日本一低い山に巨大なまはげ!秋田・大潟村のドライブオススメルート

| 秋田県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

日本一低い山に巨大なまはげ!秋田・大潟村のドライブオススメルート

日本一低い山に巨大なまはげ!秋田・大潟村のドライブオススメルート

更新日:2017/05/26 18:06

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

かつて秋田には琵琶湖についで2番目に大きい八郎潟と呼ばれる湖がありました。昭和32年に農業用地拡大のため、湖を干拓し生まれたのが「大潟村」です。
その大潟村に行く道には、巨大なまはげ、日本一低い山、菜の花ロード、そして秋田名物が買える・食べられる道の駅など見どころが満載。秋田でドライブするなら、信号がほとんどない大潟村で決まり!

天王スカイタワーから大潟村の全景と日本海を一望

天王スカイタワーから大潟村の全景と日本海を一望

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

大潟村は、なまはげで有名な男鹿半島の入口部分にあり、秋田市内から車で1時間ほどで行くことができます。まずは、男鹿半島と大潟村の入口にある「道の駅てんのう」からスタート!

道の駅てんのうは、秋田県の特産物や新鮮な野菜、果物が買える店舗やB級グルメ屋台、日帰り温泉施設、広大な公園と1日いても飽きない楽しい道の駅。中でも、高さ59.8mの天王スカイタワーからの360度パノラマは圧巻です!

天王スカイタワーから大潟村の全景と日本海を一望

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

展望台は入場無料!エレベーターにのって大潟村の全景を堪能しましょう。天王スカイタワーからは、男鹿半島や寒風山、大潟村の田園風景のほか、秋田市街地など360度の大パノラマが広がります。また、日本海に沈む夕日も見どころの一つ。日の入り時間をHPでチェックして、あたりを真っ赤に染める絶景を楽しんでください。

ただし、天王スカイタワーの営業時間は9:00-18:00のため、5月〜9月は、夕日が沈む時間にタワーに上ることができません。

天王スカイタワーから大潟村の全景と日本海を一望

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

道の駅てんのうのすぐ近くには、道の駅しょうわがあります。複合施設「ブルーメッセあきた」の中にあり、ここは、約3000平米の花壇に、春はチューリップ、夏はひまわりやサルビア、秋にはコスモスと四季折々の花が楽しめるのが魅力。ドライブの休憩にぴったりです。

もちろん、秋田産のお土産も豊富にそろっています。

巨大なまはげは秋田一のフォトスポット!

巨大なまはげは秋田一のフォトスポット!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

秋田といったらなまはげですよね。男鹿半島の入口、そして八郎潟残存湖の手前までくると巨大なはまげが出迎えてくれます。男鹿総合観光案内所にある巨大なはまげは、なんと高さ15m!遠くからでもその雄姿を眺められます。

せっかくなので、無料駐車場に車をとめて記念撮影をしましょう。男鹿総合観光案内所は、男鹿半島の観光施設の映像やイベント情報など、周辺の観光案内も充実しているので、立ち寄って損はありません。

また、秋田名物ハタハタを使った、ハタハタ丼やしょっつる(秋田で作られる魚醤)ラーメンもお食事処で食べられます。

11kmも続く菜の花ロードは春の風物詩

11kmも続く菜の花ロードは春の風物詩

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

大潟村は干拓地のため、どこまでも続く平らな道が魅力。これ以上ない快適ドライブを楽しむことができます。特にオススメなのが、4月下旬から1か月にわたって県道沿いで見られる菜の花の黄色いじゅうたん!

11kmも続く菜の花ロードは春の風物詩

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

延長11kmにわたって続く黄色の道は圧巻!特に4月下旬ころには桜も咲き誇り、桜と菜の花のピンク×黄色のコラボはまるで夢の世界のよう!ゴールデンウィーク前半くらいが桜の見ごろです。

春の時期以外では、稲穂がたれ、一面黄金色に輝く秋もオススメです。

日本一低い山「大潟富士」が大潟村にある!

日本一低い山「大潟富士」が大潟村にある!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

干拓地だからこそできたおもしろスポットが「大潟富士」です。大潟村は八郎潟の湖底に誕生した土地のため、海面よりも低くなっています。そのため、大潟富士の山頂の標高は海抜0m。日本一低い山となったわけです。

日本一低い山「大潟富士」が大潟村にある!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

数秒で登頂できる山頂からは大潟村の大きさを実感できます。ゴールデンウィークのころはまだ田植え前なので荒涼とした感じですが、夏から秋にかけての田園風景は見ごたえがあります。

ドライブに疲れたらやっぱり「ババヘラ」

ドライブに疲れたらやっぱり「ババヘラ」

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

春から秋にかけて秋田をドライブすると、道路沿いにカラフルなパラソルの下で一人ぽつんと座っているおばちゃんをよく見かけます。もう、おなじみ、秋田が誇る「ババヘラ」です。ババ(おばちゃん)がヘラですくって作るアイスをババヘラと言いますが、最近では「アネヘラ」も登場しています。アネは若いお姉ちゃんですが、どこからどこまでが若いお姉ちゃんかは本人に聞いてみてください。

「ババヘラ」一つ!と言ったら、「ここはアネヘラ」だよと言われるかも?ババかアネか見極めも楽しいアイスはドライブのお供にぜひご賞味を!

秋田・大潟村のドライブは秋田をまるごと満喫できる

秋田の特産物が買える道の駅、11kmも続く菜の花ロード、日本一低い山、そして美しい田園風景と秋田をまるごと満喫できるのが、大潟村です。

信号もほとんどなく、まっすぐな道はドライブに最適!男鹿半島に行く予定がある人はぜひとも、大潟村へもハンドルをきってください。新しい秋田の魅力を発見するかも?!

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ