癒しの極み!新装“大人の通年リゾート”大磯プリンスホテル

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

癒しの極み!新装“大人の通年リゾート”大磯プリンスホテル

癒しの極み!新装“大人の通年リゾート”大磯プリンスホテル

更新日:2017/06/02 17:11

有馬 亜來のプロフィール写真 有馬 亜來 美酒美食巡礼者、ほろ酔い旅カメライター

2017年4月にリニューアルOPENした「大磯プリンスホテル」。“大人の通年リゾート”にコンセプトチェンジした上質ホテルは、新たな名所へ。オーシャンビューの客室に体を預け、大磯散策やアクティビティで癒し旅をコーディネート。
さらに同年7月OPENの併設温泉スパ施設「THERMAL SPA S.WAVE」は、ゆったりとした極上リラクゼーション構造、ならば客室⇔スパなんて、この上ない贅沢、というワケ。

湘南オーシャンビューを味わうホテル

湘南オーシャンビューを味わうホテル

写真:有馬 亜來

地図を見る

鎌倉から箱根への湘南エリアに位置し、目の前は美しいオーシャンビューが広がる、最高のロケーション!ホテル敷地内、富士山ビューのテニスコートやゴルフコースを通り抜けて直接海岸へ出ることができます。夜は西湘バイパスの灯りが海岸線をなぞるように照らす美しい夜景が楽しめるのもこのホテルならでは。

写真は、8階客室からの眺望。右下にはこのホテル棟すぐ横にスパ棟(取材時は建設中)、これが連絡通路でつながり、宿泊者はいつでもスルーパス可能。夜のスパは宿泊だけが利用できる時間、海岸の夜景を味わえる特権が付いてきます(受付時間等は公式HPで)。

スタイリッシュ&ディープリラックスな客室

スタイリッシュ&ディープリラックスな客室

写真:有馬 亜來

地図を見る

写真は、海側上層階の角部屋“大磯スイート”。リラックスできる設備設計は全ての客室カテゴリに共通し、アースカラーの穏やかな色調も海の青さが引き立ち、スパ施設から戻った後もリラクゼーションが続く優越感。

一方で山側客室は、東海道五十三次に描かれた大磯のシンボルツリーとも言える松並木と、丹沢山系の季節の移ろいが美しい眺望です。これにマッチするようにシックで上質感があるインテリア、そして海側に比べお得な料金ということもあり長期滞在などでは、こちらを希望する方も少なくありません。

客室カテゴリも新しく様々なタイプがラインナップ、公式HPにて客室それぞれの魅力をご覧ください。

スタイリッシュ&ディープリラックスな客室

写真:有馬 亜來

地図を見る

独立したベッドルームも含め、海側全客室のベッドから遮蔽物の無い海を間近に望めます。これは「癒し」を極める上で、実は非常に重要な意味を持つレイアウト。

人の心に癒しの効果をもたらすという“1/f(エフぶんのいち)揺らぎ”をご存知ですか?自然界や身近な生活環境に存在する『適度に規則的で、かつ、適度に不規則な揺らぎ』例えば、ろうそくの炎の揺らぎを見るだけで癒し効果があることは有名です。そしてその1/f揺らぎは、海面の波の揺らめきにも。

ベッドに横たわりながら波の揺らぎを心静かに眺める、脳内リセットの時間…ホテル設計と自然界が与えてくれる究極の癒しなのです。

大磯散策でストーンヒーリング!

大磯散策でストーンヒーリング!

写真:有馬 亜來

ホテル周辺には観光スポットも多いですが、ホテルから徒歩で行ける大磯の海岸を散策するのもおススメ。

まるで宇宙のカケラのような色彩と表情豊かな石(写真)、これは大磯の海岸一帯で採れる「大磯石」と呼ばれるもの。古にはあまりの美しさに華道千家古流家元がこれに似せて和菓子を作った文献が残る程。
ストーンヒーリングは既に知られていますが、庭石や現代アートにも利用されるこの色、感触、渚で擦れ合う音など、さらに癒し効果絶大です。

また、ホテルから徒歩圏内には、旧吉田茂邸や日本三大俳諧道場“鴫立庵”など歴史や景勝を味わうスポットが多く点在。海岸散策と併せて訪れてみてもいいでしょう。
(詳細はリンクHPを)

リゾートダイニングで大人の癒しを

リゾートダイニングで大人の癒しを

写真:有馬 亜來

地図を見る

プール&オーシャンビューのメインダイニングも、ぐっと落ち着いた大人の雰囲気。シェフが目の前で仕上げる人気のブッフェスタイルディナーは、和洋中の品揃えが豊富でスイーツまで品数充分。モーニングブッフェも同様です。
ランチブッフェも楽しいものですが、朝夕食べ過ぎてしまった、という方はアラカルトメニューも用意があります。

5日前までの予約限定特別メニュー“旧吉田茂邸ランチ”は吉田茂が好んだ大磯名物を盛り込んだもので、こちらも吉田茂が愛した大磯の海を見ながら食すのも一興です。

この他、2017年7月OPENの中国料理、スパ棟のダイニングも合わせれば食の自由度はかなり広がります(宿泊プランによる)。

「大磯プリンスホテル」で大人リゾートの癒しを

大人の通年リゾート施設に生まれ変わった、大磯プリンスホテル。究極の癒し客室で、海の揺らぎのようにゆったりと心解けていく…
さらに2017年7月OPENのスパに、歴史と癒しの大磯散策に…途切れることのない深いリラクゼーションを、オトナのあなたへ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -