夢と冒険がいっぱいの「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

夢と冒険がいっぱいの「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」

夢と冒険がいっぱいの「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」

更新日:2017/06/01 17:53

趣美人 MAKKYのプロフィール写真 趣美人 MAKKY 関東旅行ブロガー、那須高原写真家、滝巡り案内人、那須の郷土研究家

全国的に注目の大規模キャンプ場「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」はキッズにキャンプをテーマにした、高規格の体験施設です。ここを訪れた家族に向けた様々なイベントが企画されて、那須の大自然の中でキャンプを楽しむことは勿論の事、キッズが普段では体験する事のできない冒険に挑戦する事が可能。ツリークライミングやクリスタルハンター・親子で作る料理など、楽しい催しが盛り沢山、今回はその一部を紹介します。

大自然のなかでツリークライミングに挑戦!

大自然のなかでツリークライミングに挑戦!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

キャンパーさんに大人気のツリークライミングは、キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原の広大な敷地最奥にある、林が舞台となります。専用の補助具を使って、自然との一体感を味わうことのできるアウトドアな遊びです。約8〜10mの木にロープ一本で登ります。木の最上部にはツリークライミング専用のロープが準備されています。下から木を眺めて見ると、想像する高さよりずっと高く感じます。

大自然のなかでツリークライミングに挑戦!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

ツリークライミングを始める前に、身体を柔軟にするため参加の皆さん全員での入念な体操をすることからスタートです。6歳以上のお子さんから参加が可能ですが、安全のため動きやすい服装のズボンとスニーカーなどの靴を着用する事が必要です。

もちろんキッズだけでなく、大人の参加もOKですので、ファミリーでキャンプに来た思い出作りに経験される方が沢山いらっしゃいます。次に安全に木に登るための、装備の準備をします。ヘルメット・腰には安全ベルト(サドル)・グローブなど装備します。

大自然のなかでツリークライミングに挑戦!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

ツリークライミングをする前に、安全に楽しむためのレクチャーを受けます。やり方はツリークライミング・ジャパン公認のファシリテーターの資格を持つ『那須アウトバックツアーズ』のスタッフさんが、登り方やロープの使い方、ブレーキの掛け方などを繰り返し優しく納得するまで丁寧に教えてくれます!

ツリークライミングというと、なんだか難しそうですが、クライミング専用のロープの結び方3種類の使い方を覚えればOK。

(ブレイクスヒッチ)と呼ばれるロープに3〜4回巻きつけた結び目の全体を持って、登る場合は上に動かし、降りる時には下にスライドします。腕の力だけで登るのではなく、(フットループ)という丸い輪に足を入れて、足の踏み込む力を利用して登ります。
(セーフティ)は落下防止のストッパーになる結び目で、途中でロープから手を放しても、かなりの重さをささえる事ができます。

やる気満々樹上の人へ!単独ツリークライミングに初挑戦!

やる気満々樹上の人へ!単独ツリークライミングに初挑戦!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

登り方とロープの使い方を覚えたら、いよいよツリークライミングに挑戦です。登る前には、これから登る木に手を添えて宜しくお願いしますとご挨拶。

やる気満々樹上の人へ!単独ツリークライミングに初挑戦!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

登り方は、ロープに結んだブレイクスヒッチの下方を手で持って、フットループに片足を掛けます、フットループを踏んで立ち上がり、ブレイクスヒッチを上げるを数回繰り返したらセーフティを結びながら作ります。これを連続して登ります。慣れるまでは大変ですが、コツを覚えてしまえば、小さなお子さんでも上手に操作出来るようになります。

所要時間は約1時間弱ですが、お子さんたちは2度3度と登り下りに挑戦しています。最初は怖かったそうですが、地上とは違った景色が観られて大満足の様子。連泊のお子さんは、また明日も挑戦するそうです。

やる気満々樹上の人へ!単独ツリークライミングに初挑戦!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

おめでとうございます!みごとツリークライミングに成功すると、ツリークライミングジャパン創立者のジャンギャスライト氏認定の証明書が授与されます。証明書には次のように書かれています。

「昔、アメリカンインディアンは木を“立っている人”と言い、命ある大切なものとして守ってきました。一人でも多くの方がツリークライミングを通じて木と友達になり、木や自然を守るようになることを望んでいます。」

スッカリ樹上の冒険を楽しんだ後は、初めの時のように、木に手を添えて有難うの感謝のご挨拶をします。ツリークライミングは木と自然を愛するスポーツなんですね。

※ツリークライミングの実施日はホームページのイベント情報にて確認してください。
●開催時間は⇒9:00 / 10:00 / 11:00 / 14:00 / 15:00 計5回ですが、事前の予約申し込みが必要です。(雨天の場合は安全のため、中止となる事もあります。)

親子でメキシカンハンバーガー作りに挑戦!

親子でメキシカンハンバーガー作りに挑戦!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

親子で一からハンバーグ作りの体験ができます。種類は日によって、アメリカンハンバーグとメキシカンハンバーグがあります。中でも人気なのが「メキシカンバーグ作り」で、完成するとメキシカンの衣装を着用しての、記念撮影ができます。メキシカンなコスチュームがとても似合っていますね。

親子でメキシカンハンバーガー作りに挑戦!

写真:趣美人 MAKKY

先ず、お肉の下ごしらえから、メキシカンというと辛い味を想像しますが、使用する特製スパイスはキッズでも安心の辛くないものが用意されています。スパイスとお肉を良くこねて混ぜ、鉄板の上で焼きます。この辺はお父さんお母さんとの共同作業ですね。ある程度お肉が焼けたらバンズも一緒に焼いて出来上がり。
あとはお好みのトッピングを挟んだら、メキシカンバーガーの完成です。

※所要時間:約30分 (事前予約・入替制)

親子でメキシカンハンバーガー作りに挑戦!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

上手に出来上がりましたね。あとは食べるだけ、自分で作ったバーガーはさぞかし美味しいでしょうね!

クリスタルハンター(水晶洞窟)に挑戦!

クリスタルハンター(水晶洞窟)に挑戦!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

ジャブジャブ池のすぐ隣にあるのが、「クリスタルハンター(水晶の洞窟)」で、うす暗い洞窟の中に入るとヒンヤリとした空気が流れ、さながらインディー・ジョーンズの気分。洞窟の砂の中には、パワーストーンや宝石がいっぱい!

クリスタルハンター(水晶洞窟)に挑戦!

写真:趣美人 MAKKY

砂の中から本物の水晶やパワーストーンを掘り出します。宝石の種類も豊富でゴールドストーン・アメジスト・メノウなどが沢山隠されています。キッズたちは決められた時間内に夢中になって、宝石を探します。

クリスタルハンター(水晶洞窟)に挑戦!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

地上に戻ってくると、お父さんやお母さんと一緒に、掘り当てた宝石を水洗いします。自分で探し当てた宝石に満足げですね。

オセロやビンゴゲームのあとは、焼きマシュマロの時間だよ

オセロやビンゴゲームのあとは、焼きマシュマロの時間だよ

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

キッズたちが、無料で遊べるイベントは沢山ありますが、ピザハウス前にある「ジャブジャブ池でのスーパーボールすくい」や滑り台などのほか、顔の大きさ以上もある、白黒のコマで遊ぶオセロに挑戦してみてはいかがでしょうか?空いていれば誰でも自由にプレイできます。

オセロやビンゴゲームのあとは、焼きマシュマロの時間だよ

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

アメリカンサイズのビッグなビンゴシートを使って楽しむ「ビンゴパーティ」は、恒例になっている夜のメインイベントです。イベント会場全体が熱気に包まれ、参加者の皆さんが一体感になるお楽しみの時間です。

オセロやビンゴゲームのあとは、焼きマシュマロの時間だよ

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

ビンゴ大会のハズレ賞は"焼きマシュマロ"で、ビンゴ大会のない日は、"焼きマシュマロ"や"スモア"というアメリカキャンプの定番おやつを作ったりもします。炎で焼くマシュマロは美味しいでしょうね。

おわりに

「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」は高規格なキャンプ施設だけでなく、キッズに楽しいイベントがいっぱいです。ご紹介したものの他にも「乗馬体験」や「親子で作るD・Y・I」など盛り沢山の催しがあって、子供さんを飽きさせる事がありません。
親子やグループで楽しむ事が出来る、最適なキャンプ場になっています。キャンプを計画の皆さんにはお奨めの総合施設です。
是非、那須高原の自然を満喫してみてはいかがでしょうか。

※日によって開催される、イベントや内容は異なりますので、“関連MEMO”にある「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」のホームページをご確認願います。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ