東北屈指の山岳道路!岩手・八幡平アスピーテラインで楽しむ絶景ドライブの旅

| 岩手県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

東北屈指の山岳道路!岩手・八幡平アスピーテラインで楽しむ絶景ドライブの旅

東北屈指の山岳道路!岩手・八幡平アスピーテラインで楽しむ絶景ドライブの旅

更新日:2017/06/05 09:17

てっぴいのプロフィール写真 てっぴい 旅ブロガー

岩手県と秋田県に跨る全長約27kmの観光道路、八幡平アスピーテライン。標高1,613mの八幡平の山を越える東北屈指の山岳道路になりますが、途中に広がる美しい山の景色は実に素晴らしく、ぜひとも一度は訪れてもらいたいおススメのドライビングスポットです。今回は、そんな八幡平アスピーテラインで楽しむことの出来る素晴らしい絶景スポットの数々をたっぷりと紹介していきます。

八幡平アスピーテライン屈指の絶景スポット!源太岩展望所

八幡平アスピーテライン屈指の絶景スポット!源太岩展望所

写真:てっぴい

地図を見る

東北道の松尾八幡平ICや、西根ICなどから八幡平アスピーテラインを岩手県側から登って行くと、途中にあるのがこちらの源太岩展望所です。八幡平アスピーテラインの中腹あたり、標高1,259mに位置する展望台になりますが、名前の由来にもなっている通り、こちらのヘアピンカーブのちょうど角のところにある大きな源太岩が目印の展望台となります!

ちなみにこちらの源太岩は、坂上田村麻呂の伝説が由来となって名付けられたもの。源太岩があるヘアピンカーブの手前には、車数台が停められる程の駐車スペースも確保されております。展望台から眺められる雄大な八幡平の山並みを楽しみに、ドライブの休憩がてら、まずはこちらの源太岩展望所に立ち寄ってみると良いでしょう。

八幡平アスピーテライン屈指の絶景スポット!源太岩展望所

写真:てっぴい

地図を見る

また、こちらが源太岩展望所から八幡平の方向を眺めた山並みになります。岩手県と秋田県との県境をなす八幡平の山々が、まるで目の前に立ちはだかる巨大な1枚の壁のように連なっている様子が良く分かります。

道路の名前にも入っている“アスピーテ”とは、西洋の騎士が使う楯のように、山頂付近がなだらかになっている楯状火山のことを指しており、まさにこちらの八幡平周辺も、岩手県と秋田県の県境がある八幡平の頂上に向かうに連れて、緩やかに標高を上げていきます。

八幡平アスピーテライン屈指の絶景スポット!源太岩展望所

写真:てっぴい

地図を見る

一方で上の写真にもある通り、源太岩展望所からは反対の岩手山や八幡平の市街地の方向も素晴らしい景色を楽しむことが出来ますので、こちらも必見です。

八幡平アスピーテラインのピークへ!見返峠から見る絶景

八幡平アスピーテラインのピークへ!見返峠から見る絶景

写真:てっぴい

地図を見る

先ほどの源太岩展望所よりおよそ7km。秋田県側に向かって、車で10分〜15分程度さらに八幡平アスピーテラインを登って行くと辿り着くのが、こちらの見返峠になります。

ちょうど岩手県と秋田県の県境にあたり、八幡平アスピーテラインのピークの1つでもある見返峠の標高はなんと1,500mオーバー!これは、見返峠から少し離れたところにある八幡平の山頂の標高(=1,613m)とわずかしか変わりません。

さすが八幡平アスピーテラインを登り切った峠の頂上ということだけあって、見返峠の周辺には、大型バスなどが何台も停められるような広大な駐車場やロッジ風のレストハウスが整備されていたりと、観光施設も充実しています。

八幡平アスピーテラインのピークへ!見返峠から見る絶景

写真:てっぴい

地図を見る

こちらでなんと言っても押さえておきたいのが、上の写真にもある通り、見返峠から眺める岩手の山の絶景です。八幡平の山頂とほとんど同じ高さから見下ろす山々の景色はまさに格別で、写真左手に見える茶臼岳(=標高1,578m)や、県内で最も高い山となる岩手山(=標高2,038m)の山並みは非常に美しく、本当に見事の一言!

また、こちらの見返峠から、八幡平の山頂を目指して八幡沼や源太森へと至るトレッキングコースについても、八幡平の山の魅力を手軽に感じられるハイキングコースとして人気の1つとなっています。

大深沢展望台から眺める秋田県側の眺望も見事!

大深沢展望台から眺める秋田県側の眺望も見事!

写真:てっぴい

地図を見る

見返峠で岩手の山の素晴らしい絶景を存分に満喫した後は、そのまま秋田県側へと入って、八幡平アスピーテラインをさらに少しだけ先へと進んでいきましょう。

こちらは、秋田県側にある大深沢展望台から眺めた日本海側の山々の景色です。山頂付近にも“アスピーテ”状のなだらかな山が連なる八幡平のもう1つのピークとなっているこちらの大深沢展望台からは、見返峠から眺めた山とは180度正反対の方向、つまり、秋田の山を大変良く見渡すことが出来るんです!

同じ八幡平の山の1つである標高1,578mの畚岳(もっこだけ)からスタートし、田沢湖の東側にそびえる秋田駒ヶ岳(=標高1,637m)や、標高1,454mの森吉山など。まさに、秋田を代表する山の景色を一望することが出来ます。

空気の澄んだ晴れた日には、なんと遠く日本海の海沿いに位置する鳥海山(=標高2,236m)の山並みまで見渡せるそう。先程の見返峠とは異なり、こちらの大深沢展望台は簡易な駐車場のみが整備されたシンプルな展望台となっていますが、見渡す景色は見返峠同様に素晴らしいものがありますので、ぜひとも八幡平アスピーテラインを頂上まで登って来た際には、あわせて立ち寄ってみると良いでしょう。

まだまだ見どころいっぱいの八幡平アスピーテライン!

八幡平アスピーテラインを巡る絶景ドライブの旅はいかがでしたでしょうか?今回は主に岩手県側から山頂へ至るルートで、素晴らしい絶景が楽しめる観光スポットを中心に紹介してきましたが、八幡平アスピーテラインは他にも見どころがたくさんあります!

特に秋田県側を下る途中には、八幡平の火山活動の様子を間近で観察することの出来る後生掛(ごしょうがけ)自然研究路や八幡平大沼を巡る遊歩道などが整備されています。これらの観光スポットは、岩手県側とはまた違った山の一面を楽しむことが出来る観光スポットとなっておりますので、時間があればぜひとも合わせて回ってみることをおススメします。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/08/26−2014/08/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ