日本一の足湯 雲仙市小浜温泉「ほっとふっと105」周辺は夕日もグルメも楽しめる観光スポット

| 長崎県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本一の足湯 雲仙市小浜温泉「ほっとふっと105」周辺は夕日もグルメも楽しめる観光スポット

日本一の足湯 雲仙市小浜温泉「ほっとふっと105」周辺は夕日もグルメも楽しめる観光スポット

更新日:2017/05/23 15:57

肥後 球磨門のプロフィール写真 肥後 球磨門

長崎県雲仙市にある小浜温泉は橘湾を臨む風光明媚な温泉地です。海岸沿いには橘湾に沈む夕日を眺めながら散策できる小浜マリンパークがあり、パーク内には温泉蒸し料理が楽しめる施設や、橘湾に沈む夕日を眺めながら楽しめる日本一の足湯「ほっとふっと105」があります。小浜温泉は温泉入浴だけでなく「ちゃんぽん」も名物で寿司屋さんでも自慢のちゃんぽんが味わえます。温泉とちゃんぽんの町「小浜温泉」を紹介します。

ペットも楽しめる日本一の足湯「ほっとふっと105」

ペットも楽しめる日本一の足湯「ほっとふっと105」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

島原半島の雲仙岳の麓にある小浜(おばま)温泉は長崎自動車道 諫早ICから国道57号線を経由しておよそ50分で到着します。
青い海が広がる橘湾に面する小浜温泉には海沿いに小浜マリンパークがあり日本一の足湯「ほっとふっと105」が整備されています。ほっとふっと105の「105」は小浜温泉の源泉温度にちなんだもので、足湯の長さも105mになっています。

ペットも楽しめる日本一の足湯「ほっとふっと105」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

足湯の温泉は温泉が湧きあがる湯棚から流れてきます。100度以上の源泉からは迫力ある湯煙が立ち上り、豊富な温泉が絶え間なく足湯に供給されています。

ペットも楽しめる日本一の足湯「ほっとふっと105」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

足湯には、底に小石が埋め込まれていて歩くと足裏のツボを刺激する「ウォーキング足湯」やペット用の足湯も用意されています。
マリンパークをペットと一緒に散策し橘湾の景色を眺めながら足湯で一休みしてはいかがでしょうか。

100℃以上の源泉温度だから楽しめる温泉蒸し料理

100℃以上の源泉温度だから楽しめる温泉蒸し料理

写真:肥後 球磨門

地図を見る

ほっとふっと105のそばにあるのが源泉温度105度という小浜温泉の高温泉を使った「蒸し釜」です。無料で利用できる施設で、この釜で卵や野菜、魚介類の温泉蒸し料理を堪能できます。(食材を入れる蒸しかごは有料です)

好きな食材を持ち込んで美味しい温泉蒸し料理をいただきませんか?食材は近くにある「うんぜん自由市場」でも手に入れることができます。卵でおよそ10分、じゃがいもは小さいものだとおよそ20分、とうもろこしは10分で蒸しあがります。
蒸しあがるまで足湯でのんびり待つのもおススメです。

100℃以上の源泉温度だから楽しめる温泉蒸し料理

写真:肥後 球磨門

地図を見る

自分で蒸すのはちょっと・・という方におススメなのがほっとふっと105の近くにある「海鮮市場 蒸し釜や」です。ここでは温泉蒸し料理だけでなく、生簀で泳ぐ新鮮な魚の刺身や温泉プリンもいただけるので、小浜温泉の味を思い切り堪能できるのではないでしょうか。

小浜温泉の歴史を知る「小浜歴史資料館」

小浜温泉の歴史を知る「小浜歴史資料館」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

ほっとふっと105から徒歩5分の小高い場所に、歴史を感じさせる門構えの「小浜歴史資料館」が建っています。ここには湯太夫展示館と歴史資料展示館の二つの建物があり、小浜温泉の歴史を知るとともに昔懐かしい小浜温泉に出会える資料館となっています。

小浜温泉の歴史を知る「小浜歴史資料館」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

湯太夫展示館(湯太夫とは、温泉を管理する代官のこと)は小浜温泉発展の礎を築いた本多湯太夫の邸宅で1844年に建築されたものです。邸内は本多湯太夫の歴史や功績を紹介する展示室となっていて、当時の道具や着物などが紹介されています。

小浜温泉の歴史を知る「小浜歴史資料館」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

歴史資料展示館では小浜の歴史や交通、温泉の特色などが展示解説されています。展示物からは昔の小浜温泉街の風情が浮かび上がりノスタルジックな空間が広がるおススメの施設です。

橘湾に沈む夕景に感動!

橘湾に沈む夕景に感動!

写真:肥後 球磨門

地図を見る

島原半島の西側、橘湾に面した場所にある小浜温泉は素晴らしい夕景を楽しむことができるのも魅力です。橘湾に面して立つ多くの旅館の客室からや、宿によっては露天風呂に入浴しながら絶景の夕日を楽しめます。

橘湾に沈む夕景に感動!

写真:肥後 球磨門

地図を見る

この素晴らしい夕景を楽しむのにおススメの場所が「ほっとふっと105」のある小浜マリンパークです。眼前に遮るものがないので思い切り小浜温泉自慢の夕景を楽しむことができます。
特に足湯を楽しみながら橘湾に沈んでいく夕日を眺めるのは至福の時間です。
西の空がオレンジに染まる頃に足湯に浸かり、心地よい潮風に吹かれながら波の音を聴き、のんびりと贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょう。
温泉入浴と同じくらいの癒し効果があるようでおススメです。

日本三大ちゃんぽんのひとつ「小浜ちゃんぽん」

日本三大ちゃんぽんのひとつ「小浜ちゃんぽん」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

日本三大ちゃんぽんといわれるのが、長崎ちゃんぽん、熊本の天草ちゃんぽん、そして小浜温泉の「小浜ちゃんぽん」です。小浜温泉では、洋食屋さんやお寿司屋さんなどちゃんぽんに縁のないようなお店も独自のちゃんぽんを提供しています。
20軒近くある小浜ちゃんぽん提供店は、小浜ちゃんぽん愛好会公認の小浜ちゃんぽんMAPに掲載されているのでマップを片手に食べ歩いてみてはいかがでしょうか。

写真は「ほっとふっと105」と国道を挟んだ場所にある「味処よしちょう」のちゃんぽんです。元々がおすし屋さんだけあってあっさり上品なスープのちゃんぽんと新鮮なネタの握り寿司がセットになったメニューがおススメです。

日本三大ちゃんぽんのひとつ「小浜ちゃんぽん」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

夕景と温泉に癒される小浜温泉に出かけませんか?

105度の源泉が湧き出る小浜温泉。その源泉の温度を名前につけた105メートルの長さがある足湯「ほっとふっと105」の目の前には橘湾の青い海が広がっています。
足湯を楽しみ、名物のちゃんぽんや高温の温泉で蒸される温泉蒸し料理に舌鼓。
食と景色と温泉で訪れる人の心をつかむ小浜温泉に出かけ、日ごろの疲れを癒しませんか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ