オレンジフェリー個室!家族感動の瀬戸内クルーズ旅!

| 愛媛県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

オレンジフェリー個室!家族感動の瀬戸内クルーズ旅!

オレンジフェリー個室!家族感動の瀬戸内クルーズ旅!

更新日:2017/06/01 18:24

鎌倉 万里子のプロフィール写真 鎌倉 万里子 元旅行会社勤務、かながわ案内人、全国いいもの応援団

四国オレンジフェリーは、大阪南港を夜出発、一晩かけて瀬戸内海をクルーズ、翌朝には愛媛の東予港に到着する便利なフェリー便です。

フロントやレストラン、大浴場もある豪華なつくりの船内で、二階建ベットのある個室に宿泊すれば、子供は大喜び!ホテル1泊分の料金で交通費込みとリーズナブル、瀬戸内の穏やかな海を航行するので揺れも安心です。

翌朝は愛媛県の東予港へ到着。是非、船上の優雅な旅をお楽しみください!

ポートタウン線でフェリーターミナルへ

ポートタウン線でフェリーターミナルへ

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

フェリー東予港行きに乗船できるフェリーターミナルまでは、大阪中心部からは、ポートタウン線に乗車するのが便利。50分ほどでフェリーターミナル駅に到着、連絡通路を通って、快適にターミナル内に入る事ができますよ。

ホテル近鉄ユニバーサルシティや関西国際空港からは直行の連絡バスも出ていますので、こちらも大変便利です。(完全予約制)

ポートタウン線でフェリーターミナルへ

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

オレンジフェリーの予約は、基本は乗船日の2か月前から。電話で予約、乗船前に窓口で代金を支払うシステムが主体。電話口で人数と年齢、希望の等級を告げれば、合計料金を計算してくれるので安心です。

個室は一番下のランク一等室4人利用の場合、一人8740円(食事なし)。子供は半額。3名、2名利用の場合は、指定の貸切差額料金を支払います。(詳細はHP参照。)

出航時間は22:30ですが、乗船は20:00から可能、船内でゆっくり食事や入浴ができるよう、家族連れにはありがたい配慮がなされています。

ターミナルで手続きを済ませたら、フェリー中央にある乗り口から、いよいよ、乗船です!

ポートタウン線でフェリーターミナルへ

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

船内に入ると、絨毯張りの床、ホテルのようなフロントがお出迎え。国内には宿泊型のフェリーがたくさんありますが、オレンジフェリーの船内は、なかでも清潔で、豪華な雰囲気を兼ね備えています。リーズナブルな乗船料金の割にリゾート感が味わえますよ。

また、お勧めなのが、デッキから見る大阪南港のロマンチックな港夜景。これからの船旅に思いを馳せ、大海原へ、さあ出航!

個室型二段ベットに子供大喜び!

個室型二段ベットに子供大喜び!

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

フロントでカギを渡されたらさっそく室内へ。入口すぐには、鏡のついた洗面台と個別に利用できるロッカー扉があり、細かい配慮がなされています。

個室一等室は、2段ベットが向かい合わせで4人が利用可。各ベットにはそれぞれカーテンが付き、内部には室内灯、小さな小物入れまであり、一人部屋風に。最近海外の方に大人気のカプセルホテルの空間にも似ていて、子供達は大はしゃぎ間違いなし。

個室型二段ベットに子供大喜び!

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

ベット内部は白いシーツと枕カバーが清潔に敷かれ、寝巻、オレンジフェリーのロゴ入りのタオル、歯ブラシのセットが置いてあります。
就寝時カーテンを閉めると、狭さはそれほど感じず、落ち着きのある空間となって、ぐっすり眠れる方が多いよう。内海の瀬戸内海線のおかげなのかフェリー特有の揺れもあまり感じないと言われていますよ。

海一望の大きな窓側にはソファセット、テレビの設置もあり、流れゆく港夜景や瀬戸大橋・明石海峡大橋のライトアップを眺めながら、部屋でゆったり寛いでみてください。お酒をいただけば、まるで船上バーにいる気分。館内には自動販売機もあるので大変便利です。

各室内には、人数分の救命胴衣があり、その着用法と非常の際の心得が掲げてあるので、必ず目を通し、海上の旅であるという認識を常に持って、安全にそして楽しく滞在しましょう。

食事はリーズナブルにセレブ気分!

食事はリーズナブルにセレブ気分!

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

夕食はぜひ船内レストランで。席は自由に選ぶ事が出来、船窓を望みながらまるでホテルのラウンジのようなスペースも利用することもできます。食事は自由に選択オーダーして受け取りにいく気軽なシステム。子供連れにはありがたいですね。

夜のレストラン営業は、平日は20:00〜22:30、土・日は19:30〜22:30となります。

食事はリーズナブルにセレブ気分!

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

夏季限定の冷たいざるうどん(560円)は特にお勧め!こしがよく、つるっとした食感のうどんは、うどん県四国を思わせる納得の美味しさ。また、温かい「大判さぬきうどん」510円の大きいキツネ揚げは、甘めの味付けが郷土の風情いっぱいです。

メニューはその他に、ホテルビーフシチューのセット1980円、唐揚げ定食870円、特製カレー560円など豊富で、どれも冷凍食品を使わず手間ひまかけた自慢の一品。子供も食べやすいどんぶりや単品も充実しているので安心ですよ。

飲み物は愛媛アサヒ工場直送のビールサーバーを設置、500円で生ビールが飲めるほか、全国の銘酒や焼酎が取りそろえられています。また、自動販売機が設置され利用できるので、こちらも便利。

食事はリーズナブルにセレブ気分!

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

めずらしい四国の郷土の味もあります。八幡浜名産じゃこ天は、歯ごたえと風味、のどごしがビールにぴったりの逸品。四国・伊予への旅に思いをはせながらゆっくりといただいてみませんか?

ライトアップの明石海峡大橋の下を通過!

ライトアップの明石海峡大橋の下を通過!

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

航行中の船上での入浴もぜひ体験したいひとつです。

オレンジフェリーの大阪発便は20:00〜翌朝6:40までいつでも入浴可。もちろん脱衣所にロッカー、浴場内にボディソープやシャンプー・リンスも完備されています。ゆったりめのサウナもありますので、これからの旅の行程に備えて、体をゆっくりほぐしましょう。

ジャグジーのある湯につかりながら、船窓に目をむけると、陸のまち灯りがロマンチックに過ぎていき、日常から離れた船上リゾートをより感じさせてくれますよ。

ライトアップの明石海峡大橋の下を通過!

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

ナイトタイムの寛ぎは、ぜひ最上階の展望席でいかがでしょうか?フェリーのデッキに面してぐるっとほぼ360度、眺めのいい位置にテーブル・ソファ席が配置されており、お酒やつまみをもちこんで談笑するグループや家族に人気です。確実に利用したい場合は早めに席の確保を。

深夜になると遠くにライトアップした明石海峡大橋が現れ、どんどんまじかに迫ってくる様子は感動的ですよ。

ライトアップの明石海峡大橋の下を通過!

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

船窓から見えていた明石海峡大橋がますます近ずいて、船内がざわついてきたら、デッキへ出てみましょう。

広がる夜空と、すぐ目の前のライトアップが美しい明石海峡大橋にまず大感動!

そのままフェリーはその真下を通過します。こんな体験は他ではなかなかできませんよね!瀬戸内海フェリー旅のみのロマンチックで美しいクライマックス。乗船したらぜひ体験してみてください。

朝日と共に入港、快適に四国・伊予の旅へ!

朝日と共に入港、快適に四国・伊予の旅へ!

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

船室でゆっくり休んだら翌朝は少し早起きを。日の光で初めてみるフェリーからの景色、海の近さに改めて感動するはずです。そして、お勧めはデッキから見る朝日!大海原の向うからオレンジ色の美しい光が徐々に現われるのをゆっくりと見ることができますよ。海上の朝は冷えるので、必ず上着などをご用意くださいね。

レストランの朝の営業は5:30から7:00となります。朝食セットは670円で和食・洋食が選べ、いづれもコーヒー付き。もちろん各自パンやスープを持ち込んで、各部屋でいただいてもいいですね。お茶、冷水、熱湯の出るサーバーが客室近くに設置されているので便利です。

また洗顔などにゆったりとした男女別の洗面室が部屋外にも完備されていますので、そちらもあわせて利用し、出発に備えましょう。

朝日と共に入港、快適に四国・伊予の旅へ!

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

朝6:00。陸の緑が近くなり、沿岸の製造所の重機などがちらほら見えてきたらいよいよ愛媛県の東予港へ入港です。到着後7:00までは船内で休めるのでご安心ください。

東予港周辺は公共交通機関が少ないので、車利用以外の場合は、フェリーと一緒に予約できる連絡バス利用がお勧め。道後温泉へ行かれる場合は、JR松山駅前行きのバスが、1230円(子供620円)で予約できます(席確保制)。

所要時間一時間強のバス旅。6:20東予港発〜7:33JR松山駅着となります。観光バス仕様で座席も快適ですので、到着までもうひと眠りもいいですね。しっかり充電して、雄大な四国の旅を満喫しましょう!

旅は移動が楽しい!

フェリーでの宿泊旅行はまさに、移動時間がメインイベント!島国である日本は、意外とたくさんの航路便があり、船内には思いがけない楽しい出会いがたくさんあります。予約方法、利用方法も至ってシンプルで利用しやすく、ファミリー旅行に頭を悩ませている親御さん達にぜひお勧めしたい旅のひとつです。

旅行後は、日本地図を片手に港や航路をお子さんとたどって、改めて海に囲まれた日本の地形や、旅の距離感を振り返ってみては、いかがですか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/04−2017/05/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -