1枚からできる!みちのく盛岡「南部せんべい手作り体験」で郷土の味を楽しむ

| 岩手県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

1枚からできる!みちのく盛岡「南部せんべい手作り体験」で郷土の味を楽しむ

1枚からできる!みちのく盛岡「南部せんべい手作り体験」で郷土の味を楽しむ

更新日:2013/12/19 11:29

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 孤高のアウトドアライター、ネイチャーカメラマン

南部せんべいは、かつて盛岡のどの家庭でも作られていた伝統的な食品です。そんなみちのくの懐かしい味を手作り体験できるおせんべい店があります。その昔ながらの手作業でのせんべい作りは、他では経験できない楽しさがあります。また、盛岡市には観光ポイントもたくさんありますが、中でも巨岩が300年間鎮座しているというお勧めの場所もご紹介します。

美しいみちのくで300年鎮座する巨岩に圧倒!

美しいみちのくで300年鎮座する巨岩に圧倒!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

盛岡市はそこかしこに昔の街並みが残る場所で、岩手山がりりしくそびえる景色も壮観な印象です!また盛岡城跡公園と隣接する櫻山神社には、300年続く烏帽子岩(えぼしいわ)が鎮座(ちんざ)しています。近づくとだんだんわかるその大きさは、大人の背丈の3〜4倍はありそうな高さと幅があり、まるで転がりだしてきそうな圧倒的な存在感を見せつけます。盛岡城築城時に出現したとされ、歴代の盛岡藩主が「宝大石」と崇めて神事が執り行われていたほど。いまでは盛岡市民のお守り岩として親しまれているところです。

南部せんべい手作り体験は1枚からできます

南部せんべい手作り体験は1枚からできます

写真:佐久田 隆司

地図を見る

昔の街並みが残る盛岡は、古くは南北朝時代から伝わるという伝統的な郷土食、南部せんべいが有名です。東北地方は凶作が多かったことから、保存食として各家庭で重宝されていました。盛岡市内の「老舗 白沢せんべい店」は、地元で愛されているおせんべい店。ここで南部せんべいの手作り体験ができるのです。
南部せんべい手作り体験は要予約です。1枚¥100で行えるので是非ともトライしたいところです。南部せんべい製造工場内にある手焼き体験場所で行いますが、一回あたりの参加人数が限られています。くれぐれも人数は守ってください。さらに、工場見学も無料でできます。伝統食品の製造過程を目にすることができるチャンスですよ。

手順を良く聞いていざ!トライ

手順を良く聞いていざ!トライ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

南部せんべいの手焼き体験は、お姉さんが丁寧に手順を教えてくれますのでさほど難しいことはありません。ですが火を使うことや、手型(南部せんべいを焼く鉄の型)がかなり重いので注意を怠ってはいけません。ひまわりの種を生地につけ、手型にはさんで蓋を閉めれば、しばらくするとじわじわと香ばしいにおいが立ち込めてきます。ふたを開ける瞬間は何とも言えないどきどき感が!その場で味わうこともできれば、お持ち帰りもできるので、好きな方を選んでください。派手さはありませんが、心が温まるような優しい味!南部せんべいはみちのくの人柄を感じさせてくれるのです。

昭和の時代を彷彿とさせるアイテムも

昭和の時代を彷彿とさせるアイテムも

写真:佐久田 隆司

地図を見る

南部せんべいは昔からの耳が薄いパリパリしたものと、昭和の40年ごろから普及したクッキー生地に分かれます。手作り体験するのはクッキー生地の方で、これも当時はハイカラな食べ物だったのでしょう。昔からの生地は食材としての意味合いが強く、クッキー生地は今ではお菓子のイメージで親しまれているのです。
そして白沢せんべい店内には、昭和時代のテレビや冷蔵庫などが展示されています。かつての暮らしを垣間見ることができる貴重な資料にもなっています。

手作り体験はFAXか電話で申し込む

動画:佐久田 隆司

地図を見る

手作り体験の申し込みは電話かFAXで行います。メールなどでは行えませんから注意してください。また開始時間の5分前には来店するように心がけましょう。お姉さんが生地を用意し、焼き場に火を入れて待ち構えていますから、煩わせないように心掛けたいですね。

※老舗 白沢せんべい店
〒020-0885
岩手県盛岡市紺屋町2-16
TEL 019-622-7224
FAX 019-652-3468
営業時間 午前9時〜午後5時まで 要予約 1枚¥100 7〜8名まで 工場見学は随時無料

盛岡には昔の風情が色濃く残る

手作りせんべい体験は、今では珍しい一枚ずつ焼くスタイルです。現在の製造方法は機械化されているので、当時の郷土文化を知る意味でも貴重です。形は不格好ながら、手をかけたおせんべいの味はちょっと格別!さらに盛岡には昔の街並みが散見されますので、歴史探訪に困ることもありません。南部せんべいを手作りして、ちょっとお行儀悪いけれど、食べながらの散策も楽しいかもしれません。1枚からできる手作り体験も珍しいので、盛岡に足を向ける際には予約して、郷土の味を楽しむのはいかがでしょうか?とってもいい思い出になるとともに、ファミリーにも最適なイベントになるでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/12/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ