「日本最後の清流」四万十川で絶景サイクリング!高知・江川崎からのお手軽コースは初心者にもおススメ

| 高知県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

「日本最後の清流」四万十川で絶景サイクリング!高知・江川崎からのお手軽コースは初心者にもおススメ

「日本最後の清流」四万十川で絶景サイクリング!高知・江川崎からのお手軽コースは初心者にもおススメ

更新日:2017/05/09 22:42

さかた のぞみのプロフィール写真 さかた のぞみ 1人女子旅応援サポーター、トラベルライター

その透明度から「日本最後の清流」という異名を持つ高知県の四万十川。川沿いを車でドライブするのが最も一般的ですが、せっかくの大自然を満喫するにはサイクリングが一番おススメです!
今日ご紹介するのは、予土線の江川崎駅を基点としたお手軽サイクリングコース。高低差も少なく、初心者にもおススメのコースです!澄み切った四万十川を眺めながらのサイクリングは気分も最高!いざサイクリングの旅に出かけましょう!

サイクリングのスタートは予土線「江川崎」駅から!

サイクリングのスタートは予土線「江川崎」駅から!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

予土線は愛媛県宇和島市と高知県四万十市を結ぶ鉄道で、四万十川の上流を走ることから「しまんとグリーンライン」というニックネームも持っています。

こちらの予土線の魅力といえば、なんと言ってもその車体のユニークさ!予土線の利用客促進を図って作られた「ホビートレイン」は、利用客にも抜群の人気です!

写真は新幹線をデザインした車両。たった1両の車両で、ゆっくりゆっくり走るのに、外から見れば新幹線。そのかわいらしさから絶大な人気を誇ります。子供と一緒にお出かけすれば大喜び間違いなしです!

サイクリングのスタートは予土線「江川崎」駅から!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

こちらは四万十川のカッパをデザインした車両。車内にはカッパのフィギュアや、一緒に記念撮影することも出来るカッパのモニュメントなどもあり、予土線の魅力もカッパがしゃべって教えててくれます!

ぜひ様々な「ホビートレイン」に乗って江川崎駅を目指しましょう!

サイクリングのスタートは予土線「江川崎」駅から!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

江川崎駅は非常に小さな駅で、駅に着くとすぐに「ようこそ四万十の里へ」という文字がお出迎えしてくれます。さらに江川崎は2013年に、国内観測史上最高気温となる41.0度を記録した街!こちらの駅で41.0度にちなんだ記念写真を撮ることも出来ます。

ここからいよいよ四万十川サイクリングが始まります!駅に併設された「ふるさと案内所ターミナル」で、早速レンタサイクルしましょう!ロードバイクがメインになりますが、ママチャリを借りることも可能です。

真っ赤な鉄橋「津大橋」をくぐり抜けよう!

真っ赤な鉄橋「津大橋」をくぐり抜けよう!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

江川崎駅から四万十川沿いにサイクリングすると、約20分ほどで真っ赤な鉄橋が見えてきます。

それがこちらの「津大橋」。エメラルドグリーンに近い四万十川の色と津大橋の赤色が非常に良い組み合わせです。

真っ赤な鉄橋「津大橋」をくぐり抜けよう!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

外から眺める景色もよいですが、真っ赤な橋をくぐり抜ける景色は圧巻!車道が少々狭いので、景色に気を取られすぎず、車にも十分注意しましょう!

実はこちらの津大橋が一つの重要な分かれ目。ここで橋を渡らないとひたすら山道に迷い込んでしまいますので、必ずこの橋を渡りましょう!橋を渡り終えれば再び四万十川沿いでサイクリングを楽しむことが出来ます!

これぞ四万十川の絶景!「岩間沈下橋」で折り返し!

これぞ四万十川の絶景!「岩間沈下橋」で折り返し!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

四万十川にはいくつもの「沈下橋」という橋がかけられています。これは文字通り、増水時には沈下するように設計された橋で、一般的な橋と違って欄干がないのが特徴です。

こちらは江川崎から自転車で40分ほどで到着できる「岩間沈下橋」。四万十川のシンボルの一つにもなっているこちらの橋は、休日にもなると多くの観光客でにぎわいます。

これぞ四万十川の絶景!「岩間沈下橋」で折り返し!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

欄干のない沈下橋では、過度のよそ見は厳禁!自転車も必ず降りて歩くようにしましょう!さらにこちらの橋では実際に業者の車が頻繁に行き来するので、渡る際には十分な注意が必要です。

こちらの「岩間沈下橋」を折り返し地転にすると、初心者向けの程よいコースとなりますが、体力に自信のある方はそのままひたすら下っていくことももちろん可能です。ちなみに江川崎から中村駅までは約4時間の道のりですので、我こそはという方はぜひ挑戦してみてください!

カメラ必携!四万十川の絶景スポット!

カメラ必携!四万十川の絶景スポット!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

「岩間沈下橋」から数分ほど足を伸ばしたところに、四万十川随一の絶景ポイントがあります。特に展望台になっているわけでもなく、ただ国道の脇から見える景色なのですが、それがなんとも絶景!多くの人がカメラを構えているので、初めての方でもわかりやすい場所です。

カメラ必携!四万十川の絶景スポット!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

こちらの絶景スポットからは、すぐお隣の「かよう大橋」も望むことができます。四万十川初の斜長橋である「かよう大橋」の雄姿もお楽しみください!

サイクリングの特権!街の風景をのんびり眺めよう!

サイクリングの特権!街の風景をのんびり眺めよう!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

以上に紹介したような名物スポットももちろんですが、四万十川サイクリングの醍醐味はなんと言っても絶景を楽しみながらサイクリングできるということ。何の変哲もない場所でも、ふと目を奪われてしまうことがたくさんあります。

こちらもその中の一つ。ちょうど山が四万十川に反射して、逆さに映っているのがわかります。

サイクリングの特権!街の風景をのんびり眺めよう!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

四万十川ではカヌーなどのアクティビティを楽しむ人も見られます。こうした何気ない景色も思わず見とれてしまうような絶景になりますね。

サイクリングの特権!街の風景をのんびり眺めよう!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

川から一歩入れば、そこには田園風景を見ることもできます。ゆずの産地としても有名な四万十川周辺。ぜひ道の駅などで新鮮なゆずを思い出に購入してみてはいかがでしょうか?

初心者でも十分楽しめる!四万十川絶景サイクリング

いかがでしたでしょうか?「サイクリング」と言うと「私には大変そう・・・」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、こちらのコースは高低さもほとんどなく、本当にお手軽に四万十川を満喫できてしまう絶景コースです!

ぜひあなたも四万十川の絶景を自転車から思う存分満喫してみてはいかがでしょうか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ