大阪の激ウマB級グルメのお店!「お好み焼き ちとせ」

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

大阪の激ウマB級グルメのお店!「お好み焼き ちとせ」

大阪の激ウマB級グルメのお店!「お好み焼き ちとせ」

更新日:2017/05/30 16:54

中川 康雄のプロフィール写真 中川 康雄 ご当地グルメ探検家

大阪で食べておきたいB級グルメといえば、「お好み焼き」。一度は本場で食べておきたいものですが、せっかくなら特別に美味しいお店で選びたいところ。そこで今回は、大阪にある数多くのお店の中から、ぜひともおすすめしたいお店をご紹介。それは、下町にひっそりと佇む老舗「お好み焼き ちとせ」です。その美味しさは、広島の人も認めたくなるほど。一度食べたら忘れられなくなる、そんな絶品のお好み焼きなのです。

路地裏のひっそりとした佇まい

路地裏のひっそりとした佇まい

写真:中川 康雄

地図を見る

この「お好み焼き ちとせ」があるのは、大阪のディープスポット・西成区。地下鉄御堂筋線の動物園前駅から徒歩約3分、JR新今宮駅からは徒歩約5分のところにあります。商店街から入った路地のようなところなので、知っていなければまずスルーしてしまうような、ひっそりとした佇まいが印象的。

路地裏のひっそりとした佇まい

写真:中川 康雄

地図を見る

「お好み焼き ちとせ」は、古い民家のような建物のなかで営まれています。一般的な観光客であれば、知らなければまず足を運ぶことはありません。お店の玄関にかかっている紫色の暖簾が、とてもいい味を出しています。この時点でなんだか食欲をそそられてしまうのが不思議ですね。

海外からも多くの観光客が訪れる

海外からも多くの観光客が訪れる

写真:中川 康雄

地図を見る

店内はこじんまりしていて、座席はカウンターとテーブルの両方があります。古い建物で、経年によって味わいがうまれ、かつ清潔に整えられています。その雰囲気は「ザ・老舗!」といったところ。カウンター席では、目の前で調理をしている様子がしっかりと見えるので、そういうのが好きな人にはおすすめ。目で味わうことができるのも鉄板焼きの魅力のひとつです。

海外からも多くの観光客が訪れる

写真:中川 康雄

地図を見る

お店の入り口のある壁側には、今までここに訪れた海外からの旅行者たちが置いていった、様々な国々の紙幣が貼り付けられています。韓国や台湾、タイなど、訪れた人たちの国籍の幅広さに、海外におけるこのお店の評判の良さがわかります。お店の人も英語を流暢に話すことができることもあり、海外の旅行サイトの口コミでもかなりの高評価。

味と接客の両方が光る、グローバルでローカルなお好み屋さんなのです。

おすすめのメニューは「たかすが焼き」

おすすめのメニューは「たかすが焼き」

写真:中川 康雄

地図を見る

この「お好み焼き ちとせ」には、ぜひとも食べておきたいおすすめのメニューがあります。それは「たかすが焼き」。ネギ焼きとそばめしを重ねたお好み焼きなのですが、これがまた美味しい!そばめしとは関東などではあまり目にしませんが、関西ではメジャーな料理のひとつ。その名の通り、そばとご飯とをミックスしたもの。

ちょっと他のメニューと作り方も違っていて、なんだか少し広島風のお好み焼きを彷彿とさせるものがあります。

おすすめのメニューは「たかすが焼き」

写真:中川 康雄

地図を見る

そしてこちらが、おすすめメニュー「たかすが焼き」の完成形!

ぱっと見は普通のお好み焼きのようですが、その食感や味わいは随分と違っています。

おすすめのメニューは「たかすが焼き」

写真:中川 康雄

地図を見る

そばとご飯のそれぞれの食感やエビと豚肉のコラボレーションが素晴らしい!

ここでしか食べることのできない味なので、一度は試していただきたいところです。これ以上に美味しいお好み焼きは、関西広しといえども、なかなかないのではないでしょうか?その素晴らしいテイストに、「お好み焼きは広島風!」と思っている頑固な人でも、思わずその価値を認めてしまうレベルです。

大阪のB級グルメの至宝のひとつ!

いかがでしたか?大阪にある数多くのお好み焼き屋さんの中から、とくにおすすめしたい名店「お好み焼き ちとせ」。一度たべてみたなら、国内外から大人気になっているその理由がわかります。素朴でアットホームな店構えと抜群の味の良さ!

大阪のB級グルメの至宝のひとつを、ぜひ味わってみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ