」として営業しているので、観光の休憩にも訪れたい場所です。ウッドデッキで風を感じながら幸せなコーヒータイムを過ごして。

写真は、夕食【つつじ御膳】2,700円 (税込)

直島産の"塩"をお土産に

直島産の"塩"をお土産に

写真:小浜 みゆ

地図を見る

カフェに併設されているショップでは、直島のお土産がずらりと並びます。直島で作られているSOLASHIO(ソラシオ)は要チェック。一般的な大量生産の製造方法とは異なり、太陽の熱だけで作る完全天日塩です。直島の人が手間ひまかけた粗めのお塩は、ほんのり甘みを感じる美味しさ。

非日常をリーズナブルに体験して

「直島 ふるさと海の家 つつじ荘」のパオへの宿泊は、通常期・税込3,780円(大人一名)、繁忙期・税込4,320円(大人一名)と、とてもリーズナブル。凝り固まった「心」をほぐしてくれる、そんな癒しの時間を過ごせる宿です。あなたも直島でアートに触れながら、つつじ荘に泊まる旅をしてみてはいかが?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ