英国バッキンガム宮殿でティータイム?夏限定のガーデンカフェ

| イギリス

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

英国バッキンガム宮殿でティータイム?夏限定のガーデンカフェ

英国バッキンガム宮殿でティータイム?夏限定のガーデンカフェ

更新日:2017/05/31 10:15

馬場 ゆうこのプロフィール写真 馬場 ゆうこ トラベルライター

イギリスを訪れる目的は人それぞれですが、夏にロンドンを訪れるならぜひともプランに入れてほしいのが、バッキンガム宮殿内部の見学。そう、あのバッキンガム宮殿の内部が見学できるチャンスが夏なのです。宮殿の内部を見学したあとは、テラスのガーデンカフェで中庭を眺めながら、ロイヤルなティータイムはいかがですか?
そんな夢のような体験をご紹介します。

バッキンガム宮殿の内部を見学するには、事前にチケットを購入しましょう

バッキンガム宮殿の内部を見学するには、事前にチケットを購入しましょう

写真:馬場 ゆうこ

地図を見る

毎年、エリザベス女王がスコットランドに滞在される夏の期間は、バッキンガム宮殿の一部が一般公開されます。私達がよく目にするのはバッキンガム宮殿の東正面で、エリザベス女王は宮殿内の北側にお住まいです。
実は、一般公開が始まったきっかけは、エリザベス女王が週末を過ごされるウィンザー城で1992年に起こった火事によって、王室は多額の修復費用が必要になったためなのです。

宮殿内部を見学するにはチケットが必要ですが、インターネットで購入可能ですので、事前に購入されることをおすすめいたします。購入時に入場時間指定ができますので、衛兵交替式が行われる日を調べて、交替式を見たあとに宮殿見学の入り口に向かう方法もあります。
ガーデンハイライトツアーがセットになったチケットも発売されますが、こちらは早く売り切れてしまいますのでガーデンに興味がある方は早めに購入しましょう。

※2017年の一般公開日は7月22日〜10月1日です。

バッキンガム宮殿の西正面がフォトスポット

バッキンガム宮殿の西正面がフォトスポット

写真:馬場 ゆうこ

地図を見る

一般公開されるのは、ステートルーム(公式諸間)19室。豪華絢爛な部屋はそれぞれ見ごたえがあり、日本語オーディオガイドの解説を聞きながら19室を見学するのに、最低2時間はかかります。部屋に飾られている王室コレクションの名画の数々をじっくり見たい方はさらに時間が必要です。中には、王室メンバーのウェディングフォトが撮影された部屋があったり、見覚えのある部屋がいくつかあるかもしれません。

宮殿内の見学を終えて宮殿の西側に出ると、美しいガーデンが広がっています。宮殿内部で写真撮影はできませんが、西正面での写真撮影は許可されていますので、記念写真はここで撮りましょう。
そして夢のような時間はまだまだ続きます・・

夏限定でガーデンカフェがオープン!

夏限定でガーデンカフェがオープン!

写真:馬場 ゆうこ

地図を見る

バッキンガム宮殿では、夏の一般公開に合わせて宮殿西側のテラスにガーデンカフェがオープンします。バッキンガム宮殿見学のチケットを手に入れ内部を見学した人しか利用できないスペシャルなカフェなので、バッキンガム宮殿の中庭を眺めながら、ティータイムを楽しんでみてはいかがですか?
混み合っている場合がありますが、ここはどうか諦めずに席が空くまで待って下さい!

夏限定でガーデンカフェがオープン!

写真:馬場 ゆうこ

地図を見る

カフェでは紅茶、パティシエ特製のケーキ、サンドウィッチなどがいただけます。時がゆったりと流れるバッキンガム宮殿でのティータイムは大人もワクワクする貴重な体験。女王様がお住まいの宮殿でお茶ができるなんて、イギリスだけかもしれませんよ。

さいごに

ガーデンを通って出口に向かいますが、途中でお土産売り場にもぜひ立ち寄ってみましょう。紅茶、ビスケット、ワイン、ホームウェア、エリザベス女王が飼っているコーギー犬のぬいぐるみなど可愛いグッズまで揃っています。
そしてゆっくりガーデンを歩き、出口を出るまでバッキンガム宮殿を楽しんで下さい。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/06/01−2016/09/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ