農家ご夫婦のおもてなし!尾道向島ゲストハウス「無花果」で心温まる滞在を!

| 広島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

農家ご夫婦のおもてなし!尾道向島ゲストハウス「無花果」で心温まる滞在を!

農家ご夫婦のおもてなし!尾道向島ゲストハウス「無花果」で心温まる滞在を!

更新日:2017/05/28 15:30

長坂 博希のプロフィール写真 長坂 博希 ブラジル観光アドバイザー、ワールドキャラバン、路地裏さすらい人

暖かい瀬戸内海気候にも恵まれ、多くの観光客を魅了する町「尾道」。人気のサイクリングコース「しまなみ海道」の起点としても有名ですが、そんな尾道の向島には無花果農家のご夫婦が経営する、心温まるゲストハウスがあります。

それがゲストハウス「無花果(いちじく)」。アクセスも非常に便利で、尾道観光にもしまなみ海道サイクリングにもとってもおススメです。今日はそんなゲストハウス「無花果」の魅力をお伝えします!

尾道からも便利なアクセス!船で尾道水道を渡り、目の前の向島へ

尾道からも便利なアクセス!船で尾道水道を渡り、目の前の向島へ

写真:長坂 博希

地図を見る

ゲストハウス「無花果」がある向島は、尾道水道を隔てて尾道市街の反対側に位置する小さな島。互いにすぐ目と鼻の先に見えるような距離で、船を利用すればわずか4分ほどで対岸へ渡ることができます。

尾道からも便利なアクセス!船で尾道水道を渡り、目の前の向島へ

写真:長坂 博希

地図を見る

船乗り場は尾道側と向島側それぞれ3箇所ずつあり、尾道駅のすぐ目の前からも船が出ているのでアクセスも非常に便利!料金も片道60円〜100円と非常に良心的で、市民の足になっている様子を伺うことができます。

もちろん車や自転車のまま移動することも可能です!車の場合、新尾道大橋を渡ることもできますが、かなり遠回りになってしまうので、是非便利で早い船を活用しましょう!

尾道からも便利なアクセス!船で尾道水道を渡り、目の前の向島へ

写真:長坂 博希

地図を見る

ゲストハウス「無花果」までは、下船後徒歩10〜15分ほど。事前のご連絡で、船着場まで送迎もして下さいます。

向島に降り立てば、観光客で賑わう尾道の雰囲気とは打って変わり、より落ち着いたローカルな雰囲気を感じることでしょう。静かな島の中に滞在できるのも向島に宿泊する大きな魅力の一つです!

心がほっとする古民家でのんびりステイ!

心がほっとする古民家でのんびりステイ!

写真:長坂 博希

地図を見る

かわいらしい庭を通り抜け、家の扉を開けば、そこにはどこか心がほっとするような温かい空間があなたを出迎えてくれます。もともと空家となった築40年の家を改装して作られたゲストハウス「無花果」。そんなお家の中にはゆったりとした時間が流れます。

心がほっとする古民家でのんびりステイ!

写真:長坂 博希

地図を見る

こちらは宿泊者の共有スペースとなる「みんなの居間」。すぐ目の前にはかわいらしいお庭も望むことができ、とても風情の漂う空間となっています。

畳で寝転んでリラックスするも良し、掘りごたつでゆっくりご飯を楽しむも良し、オーナーのご夫婦や宿泊者とゆっくりお話しても良し。アットホームな雰囲気に自然と心癒されることでしょう。

心がほっとする古民家でのんびりステイ!

写真:長坂 博希

地図を見る

「みんなの居間」には、都会の人には物珍しく思えるような雪見障子があります。障子が上下2つに分かれており、下側を上にスライドさせると窓になっていて、外側の雪を眺めていたことからその名がついた雪見障子。雪見障子越しに眺めるお庭も雰囲気バッチリです!

ゲストハウス「無花果」の選べるお部屋タイプ

ゲストハウス「無花果」の選べるお部屋タイプ

提供元:尾道向島ゲストハウス無花果

http://ichijiku.wixsite.com/guesthouseichijiku

ゲストハウス「無花果」には洋室1部屋、和室2部屋の計3部屋あり、予約の際にリクエストすることも可能です。写真は階段が非常におしゃれで特徴的な洋室。雰囲気のある2段ベッドで眠れば、体の疲れも吹き飛んでしまいそうです!

ゲストハウス「無花果」の選べるお部屋タイプ

提供元:尾道向島ゲストハウス無花果

http://ichijiku.wixsite.com/guesthouseichijiku

和室は大小の2部屋あり、こちらは8畳の和室。おばあちゃんの家に帰ってきたような、心安らぐ和室もおススメです。

ゲストハウス「無花果」の選べるお部屋タイプ

写真:長坂 博希

地図を見る

和室の衣装タンスには、ご夫婦考案の手作りロッカーが。こんな細部にもご夫婦の温かいおもてなしを感じることができます。

尾道向島の「いちじく名人」が作る絶品いちじくジャムを満喫しよう!

尾道向島の「いちじく名人」が作る絶品いちじくジャムを満喫しよう!

提供元:尾道向島ゲストハウス無花果

http://ichijiku.wixsite.com/guesthouseichijiku

ゲストハウス「無花果」の名前の由来にもなっているように、ご夫婦はいちじく農家さん。その腕前はメディアでも取り上げられたことがあるほどなのだとか!

尾道向島の「いちじく名人」が作る絶品いちじくジャムを満喫しよう!

提供元:尾道向島ゲストハウス無花果

http://ichijiku.wixsite.com/guesthouseichijiku

そしてゲストハウス「無花果」では、特製のいちじくジャムを手に入れることができます。いちじく・きび砂糖・レモンだけで作られたこだわりのジャムはまさに絶品!パンにも良し、ヨーグルトにあわせても良し。さまざまな楽しみ方ができる一品です。

朝食付きのプランであれば朝食で味わうことができ、そうでなくてもゲストハウスにて購入することができます。ぜひこだわりの一品をお試しあれ!

向島は尾道観光にもしまなみサイクリングにも最高のロケーション!

向島は尾道観光にもしまなみサイクリングにも最高のロケーション!

写真:長坂 博希

地図を見る

ゲストハウス「無花果」がある向島は、尾道観光にもしまなみサイクリングにもとっても便利な立地。さきほどご紹介したとおり船で4分ほどで尾道へ渡ることができるので、時間の無駄なくゆっくりと尾道を観光することができます。

向島は尾道観光にもしまなみサイクリングにも最高のロケーション!

写真:長坂 博希

地図を見る

しまなみ海道サイクリングを楽しむ方は、尾道とは反対側に自転車を20分ほどこげば、因島へとつながる因島大橋へ行くことができます。自転車スタンドがあるため自転車のまま宿泊できるのもゲストハウス「無花果」のおもてなし。向島をスタート地点としてサイクリングを楽しむのも素敵ですね!

向島は尾道観光にもしまなみサイクリングにも最高のロケーション!

写真:長坂 博希

地図を見る

しまなみ海道ではなく向島を満喫したい方は、のんびりと向島を周遊してみるのも楽しいでしょう。アーチ状の橋を渡って、さらにローカルな岩小島へ行くこともできるので、よりローカルな島の観光を楽しみたい方にはおススメです。

尾道しまなみ散策に新しい宿泊のかたち。向島ゲストハウス「無花果」でのんびり島滞在を!

いかがでしたでしょうか?尾道観光にもしまなみ海道サイクリングにも便利な向島。ゆっくりと時間が流れるこの島の、心温まるご夫婦のおもてなしを味わえば、きっと観光やサイクリングの疲れも吹き飛んでしまうことでしょう。

ぜひあなたもゲストハウス「無花果」で癒しの島ステイを満喫してみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/20−2017/05/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ