リピ買い必至!台湾の「いいもの」がたくさん詰まった迪化街のセレクトショップ!

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

リピ買い必至!台湾の「いいもの」がたくさん詰まった迪化街のセレクトショップ!

リピ買い必至!台湾の「いいもの」がたくさん詰まった迪化街のセレクトショップ!

更新日:2017/05/25 10:35

泉 グルンのプロフィール写真 泉 グルン フリーランスライター

レトロな建物がならぶ台北の迪化街は、乾物や中国茶など台湾らしいお土産が買える人気のエリア。その一角にある「ニー(にんべんに尓)好我好」は、台湾在住の日本人コーディネーター青木由香さん経営のセレクトショップです。実際に住んでいるからこそわかる、メイドイン台湾の本当に「いいもの」が台湾各地から集められています。自分で使っても、人にあげてもよろこばれるハッピーなお土産がきっと見つかりますよ。

雑貨から洋服、食品まで、台湾を知り尽くす名物オーナーが選び抜いた逸品ばかり!

雑貨から洋服、食品まで、台湾を知り尽くす名物オーナーが選び抜いた逸品ばかり!

写真:泉 グルン

地図を見る

店内には商品が整然と並んでいて、とても見やすい雰囲気。おもわず手に取りたくなるようなカワイイ雑貨から、洋服、靴、食品まで幅広いジャンルのものがあります。よく見ると、こけしなど日本のものも!? 

実はこちらのお店のコンセプトは「台湾と日本の良いもの、良い人を紹介する店」。日台両方の人が互いに興味を持てる、そんなきっかけ作りができるようなステキなお店です。

雑貨から洋服、食品まで、台湾を知り尽くす名物オーナーが選び抜いた逸品ばかり!

写真:泉 グルン

地図を見る

オーナーの青木由香さんは、台湾在住15年。独自の視点から台湾を紹介した著作を何冊も出版していて、そのユニークな表現力から性別を問わずたくさんのファンがいます。また、台湾を紹介する日本のラジオ番組のパーソナリティをつとめるほか、中国語も流暢なので台湾のテレビ番組にも出演するなど、まさに日台を繋ぐカリスマ的存在。

そんな台湾を知り尽くした青木さんが実際に使って「いい!」と思ったものだけが集められているので、安心して買い物が楽しめます。

レトロなデザインに癒されるスグレモノな台湾良品たち

レトロなデザインに癒されるスグレモノな台湾良品たち

写真:泉 グルン

地図を見る

ショーウィンドウでひときわ存在感を放っているのが、この大同の電気釜です。コンビニの茶葉蛋(煮玉子)や食堂で肉の煮込みなどに使われているので、台湾に行くと一度は目にしますね。このレトロな電気釜のルーツは日本にありますが、台湾では1960年代に発売されて以来、現在でも一家に一台はあるといわれるほど愛されている超ロングセラー家電なんです。

台湾では炊飯器としてではなく、おもに蒸し料理や煮込み料理に使われています。水と材料を入れてスイッチを入れて出かければ、帰るころには保温状態で味が素材に染み込んでおいしく仕上がっているというスグレモノ。最近は日本人にも人気が出始めているようです。

台湾と日本は電圧やコンセントの形状がほぼ同じなので、日本に持ち帰ってもそのまま使えるのがうれしいですね。限定販売の特色も扱っています。

レトロなデザインに癒されるスグレモノな台湾良品たち

写真:泉 グルン

地図を見る

お店のオリジナル商品がこちら。台湾ビール用につくられたガラスのコップです。店名のロゴと、台湾固有種の黒熊やパンダのかわいいイラストが描かれています。

台湾ビールは泡があまり立たないため、こうした小さめのコップで飲むのがローカル流なのだとか。もちろん、これで日本のビールを飲んでも、ワインや日本酒を飲んでもおいしくいただけそうです。ペンシル立てやカトラリーを立てたりしても、ゆるカワなインテリアになりますね。

ほかにも、台湾のアンティークなコップやグラスなども販売されています。

レトロなデザインに癒されるスグレモノな台湾良品たち

写真:泉 グルン

地図を見る

ひょっとしたら、もっとも台湾らしいお土産はこの竹歯ブラシかもしれません。この伝統の竹歯ブラシは、台湾産の竹を使用し、柄の1本1本にミツロウと亜麻仁油を塗って磨き上げ、馬の毛を埋め込んで完成させるまですべて手作業で行われます。

馬の毛のブラシは広がりづらく、しかもナイロンブラシと比べると歯のエナメル質を削りにくく、汚れもサッと落としてくれます。歯のエナメルは再生しないといわれているので、こうした歯ブラシはとてもありがたいですね。

お値段は日本円で1本500円近くしますが、手作業で丁寧に作られる工程や耐久性の良さを考えると、普通の歯ブラシよりもかえって安いといえるでしょう。なにより、使うほどに自分に馴染んでくるので、一度使うと手放せなくなるかもしれません。

お土産の新定番になりそうなイチオシの食品たち

お土産の新定番になりそうなイチオシの食品たち

写真:泉 グルン

地図を見る

お土産に一番人気なのがこの「花生酥」。ピーナッツと麦芽糖で作られた台湾のお菓子ですが、まさにあとを引くようなおいしさ!ピーナッツの名産地である離島の澎湖島で作られていて、サクッとした軽い食感とピーナッツの風味がなんともいえません。甘さも控えめなので、いくつでも食べられそう。ただ、ダイエット中の人は避けたほうがよさそうです(笑)

プレゼントや自宅用にはもちろん、職場などで数個づつ配るバラまき土産にもぴったり。とくに「台湾のお土産はいつもパイナップルケーキなので、そろそろ別なものを」と考えている台湾リピーターならマストBUYですよ。

お土産の新定番になりそうなイチオシの食品たち

写真:泉 グルン

地図を見る

台湾の銘茶は中国茶だけではありません。実は紅茶もおいしいんです。紅茶通のあいだでも台湾紅茶の評判は高く、日本に輸入してもすぐに売り切れてしまうとか。

ここで販売されている「日月譚紅茶」は渋みが無く、強い甘味が特徴です。香りが高いのでストレートで飲んでも、ミルクを入れてもおいしくいただけますよ。この沁園という茶舗のお茶は残留農薬検査をクリアしたものだけを扱っているので安心です。

同じく沁園の「凍頂茶梅」は、凍頂烏龍茶の茶葉と麦芽糖で漬けた梅で、お茶うけにぴったり。こちらもまた、ヤミツキになってしまいそう。

お土産の新定番になりそうなイチオシの食品たち

写真:泉 グルン

地図を見る

台湾など中華圏の料理に欠かせないのがごま油。当然、たくさんのメーカーのごま油が台湾でも流通しています。ごま油に限らず、多くの植物性油は科学的に抽出して大量生産されていますが、この細粒籽油工房のごま油「香油」はコールドプレス製法による一番搾りの油だけを使用。

しかも搾りたてをすぐに販売しているので、当然、香りが高く身体にもヘルシー。もし日本で同じ品質のものを買ったら、もっと高価なことでしょう。同じ製法で絞った亜麻仁油もありますよ。

その着心地はヤミツキ!しかも想像以上におしゃれな自然素材の服

その着心地はヤミツキ!しかも想像以上におしゃれな自然素材の服

写真:泉 グルン

地図を見る

さまざまな台湾の「いいもの」を集めた商品の中でも、オーナーの青木由香さん一番のオススメが、服飾デザイナー・鄭惠中さんの服だと言います。綿と麻を使って織り上げた布を、環境と人にやさしいものを使って「染料が悲鳴をあげるまで搾り取るように染めた」服は、同じ色でも微妙に風合いが異なって、まるで一点もののよう。

しかも肌なじみがよく、一度身につけたら手放せなくなるほどの着心地の良さ。それはまるで親切で居心地のいい台湾そのもの。

その着心地はヤミツキ!しかも想像以上におしゃれな自然素材の服

写真:泉 グルン

地図を見る

鄭惠中さんの服はどれもシンプルなデザインで、男性でも女性でも着れるユニセックスな仕様になっています。一見すると似たようなデザインでも、着てみるとシルエットが異なることがわかるので、ぜひ気軽に試着させてもらいましょう。

ことに女性に人気なのが、履くとロングスカートのように見えるワイドパンツ。さまざまなトップスに合わせやすく、布をたっぷりと使っているのに軽くて、とても歩きやすいんです。

どれも流行に左右されない飽きのこないデザインで、あらゆる年齢層の人が着こなせるエイジレスな鄭さんの服。しかも想像以上の着心地で、一度着たら脱ぎたくなくなってしまうほど。食べ物だけでなく、服にもヤミツキになってしまうことがあるんですね。

立地は、迪化街の恋愛の神様のいるお廟から徒歩約10分!

立地は、迪化街の恋愛の神様のいるお廟から徒歩約10分!

写真:泉 グルン

地図を見る

「ニー好我好」は、迪化街と交わる涼州街にあります。涼州街は、恋愛の神様として知られる台北霞海城隍廟から北に向かって歩いて行くと4本目の通りにあたります。お店は台北霞海城隍廟から徒歩で約10分ほど。

周囲は、昔ながらのカゴ製品を売るお店やおしゃれなカフェ、雑貨ショップなどが点在していて、台北っ子たちからも注目されているエリア。ぶらぶら歩きを楽しみながら、台湾カルチャーの「今」をかいま見ましょう。

住所:台湾台北市大同區涼州街45號
営業時間:10:00〜18:00
定休日:水曜日

ほかにもたくさんの台湾製「いいもの」が!

「ニー好我好(ニーハオウォーハオ)」にはまだまだたくさんの台湾の「いいもの」やステキなものがそろっています。店員さんは日本語が堪能なので、商品の質問をすれば親切に教えてくれますよ。一見、何気ないアイテムでも、「いいもの」ならではの理由があって納得します。ここで買ったお土産を人にあげれば、きっと台湾通に思われるかもしれませんね。

中にはシャレの効いたユニークなものもあり、ただ見ているだけでも楽しいので、ぜひ迪化街散策とあわせて訪れてみてください。きっとあなたにぴったりの「いいもの」がみつかるでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/02−2017/05/04 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ