北海道ガーデン街道「上野ファーム」は、新エリアの東口がおすすめ!

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

北海道ガーデン街道「上野ファーム」は、新エリアの東口がおすすめ!

北海道ガーデン街道「上野ファーム」は、新エリアの東口がおすすめ!

更新日:2017/06/03 16:29

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

上野ファーム(北海道旭川市)は、「北海道ガーデン街道」に所属する観光農園です。2015年に新エリア「ノームの庭」がオープンし、新設された東口からダイレクトに行けます。新エリアは上野ファーム最大の見所なので、東口から入場して真っ先に見ましょう。その後、園内を一周して、最後に再度「ノームの庭」を見て帰るコースが断然おすすめ。東口は旭山動物園などの観光名所側にあるので、利便性も抜群です!

上野ファーム自慢の「ノームの庭」は想像以上の絶景!

上野ファーム自慢の「ノームの庭」は想像以上の絶景!

写真:藤田 聡

地図を見る

上野ファームの東口を入ると、そこは既に「ノームの庭」ですが、代表的な光景は右手にある池の周辺。中島にはムーミンに登場しそうな小屋があり、周囲を色とりどりの草花が彩っています。「ノームの庭」には、ヨーロッパでガーデンノームと呼ばれる妖精が住んでいるそうなので、小屋もノームの物に違いありません。

草花の開花時期は一般的に春で、いくら北海道の夏が本州より涼しくでも、夏は本来花の時期ではありません。それなのに、これだけの花を咲き揃えているのは、並大抵の努力と知識では無く、本当に驚かされます。北海道ガーデン街道全体の中でも、上野ファームの「ノームの庭」は、断然おすすめだと断言出来ます!

上野ファーム自慢の「ノームの庭」は想像以上の絶景!

写真:藤田 聡

地図を見る

上野ファームの「ノームの庭」は、池の周囲だけでなく、至る所で花が咲き乱れており、花が好きな人なら老若男女問わず、大感激間違いありません。花を出来るだけ美しい環境で見る為にも、旅行日程の中で一番天候が良さそうな日に行くのが、おすすめです!

「白樺の小道」を通れば、上野ファーム本来のエリア!

「白樺の小道」を通れば、上野ファーム本来のエリア!

写真:藤田 聡

地図を見る

ノームの庭を満喫したら、上野ファーム本来のエリアへ行きましょう。実は順路が非常に分かり難いのですが、東口を入って左隅にある「白樺の小道」から行けます。「白樺の小道」は、それ自体が絶景ですが、春にチューリップや水仙が咲いた時の写真がパンフレットに掲載されており、その時期も見てみたいと思ってしまいます。

上野ファーム本来のエリアでは、ミラーボダーがおすすめ!

上野ファーム本来のエリアでは、ミラーボダーがおすすめ!

写真:藤田 聡

地図を見る

上野ファーム最大の見所「ノームの庭」を最初に見てしまうと、本来のエリアは少し迫力に欠ける気がします。しかし、西口から入って本来のエリアを最初に見たら、かなりの時間を掛けてしまったに違いないので、最初に「ノームの庭」を見て、本来のエリアは駆け足で見るのが、欲張りな旅行者には正解だと言えます。

本来のエリアにも多数の見所がありますが、特にミラーボダー(ガーデン)は、名前の通り左右線対称になっており、見応えがあります!

時間があれば、射的山にも登ろう!

時間があれば、射的山にも登ろう!

写真:藤田 聡

地図を見る

上野ファームには、ガーデンには珍しく射的山という山が園内にあります。本当に珍しいので、時間に余裕のある方は、是非登りましょう。この山の裏手がノームの庭の右手に続いているので、丁度良い帰路の運動になります。

平地が多いガーデンに山がある事自体珍しく、これもまた絶景ですが、パンフレットにはルピナスが咲いている写真が掲載されており、その様子も見てみたいと思ってしまいます。

時間があれば、射的山にも登ろう!

写真:藤田 聡

地図を見る

射的山に登る途中には、ノームの庭を見下ろす展望台があります。絶景ですが、草花はやはり至近距離で見た方が良いと感じるのも事実。射的山を超えれば、再度ノームの庭に行けるので、じっくり見学してから帰りましょう。時間が無い場合は山を登らずに「白樺の小道」を通れば、再度ノームの庭に戻れます。

上野ファーム「ノームの庭」は、北海道ガーデン街道の中でも断然おすすめ!

上野ファームの「ノームの庭」は、北海道ガーデン街道全体の中でも断然おすすめです。北海道ガーデン街道に一度も行った事が無い人や、普段はガーデンにあまり興味が無い人でも、是非一度訪れて頂きたい観光スポットです。

周辺の温泉では、旭岳温泉「湯元 湧駒荘」がおすすめで、美瑛の絶景まで足を伸ばす事も可能です。北海道ガーデン街道では「紫竹ガーデン」のモーニングもおすすめ。いずれも、別の記事で詳細に紹介しましたので、是非ご覧下さい。(記事最後の「この記事の関連MEMO」の中に、別記事へのリンク集があります。)

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ