「蘇州工業園区」見た?水郷と一味違う観光ならココ!

| 中国

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「蘇州工業園区」見た?水郷と一味違う観光ならココ!

「蘇州工業園区」見た?水郷と一味違う観光ならココ!

更新日:2017/05/22 16:26

天草野 黒猫のプロフィール写真 天草野 黒猫 元バックパッカー

中国蘇州は例えるなら「両面刺繍」と言われます。水辺をゆったり船が行きかい、柳そよぐ美しい水郷。古い町並みを大切にしている蘇州。そして、もう一面は都会的、現代的一面です。中でも金鶏湖周辺の「蘇州工業園区」は一見の価値ある場所。ショッピングはもちろんの事、美術館や映画館、湖のほとりの観覧車など見所満載です。特に湖に夕陽が沈む頃は美しい!意外と知られていない蘇州のもう一つの顔。立ち寄ってみませんか?

蘇州工業園区はフォトジェニック

蘇州工業園区はフォトジェニック

写真:天草野 黒猫

地図を見る

蘇州は2つの顔を持つ街といわれ、よく知られているのが水郷の古い町並みのイメージです。そして、もうひとつの顔はモダンな都市の顔。湖や水郷の多い蘇州ですが、その中でも「金鶏湖」周辺は蘇州工業園区の中心にあり、都会的な街並みと湖のほとりに美しい遊歩道がある気持ちの良い場所です。

蘇州工業園区はフォトジェニック

写真:天草野 黒猫

地図を見る

湖の周辺、蘇州工業園区「円融時代広場」の遊歩道ではゆったり散歩やジョギングを楽しむ姿もよくみられます。都会的な景色の中にも静かな気持ちの良い場所。遊歩道にはフォトジェニックなオブジェなどもあり、夕暮れ時には印象的な写真をとることもできます。オブジェからのぞく蘇州の街。水郷のイメージと全く別の一面を垣間見る事のできるおもしろいエリアです。

蘇州工業園区はフォトジェニック

写真:天草野 黒猫

地図を見る

湖側と逆をみると、ビルが印象的な蘇州工業園区「円融時代広場」。周辺にはノボテル蘇州SIPやインターコンチネンタルホテル蘇州などの有名なホテルも多くあり、中国最大の百貨店「久光百貨」なども入っています。

どこかに似ているこの風景、そう!シンガポールに似ていませんか?蘇州工業園区は正式には中国シンガポール蘇州工業園区。蘇州市政府とシンガポール政府で共同開発された区域なんです。

金融・保険多くの企業が集結する「蘇州工業園区」

金融・保険多くの企業が集結する「蘇州工業園区」

写真:天草野 黒猫

地図を見る

「蘇州工業園区」は銀行、保険などの多くのオフィスビルが集結するエリアでもあります。その為、働く人々の生活エリアでもあるので便利。レストランやカフェなども効率よく集まっています。夕陽を楽しんだあとは湖をみながらゆっくり夕食もいかがですか?中華料理のお店はもちろんのこと、日本企業もこのエリアにはあるため日本食のお店もあります。

金融・保険多くの企業が集結する「蘇州工業園区」

提供元:江蘇省蘇州市観光局

地図を見る

蘇州工業園区の「円融時代広場」で見逃せないのが、天井スクリーンを使った光のショーです。円融天幕西街の長さ500メートルの天井にLEDライトを使ったこの天井スクリーンショー。世界一長いといわれ、19:00、19:45、20:30から天井スクリーンを使ったショーが行われます。

愛称は「鳥の巣」!蘇州科技文化芸術センター

愛称は「鳥の巣」!蘇州科技文化芸術センター

写真:天草野 黒猫

地図を見る

「蘇州工業園区」に一際目立つライトアップの建物があります。「蘇州科学技術文化芸術センター」です。この施設は愛称が「鳥の巣」。劇場や映画館、芸術やアートの展示ホールなどが集まった施設です。何色にも変わる夜のライトアップが美しい施設。のぞいてみませんか?

対岸には世界一の門「東方之門」

対岸には世界一の門「東方之門」

写真:天草野 黒猫

地図を見る

蘇州工業園区「円融時代広場」から対岸を見ると、世界一の門「東方之門」が独特の風景を作ってくれています。高さ301.8Mの建物。昼間でも目をひく建物ですが、夕暮れ時はちょうど「東方之門」側に陽が沈んでとても美しい風景。同じ水辺の風景でありながら、歴史文化街区とは全く異なる風景がここにはあります。

対岸には世界一の門「東方之門」

写真:天草野 黒猫

地図を見る

夕陽の時刻のそぞろ歩きもおすすめです。穏やかな湖面。吹き抜ける風。よく整備され、緑も多い湖畔に沈む夕日の美しさ。そして、日本と同じく安心してすごせる安全さもあります。しかし、やはり海外、用心もお忘れなく。

「東方之門」の対岸には大きな観覧車!

「東方之門」の対岸には大きな観覧車!

写真:天草野 黒猫

地図を見る

「金鶏湖の目」と称される大きな観覧車も目を引きます。この観覧車は「東方之門」の対岸にあり、中国最大の水上観覧車で高さ120メートル。二階建てのメリーゴーランドや多くの遊戯施設のある「観覧車楽園」の中に在ります。美しい湖を見ながらのってみませんか?

モダンだけど穏やかな蘇州の別の顔!

水の蘇州のもう一つの顔「蘇州工業園区」、なかなか日本では紹介されない一面でもあります。観光でいくなら歴史文化街区をまずはみたいものですが、少し長く滞在する方や夕暮れ時に時間がある方にはおすすめです。

蘇州駅からだとタクシーで25分程度。地下鉄だと1号線「時代広場」駅下車。蘇州の別の一面もみていきませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/01−2017/05/04 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -