大迫力のアウトドアを楽しむコロラドの夏。おすすめデスティネーション5選

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

大迫力のアウトドアを楽しむコロラドの夏。おすすめデスティネーション5選

大迫力のアウトドアを楽しむコロラドの夏。おすすめデスティネーション5選

更新日:2017/05/31 18:24

ナカヤ アキのプロフィール写真 ナカヤ アキ

からっとしたそよ風が吹き抜ける広大な大地とどこまでも続く広い青空。ロッキー山脈の中腹に位置し、冬のイメージが強いコロラドですが、夏のコロラドは国立公園巡り、渓流でのカヤック、キャンプなどのアクティビティが盛んです。大自然を求めて世界中からアウトドアファンが集まるコロラドの夏の魅力をご紹介します。

ロッキー・マウンテン国立公園

ロッキー・マウンテン国立公園

写真:ナカヤ アキ

地図を見る

コロラドを代表する国立公園。ロッキー山脈の眺望とエルクやビッグ・ホーン・シープなどの珍しい野生動物や高山植物など壮大な自然を楽しめる人気のデスティネーションです。大自然に囲まれキャンプやハイキング、トレッキングなどのアクティビティ施設も充実。ビジターセンターも6箇所に設置され、レンジャーによるガイドツアーも申し込めます。

エステスパークとグランドレイクに入場ゲートがありますが、エステスパークのゲートの方が夏季のみオープンの園内でも屈指の見所が詰まったシーニックロード「トレイル・リッジ・ロード」に近くおすすめです。

ロッキー・マウンテン国立公園

写真:ナカヤ アキ

トレイル・リッジ・ロードは、最高地点が標高3,713mに達する山のハイウェイで、ツンドラなどの多様性にあふれた景観を楽しめます。富士山の頂上付近の高さまで車でらくらく行ける山岳公園は、数多くあるアメリカの国立公園でもロッキー・マウンテン国立公園だけです!夏でも山頂では雪が降ることがあるので防寒対策もしっかりと。

ゲートのあるエステスパークは、美しい景色が魅力の避暑地としても有名です。この街の高台にあるスタンレーホテルは、ジャック・ニコルソン主演の映画「シャイニング」の舞台になったことでも有名で、最近ではアメリカも屈指の心霊スポットとしても人気があります。

メサベルデ国立公園

メサベルデ国立公園

写真:ナカヤ アキ

地図を見る

コロラド州の南西部、デュランゴの町の近くのテーブルマウンテンに築かれた古代ネイティブアメリカンの遺跡公園。古代プエブロアンが6〜13世紀頃に建てた住居など数千もの遺跡を見学できます。国立公園制定110周年の歴史ある公園で、他の国立公園と比べるとアウトドア・アクティビティは少ないのですが、アメリカ建国以前の歴史を体験できる国立公園として人気があります。

断崖住居と呼ばれる建築様式が多く用いられ、石や煉瓦で建てられた住居が断崖絶壁の渓谷に建ち並びます。住居の中には数百の部屋数を有する巨大なものもあります。夏季は1回分の入場券が7日間有効なので、広大な園内を何日にも分けて見学するビジターも。英語に自信がある方には、古代プエブロアンに関する考古学についても学べるレンジャーツアーがおすすめです。

デュランゴ・シルバートン狭軌鉄道

デュランゴ・シルバートン狭軌鉄道

写真:ナカヤ アキ

コロラド南西部デュランゴからシルバートンまで走る蒸気機関車「デュランゴ・シルバートン狭軌鉄道」。かつて、炭鉱で栄えたデュランゴと銀鉱で栄えたシルバートン間に、1881年以来ずっと運行が続いている機関車をそのまま観光列車として利用しています。この2つの町は開拓時代の面影が残り、西部劇の舞台に迷い込んだ気分に。

当時を偲ばせる町の駅を出発すると、壮大で風光明媚なロッキー山脈の山間を片道3時間30分かけてゆっくりと走ります。雪深い冬季にはシルバートンまで運行しないので、蒸気機関車の旅を楽しむなら夏がおすすめです。最後尾は展望車で人気があるので、最高の景色を楽しみたい方は早めにご予約を!

ブラックキャニオン国立公園

ブラックキャニオン国立公園

写真:ナカヤ アキ

地図を見る

コロラド州グランド・ジャンクションの街の近くに位置する国立公園。コロラドでもツウ好みの秘境と言われ、あまり観光客に出会わない知る人ぞ知る国立公園です。深く削られた渓谷は必見で、崖の切り立った深い渓谷は全米でも珍しく地質学者なども多く訪れます。

モントローズの東に位置するサウスリムゲートは1年間通してオープンしており、キャンピング施設などもあり便利です。ビジターセンターはガニソン川を見渡せるポイントの近くにあり、川の両側の稜線にはビューポイントが点在するので必見です。園内のビジターセンターには食事のサービスは無いので、キャンプをする場合は飲食料持参で入園することをおすすめします。

ロイヤル・ゴージ・ブリッジ

ロイヤル・ゴージ・ブリッジ

写真:ナカヤ アキ

地図を見る

コロラド南部の町キャノン・シティーの近くを流れるアーカンソー川にかかる吊橋「ロイヤル・ゴージ・ブリッジ」。川底から約350メートル(凡そ東京タワーと同じ)の高さに架かる1929年に完成の老橋ロイヤル・ゴージ・ブリッジは、2012年まで世界一高い吊橋でした。頑丈なつくりの吊橋はあまり揺れたりしませんが、下を覗くと足がすくみます。高所恐怖層でなければ素晴らしい台パノラマを楽しめるので、橋の中ほどまで進んでみるのがおすすめです。

ロイヤル・ゴージ・ブリッジでは、世界一高い吊橋をさらに楽しむためのアトラクションを楽しめます。渓谷に架けられたワイヤーに滑車をかけて一気に対岸まで渡りきるスライダーや、渓谷をスウィングするスカイコースターなどの絶叫系から、渓谷を渡るゴンドラや川底まで下りるトロッコなどののんびり系、子供向けのアトラクションまで各種揃っていて、家族連れで賑わっています。

米国コロラドでアウトドアを満喫

夏休みに大自然で思いっきりアウトドアを楽しむのはいかがですか?日本では味わえないスケールの大きな体験と思い出を作るならコロラドがおすすめです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/01−2016/09/23 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ