「JWマリオット・キャメルバック・イン」でアリゾナ州の砂漠のリゾートを満喫!

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

「JWマリオット・キャメルバック・イン」でアリゾナ州の砂漠のリゾートを満喫!

「JWマリオット・キャメルバック・イン」でアリゾナ州の砂漠のリゾートを満喫!

更新日:2017/05/25 13:13

高田 真美のプロフィール写真 高田 真美 旅行ブロガー、グルメブロガー

米アリゾナ州のスコッツデールは、サボテンがニョキニョキと生えるソノラ砂漠に作られたリゾートタウン。砂漠地帯の中に、美しく整備された街並みが広がり、数多くのホテルやゴルフ場、お洒落なショップやレストランなどが集まる、米国屈指の「砂漠のリゾート地」です。今回は、スコッツデールの由緒のある高級リゾートホテル「JWマリオット・キャメルバック・イン」をご紹介します。

古くからハリウッドスターに愛されたリゾートホテルの老舗

古くからハリウッドスターに愛されたリゾートホテルの老舗

写真:高田 真美

地図を見る

アリゾナ州スコッツデール(Scottsdale)にある「JWマリオット・キャメルバック・イン(JW Marriott Camelback Inn)」は、1936年にオープンした老舗ホテル。古くからハリウッドスターや著名政治家といったセレブたちにも愛された由緒ある高級リゾートホテルです。

スコッツデールの象徴とも言える岩山「キャメルバックマウンテン」を真正面に望む贅沢なロケーション。手入れの行き届いた広大な敷地内には一年中美しい花が咲き乱れており、ハチドリ、ズアカカンムリウズラ、ジャックラビットといった珍しい鳥や動物も姿を現します。

古くからハリウッドスターに愛されたリゾートホテルの老舗

写真:高田 真美

地図を見る

キャメルバック・インでは、敷地内に点在する、アドビ風ヴィラが客室になっています。ゆったりとした室内には、ネイティブインディアン風の落ち着いた飾り付けが施されており、全ての客室にパティオかベランダがついています。ラグジュアリーなスイートルームには、大きなテラスが付いたものや、プライベートプールが付いた客室もありますよ!

キャメルバックマウンテンを望むプールで極楽気分!

キャメルバックマウンテンを望むプールで極楽気分!

写真:高田 真美

地図を見る

キャメルバック・インの一番の魅力は、高級リゾートホテルならではの美しいプールエリアです。リゾートの真ん中に位置した「ジャックラビットプール」は、壮大なキャメルバックマウンテンが目の前に広がる絶景プール!メインプールの他に、ジャグジーや子供用のプールもあり、プールサイドでは、飲み物や軽食をとることもできるので、のんびりと極楽気分を味わうことができます。

また敷地内の「スパセンター」には、18歳未満は入れない大人のためのプールもあります。こちらのプールも、キャメルバックマウンテンを望む絶景の屋外プール。プールサイドで静かに過ごしたい時や、しっかりと泳ぎたい場合には、スパセンター内のプールがオススメです。

砂漠のリゾートならではのアウトドアダイニングを楽しもう!

砂漠のリゾートならではのアウトドアダイニングを楽しもう!

写真:高田 真美

地図を見る

キャメルバック・インには、「Lincoln Restaurant」「Rita’s Kitchen」という2つのレストランと「Bar 1936」「R Bar」という2つのバーが入っていますので、時にはカジュアルに、時にはエレガントに、その日の気分に合わせてレストランやバーを選ぶことができます。

また、各レストラン、バー共に、昼は青空の下、夜は星空の下、飲食が楽しめるように、屋外のダイニングエリアが設置されているのが嬉しいところ。特に、夜は、ファイヤーピットに火が焚かれたり、ライトアップされたりして、とってもロマンチック!雨が滅多に降らない砂漠のリゾートならではのアウトドアダイニングを是非楽しんでみてくださいね。

広大な敷地内でリゾートライフを満喫!

広大な敷地内でリゾートライフを満喫!

写真:高田 真美

地図を見る

東京ディズニーランドとほぼ同面積という広大な敷地に建つキャメルバック・イン。ホテルの敷地内では、プール、サイクリング、ゴルフ、テニスといったアウトドアスポーツが楽しめる他、ラグジュアリーなスパセンターもあり、マッサージやフェイシャル、ボディトリートメントといったスパトリートメントを受けることもできます。

広大な敷地内でリゾートライフを満喫!

写真:高田 真美

地図を見る

また、ホテルの敷地内からは隣接するマミーマウンテンという丘へと続くウォーキングトラックが設置されており、このウォーキングトラックからは「キャメルバックマウンテン」を一望することができるんですよ!この絶景スポットへは、ホテルの敷地内からしかアクセスことができないので、この景色が見れるのは、キャメルバック・インの宿泊者の特権です。キャメルバック・インに宿泊したら、是非歩いてみてくださいね!

「スコッツデール」の魅力

「スコッツデール」の魅力

写真:高田 真美

地図を見る

キャメルバック・インの敷地内だけでも充分にリゾートライフを満喫することができるのですが、スコッツデール滞在中には、ソノラ砂漠の大自然にも是非触れてみたいものです。スコッツデール北東部にある山塊「マクダウェルマウンテン(McDowell Mountains)」は、サボテンがニョキニョキ生える大自然の中のハイキングを手軽に楽しむことができるお勧めのスポット。お散歩感覚で歩ける平らなルートも幾つかありますので、歩くのが苦手な方も是非訪れてみてくださいね。

「スコッツデール」の魅力

写真:高田 真美

地図を見る

スコッツデールの魅力は自然だけではありません。スコッツデールでは、ショッピングやダイニングといった洗練されたシティライフも楽しむことができるんですよ。

お洒落な町スコッツデールの中でも、「オールドタウン」と呼ばれるエリアは、西部劇に出てきそうな古い街並みの中に、アートギャラリーや個性的なショップが並び、散策がとても楽しいエリアです。インディアンジュエリーやグッズを扱うお店もこの周辺にたくさんありますので、お土産探しにもお勧めです。

「スコッツデール」の魅力

写真:高田 真美

地図を見る

また、オールドタウンに隣接したカナル(水路)周辺には、モダンなレストランやバーがたくさん並んでいます。このエリアには「スコッツデール・ファッションスクエア」という大きなショッピングモールもあり、数多くの一流ブランドのショップが入っています。

ゴージャスなリゾートライフ、ソノラ砂漠の大自然、洗練されたシティライフが、全部同時に楽しめちゃうのが、「スコッツデール」の魅力です。

最後に

スコッツデールは、アリゾナ州のフェニックス空港から車で約30分。
一年中気温が高いスコッツデールは、秋〜春がハイシーズンになります。真夏には気温が40℃を超える日が続きますので、ハイキングなどのアウトドアスポーツには向きませんが、ローシーズンが故に、一流リゾートホテルでも驚くほど安い値段で泊まることができます。ゴージャスなリゾートホテルでのんびりと過ごすのが目的なら、宿泊料金がぐんと安くなる夏場を狙うのも一手です。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

JW マリオット キャメルバック イン スコッツデール リゾート & スパの旅行プランを検索

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ