梅雨も無問題!雨でも楽しめる沖縄・石垣島での5つの過ごし方

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

梅雨も無問題!雨でも楽しめる沖縄・石垣島での5つの過ごし方

梅雨も無問題!雨でも楽しめる沖縄・石垣島での5つの過ごし方

更新日:2017/05/08 13:17

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

沖縄の梅雨は平均で5月初旬から6月下旬。石垣島などの南に位置する離島だと、さらに早い時期に梅雨モードになります。でも沖縄の梅雨はスコールが多くなるだけで、雨が降っている時間は意外と短い。といっても天気は不安定なので、石垣島だと天候に左右される川平湾などの景勝地巡りよりも、おすすめの過ごし方を5つ紹介。梅雨でも台風シーズンでも無問題(モウマンタイ)!天気を気にせず石垣島旅行を思う存分楽しもう!!

1.雨なら迷わず石垣島の先の離島へ!西表島なら雨の方が楽しめる!?

石垣島と言えば川平湾など青い海が織りなす景勝地が特徴ですが、その景色も梅雨など天気がイマイチな時は魅力ダウン。曇っているとビーチでも、本来の綺麗さとはほど遠いものになるかもしれません。でも石垣島がある八重山諸島には、雨でも楽しめる離島がたくさんあり、中でも一押しなのが亜熱帯のジャングルが特徴の「西表島」。石垣島から船で西表島南部の大原港まで約40分、北部の上原港まで約45分で往来可能。便数も多いので、石垣島からでも気軽に日帰りもできます。

西表島と言えばマングローブの森や、豪快な滝が特徴ですが、そのどちらも雨の方がさらにいい雰囲気。マングローブの森なら上原港から車で約15分の「大見謝ロードパーク」がおすすめ。なんとマングローブの森の中まで、駐車場からウッドデッキが整備されており、ツアーに参加しなくても気軽にジャングルの中まで入ることができます。

そして雨の方が楽しさ倍増するのが「滝」。西表島には多くの滝があり、雨の時は滝の水量が増えるので、普段以上の豪快な水落が楽しめます。一押しは上原港からもほど近い船浦湾の先にある「ピナイサーラの滝」。沖縄ナンバーワンの落差を誇る滝で、上原港発のツアーが多く開催。石垣島からの日帰りでも気軽に参加可能です。またこのツアーならマングローブの森の中をカヌーで遡上するので、滝だけじゃなくマングローブの森も楽しめます。

また上原港から車で10分の「浦内川」へ行けば、予約不要で滝巡りのトレッキングも可能。遊覧船でマングローブの森を遡上し、中流からは船を下りてジャングルトレッキング。豪快な水落の「マリユドゥの滝」と、段々の水落がダイナミックな「カンピレーの滝」を気軽に見ることができます。また木々が生い茂ったジャングルの中をトレッキングしますので、雨が降ってもほとんど気になりませんし、何より雨の時は滝の水落がさらに豪快に!

西表島は「雨でも楽しめる」、いや「雨の方が楽しめる」離島だったんです。石垣島で天気がイマイチの時は、迷わず西表島へ渡りましょう!!

1.雨なら迷わず石垣島の先の離島へ!西表島なら雨の方が楽しめる!?

写真:離島 こむ

地図を見る
1.雨なら迷わず石垣島の先の離島へ!西表島なら雨の方が楽しめる!?

写真:離島 こむ

地図を見る

1.雨なら迷わず石垣島の先の離島へ!西表島なら雨の方が楽しめる!?

写真:離島 こむ

地図を見る

2.南国らしい花々はいつでも綺麗!竹富島へ渡って古き良き町並みを散歩!!

八重山諸島には西表島以外に雨でも楽しめる離島がたくさん。石垣島から船で約10分の「竹富島」も、雨でも楽しめる離島です。通常はレンタサイクルで島巡りをする竹富島ですが、さすがに雨だと自転車は厳しい。でも竹富島はポイントを抑えれば、徒歩でも十分楽しめます。おすすめは古き良き沖縄らしい町並みが望める、竹富集落の散策に絞ること。しかも竹富集落は1年を通して花盛り。天気がイマイチな時でも花の色はとても鮮やかです。

真っ赤なハイビスカスに、濃いピンク色や紫色のブーゲンビリアに、色とりどりのユリなど。竹富島の集落内なら至る所で鮮やかな花の色を楽しめます。雨や曇っているときでも、竹富島の町並みはいつもと変わらぬ感動を与えてくれます。石垣島からの船も30分に1本の間隔で出ていますので、気軽に日帰りできるのも竹富島のいいところ。天気がイマイチなときは、是非とも竹富島へ渡りましょう!!

2.南国らしい花々はいつでも綺麗!竹富島へ渡って古き良き町並みを散歩!!

写真:離島 こむ

地図を見る
2.南国らしい花々はいつでも綺麗!竹富島へ渡って古き良き町並みを散歩!!

写真:離島 こむ

地図を見る

2.南国らしい花々はいつでも綺麗!竹富島へ渡って古き良き町並みを散歩!!

写真:離島 こむ

地図を見る

3.日焼けを気にせず星砂探しを好きなだけ!人口わずか50人の鳩間島へ!!

西表島の北に浮かぶ、人口わずか50人前後の小さな離島「鳩間島」。ドラマ「瑠璃の島」のロケ地にもなった離島で、瑠璃色の海が特徴です。でも天気がイマイチなときは、さすが瑠璃色の海は望めませんが、注目はその手前の砂浜。鳩間島の砂浜はどこへ行っても星形の砂、いわゆる「星砂」が拾えるんです。沖縄以外ではなかなかお目にかかることができない珍しい砂が鳩間島には至る所にあるんです。

しかも天気がイマイチなときなら、星砂探しで気になる「日焼け」の心配も不要。好きなだけ星砂探しをすることができます。ちなみに満足がいく星砂が見つからなくても、集落内の「民宿まるだい」さんの角に、星砂の無人販売所があるのでご安心あれ。島自体も歩いて一周1時間程度で回ることができますので、天気がイマイチな時は鳩間島で星砂探しをしながら島巡りをするのもおすすめです。もちろん鳩間島へは石垣島や西表島から日帰りも可能です。

3.日焼けを気にせず星砂探しを好きなだけ!人口わずか50人の鳩間島へ!!

写真:離島 こむ

地図を見る
3.日焼けを気にせず星砂探しを好きなだけ!人口わずか50人の鳩間島へ!!

写真:離島 こむ

地図を見る

3.日焼けを気にせず星砂探しを好きなだけ!人口わずか50人の鳩間島へ!!

写真:離島 こむ

地図を見る

4.雨の定番?竹富島と由布島の「水牛車」でのんびりした雰囲気を満喫!!

沖縄で「水牛車」といえば、沖縄本島にもありますが、八重山諸島の竹富島と由布島のものが特に有名。石垣島で雨の場合は、この2つの離島へ渡って水牛車に乗るのはもはや雨の日の定番です。なにせ水牛車には屋根があるので雨でも安心。竹富島では水牛車で古き良き町並みを巡り、由布島では浅瀬の海を水牛車で渡って、のんびりとした雰囲気を満喫できます。

ちなみに竹富島では水牛車に乗れば、港と集落までの送迎もしてもらえますので、島内移動も楽ちん。水牛車に乗った後は、のんびり歩いて集落を散策しましょう。由布島へ行くには、石垣島から西表島南部の大原港へ船で渡り、そこからバスやタクシーで由布島入口まで移動。あとは水牛車に乗って由布島上陸です。もちろん西表島ならマングローブの森も滝も楽しめますし、全てを網羅するツアーもあります。

石垣島で雨の場合、「西表島」と「竹富島」は、もはや必須レベルです!!

4.雨の定番?竹富島と由布島の「水牛車」でのんびりした雰囲気を満喫!!

写真:離島 こむ

地図を見る
4.雨の定番?竹富島と由布島の「水牛車」でのんびりした雰囲気を満喫!!

写真:離島 こむ

地図を見る

5.石垣島なら中心街がおすすめ!みんさー工芸館とモールで離島らしさを満喫!!

石垣島で雨の場合、その先の離島へ渡るのがおすすめですが、もちろん石垣島内でもいろいろ楽しめます。でも石垣島は意外に広いので、雨の時は石垣島の中心街に絞るのがおすすめです。定番は中心街にある「モール」巡り。屋根があるので、雨の際に過ごすには最高です。お土産屋がたくさん並んでいますが、おすすめはモール端っこにある「たましろ鮮魚店」。基本的に刺身などの鮮魚がメインですが、おやつやお土産にもなるサータアンダギーがおすすめ!

また石垣島らしい伝統工芸を見たり体験するなら、石垣市街の内陸にある「みんさー工芸館」がおすすめ。八重山地方の伝統工芸品「みんさー織り」を体験することもできますし、みんさー織りの工芸品の品揃えは島一番!石垣島土産にみんさー織りは超おすすめです!!石垣島先の離島へ行くのも億劫なときに、これらのインドア施設はおすすめです。

5.石垣島なら中心街がおすすめ!みんさー工芸館とモールで離島らしさを満喫!!

写真:離島 こむ

地図を見る
5.石垣島なら中心街がおすすめ!みんさー工芸館とモールで離島らしさを満喫!!

写真:離島 こむ

地図を見る

石垣島で天気がイマイチな時はその先の離島へ!西表島・竹富島・鳩間島が一押し!!

離島で天気がイマイチな時、ガイドブックの情報だけだと何をするか困ってしまいますが、雨でも楽しめる過ごし方を知っておけば安心。石垣島旅行で天気がイマイチな時は、その先の西表島・竹富島・鳩間島へ渡ることが断然おすすめです。特に西表島は雨の方が楽しめるぐらいなので、天気がイマイチでも無問題(モウマンタイ)。「梅雨」でも「台風後」でも、楽しみ方を知っていれば満足できること間違いなし。天気を気にせず石垣島旅行を楽しみましょう!もちろん、晴れたら景勝地やビーチにも行きましょう!!

掲載内容は執筆時点のものです。 2008/11/12−2016/07/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ