艶やかなあじさいと田園の競演!神奈川県開成町あじさいまつりとあじさいの里

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

艶やかなあじさいと田園の競演!神奈川県開成町あじさいまつりとあじさいの里

艶やかなあじさいと田園の競演!神奈川県開成町あじさいまつりとあじさいの里

更新日:2017/06/01 10:42

M Maririnのプロフィール写真 M Maririn 旅行ブロガー

6月はあじさいの季節!日本各地に様々なあじさいの名所がありますが、神奈川県開成町の「あじさいの里」はみずみずしい田園地帯に色鮮やかなあじさいの花が咲き誇る虹の道が広がり、毎年開催される「あじさいまつり」には多くの人が訪れます。里の一角には江戸時代から続く農家の屋敷があり、昔ながらの日本の暮らしを垣間見ることができます。
水田を渡る涼やかな風に吹かれながら美しいあじさいを見に行きませんか!

東京ドーム約3.6個分の水田地帯に咲くあじさいの花

東京ドーム約3.6個分の水田地帯に咲くあじさいの花

写真:M Maririn

地図を見る

小田急小田原線に乗って新宿から約1時間20分、神奈川県の西部、酒匂川のほとり開成町に「あじさいの里」があります。あじさいの名所というと、お寺や神社、または公園などが一般的ですが、ここ「あじさいの里」の花の舞台は東京ドーム約3.6個分の広大な水田地帯!田畑に碁盤の目のように通る農道や、豊かな水を運ぶ水路沿いに約5000株のあじさいが植えられているのです。

開成町では昭和53年からの圃場整備で水田や畑、用水路が整えられ農業がやりやすくなったものの、以前までの自然の景観が失われてしまいました。そこで町の花であるあじさいを植えて開成町ならではの風景を作ろうと、昭和58年から農道や水路沿いにあじさいを植えはじめ、今では大きく育ったあじさいが見事な花を咲かせるまでになったのです。

東京ドーム約3.6個分の水田地帯に咲くあじさいの花

写真:M Maririn

地図を見る

6月初旬には白や紫、水色のセイヨウアジサイやガクアジサイが咲き誇り、田植えを終えて早苗が揺れる田園地帯の緑とともに訪れた人の心を優しくほぐしてくれます。顔を上げて周りを見渡せば周りを囲むようにどっしりと構えた富士山や箱根連山・丹沢山塊がみられます。

「あじさいの里」はほとんどが平たんな歩きやすい道。少し運動不足の方ものんびりと歩いていきましょう。自然豊かな道を歩きながら田んぼをのぞけばオタマジャクシやアメンボが見つかったり、足元には蛙が遊びに来てくれるかもしれませんよ。時には田んぼの中にこんなお客さんがやってくることも!

東京ドーム約3.6個分の水田地帯に咲くあじさいの花

写真:M Maririn

地図を見る

様々な姿の美しいアジサイ

様々な姿の美しいアジサイ

提供元:開成町まちづくり部産業振興課

http://www.town.kaisei.kanagawa.jp/forms/top/top.a…地図を見る

あじさいはアジサイ科アジサイ属の低木。花としてみている部分は実はガクの部分が発達したものであることはよく知られていますね。梅雨空の暗い色にも負けずに鮮やかに咲くあじさいの花は、雨続きでちょっと沈みがちな私たちの気持ちを明るく照らしてくれるようです。

様々な姿の美しいアジサイ

提供元:開成町まちづくり部産業振興課

http://www.town.kaisei.kanagawa.jp/forms/top/top.a…地図を見る

あじさいは本来、半日蔭の場所が適しているといわれています。しかし開成町の「あじさいの里」は広い田園で日陰になるような場所ではありません。あじさいにとってやや過酷なこの場所で元気に育てるのは、大変手間がかかること。そのため、開成町の皆さんをはじめとするボランティアの方々が、植栽や剪定、草刈りや水やりなど、一年を通して丹精込めて育てているのです。まさに愛情いっぱいに育てられた花たちなのです!

様々な姿の美しいアジサイ

提供元:開成町まちづくり部産業振興課

http://www.town.kaisei.kanagawa.jp/forms/top/top.a…地図を見る

雨の日や晴れた日、早朝や夕暮れ時など、様々な表情を見せるあじさいの花々にぜひ会いに来てくださいね!

「あじさいまつり」であじさいとイベントを一緒に楽しもう!

「あじさいまつり」であじさいとイベントを一緒に楽しもう!

写真:M Maririn

地図を見る

毎年花の時期に合わせて「開成町あじさいまつり」が行われます。あじさいの里の中にあるメイン会場の「あじさい公園」やサブ会場「したしみ休憩所」では大道芸のパフォ−マンスやコンサートなど様々なイベントを楽しめます。エアー遊具の「ふわふわ」や風車づくりなど、お子様が楽しめるプログラムもありますよ!

おなかのすいた人には町内で収穫された特産の米で炊いたご飯と、季節感あふれるおかずが詰まったお弁当「郷弁(さとべん)」はいかがでしょう。様々な模擬店での地元特産品や農産物等の販売もあるので、おいしい空気と一緒にお楽しみくださいね。

「あじさいまつり」であじさいとイベントを一緒に楽しもう!

写真:M Maririn

地図を見る

あじさいまつりではこんなにかわいい開成町のマスコットキャラクター「あじさいちゃん」に会えるかもしれませんよ!

あじさいまつりのイベントスケジュール等は関連MEMOにある開成町HPをご確認ください。
(2017年は6月3日(土)〜6月11日(日)に開催)

初めてなのに懐かしい「瀬戸屋敷」

初めてなのに懐かしい「瀬戸屋敷」

写真:M Maririn

地図を見る

あじさいまつりのメイン会場となる「あじさい公園」から10分ほど歩くと、風情のある築300年の古民家「瀬戸屋敷」があります。ここは江戸時代にこの地域の名主であった瀬戸家のお屋敷です。主屋は県内でも有数の規模の寄せ棟造りのかやぶき民家。古き良き日本の暮らしを味わうことができます。

初めてなのに懐かしい「瀬戸屋敷」

写真:M Maririn

地図を見る

屋敷では、広い座敷や天井の太い梁、囲炉裏やかまどのある台所や土蔵などを見ることができます。

初めてなのに懐かしい「瀬戸屋敷」

写真:M Maririn

地図を見る

敷地には水路が流れていて、その水路の水を利用した鑑賞池や水車小屋などが残されており、四季を通して200種類以上の草花が見られます。

あじさいまつりに合わせて、瀬戸屋敷でもあじさいの展示や呈茶など、様々なイベントが企画されているので、ぜひお立ち寄りください。(入園料が必要)

あじさいの里へのアクセス方法など

「あじさいの里」はあじさいまつり期間中には小田急線開成駅からのシャトルバスや会場内循環バスが運行されます。まつり期間中以外やシャトルバス運行時間以外は新松田駅からの箱根登山バスをご利用ください。また、お車をご利用の方のためにまつり期間中は臨時駐車場も設けられます。詳しくは関連MEMOのHPをご覧ください。

「あじさいの里」は、あじさいまつり期間以外でもみられますが、7月の初めに一帯を一気に剪定しますので、それ以前にお越しください。(2017年は7月1日に行います。)

それでは、皆さんの旅が思い出深いものになりますように!

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/06/06−2016/06/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ