大阪で水上さんぽが人気!SUPで巡る「水の都 回廊ツアー」

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

大阪で水上さんぽが人気!SUPで巡る「水の都 回廊ツアー」

大阪で水上さんぽが人気!SUPで巡る「水の都 回廊ツアー」

更新日:2017/06/01 12:22

比嘉 麻友のプロフィール写真 比嘉 麻友 子連れ旅行アドバイザー

大阪は古くから川を活用して発展し、水の都と呼ばれてきました。都心部の四方を囲むように川が流れているのは世界でも珍しく、クルーズ船や水陸両用バスツアーなど水辺の魅力を活かした観光アクティビティも盛ん。なかでも今注目なのは、SUP(スタンドアップパドル)で水都大阪を象徴する「水の回廊」をぐるっと巡る「水上さんぽ」ツアー。体を動かして川の上から眺めてみれば、今までと違った大阪の姿が見えてきそうです。

SUPで水辺の魅力を再発見!

SUPで水辺の魅力を再発見!

提供元:日本シティサップ協会

http://www.citysup.jp/

大阪のまちなか水辺で体験できる「水上さんぽ」とは、SUP(スタンドアップパドル:サップ)に乗って、街の景色を水上から眺めることのできる今注目のアクティビティ。

サーフボードのようなボードに立ったまま乗り、カヌーの様にパドルを使って漕ぐマリンスポーツですが、サーフィンと比べて浮力があるので誰でも簡単に楽しむことができます。また、川や海、湖などさまざまな水辺で遊ぶことができ、エクササイズ効果も高いということで、ハワイをはじめ世界中で人気上昇中です。

SUPで水辺の魅力を再発見!

写真:比嘉 麻友

地図を見る

SUPといえば、一人乗りのものが一般的ですが、日本シティサップ協会が行っている「水上さんぽ」は、複数で楽しめモーターが付いたメガSUPも選択できるのが特徴です。

メガSUPボードは初心者・未経験者でも参加可能で、小学生以下もOK。一見難しそうですが、実際に乗ってみると意外と浮力と安定感があり、初心者でも安心して乗ることができます。さらに、メガSUPボードには愛犬の同乗も可能! 家族連れや友人同士など、みんなで楽しめるのも人気の理由です。

グリコ看板も満喫できる大人気の「水の都 回廊ツアー」

グリコ看板も満喫できる大人気の「水の都 回廊ツアー」

提供元:日本シティサップ協会

http://www.citysup.jp/

ツアーのコースは、予約なしでも参加できるお手軽ツアー(約20分)や、観光名所の大阪城を川から眺める大阪城コース(約50分)など、所要時間や料金によってさまざまです。

一番人気は「水の都 回廊ツアー」(約3〜4時間)。水都大阪を象徴する「水の回廊」一周約11kmをぐるっと巡ります。あのグリコの看板でも有名な道頓堀川も通ります。

グリコ看板も満喫できる大人気の「水の都 回廊ツアー」

提供元:日本シティサップ協会

http://www.citysup.jp/

京阪線・天満橋駅下車すぐの「川の駅はちけんや」から出発し、大川〜堂島川/土佐堀川〜安治川〜木津川〜道頓堀川〜東横堀川と、いくつもの川、いくつもの橋をくぐり抜けて行く、まさに冒険の旅!

ツアー時間は約3〜4時間とかなり本格的ですが、メガSUPボードは誰でも(犬でも)乗れて水濡れの心配が少なく、また電動モーター付きなので安心です。

初心者・未経験者も気軽に楽しめる!

初心者・未経験者も気軽に楽しめる!

写真:比嘉 麻友

地図を見る

未経験者を対象とした水上さんぽ教室や水の都 体験ツアーも定期的に行われています。水上さんぽ教室(約60分のレッスン)は1日2回の開催。水の都 体験ツアー(約20分のツアー)は月・火曜日を除く毎日開催。どちらも「川の駅はちけんや」前からスタートします。

初心者でも水上さんぽ教室に参加すれば、一人乗りSUPボードを一から教えてもらえます。中学生以上であればだれでも受講できます(中学生は保護者の付き添いが必要)。

動画:比嘉 麻友

地図を見る

水面の目線から眺めてみると、街の風景も新鮮に映り、大阪がこんなにも水に囲まれていることに驚かされます。川面のつがいの鴨の姿に和んだり、ゆったりとした川の流れを感じたり、心癒されるひと時です。

見た目以上に楽しい「水上さんぽ」

自然のなかで行うイメージが強いSUPですが、都会の真ん中でも体験でき、水辺の魅力を感じることができます。一味違った観光をアクティブに楽しみたい人にぴったり! 見た目以上に楽しいSUP、ぜひ一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

ツアー催行情報や料金については関連MEMOの日本シティサップ協会のウェブサイトからご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -