定番スポットから新名所まで!伊豆エリアの紫陽花の見所まとめ

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

定番スポットから新名所まで!伊豆エリアの紫陽花の見所まとめ

定番スポットから新名所まで!伊豆エリアの紫陽花の見所まとめ

更新日:2017/06/03 13:13

sachieのプロフィール写真 sachie 伊豆史女、伊豆専門ナビゲーター

毎年6月上旬から下旬にかけて、美しい紫陽花の花が見頃を迎えます。伊豆地域では、15万株、300万輪の紫陽花が咲く下田市の「下田公園」。約650本の紫陽花が咲く、三島「アジサイの丘」や、松崎町の那賀川沿いに植えられた約3000本の紫陽花。貴重な日本原種の紫陽花からご当地の紫陽花が見られる「伊豆四季の花公園」など、知られた名所から知られざるマイナースポットまで、お勧めの花の見所をご紹介します。

国道沿いで見られる紫陽花の新名所!三島市「アジサイの丘」

国道沿いで見られる紫陽花の新名所!三島市「アジサイの丘」

写真:sachie

地図を見る

ご紹介するのは、伊豆半島の付け根に位置する三島市にある「アジサイの丘」です。アジサイの丘は、三島方面から箱根方面へ向かった国道1号線沿いにあって、約40種650本の紫陽花が植えられています。

ここは私有地ですが、あまりに綺麗に咲く花に引かれて訪れる人が絶えない、巷で話題のスポットになっています。その美しさは、新聞や雑誌に取り上げられるほど。

国道沿いで見られる紫陽花の新名所!三島市「アジサイの丘」

写真:sachie

地図を見る

ここで咲く紫陽花は、2002年から挿し木をして増えていったもので、所有者が剪定作業するなどして手塩にかけた紫陽花ばかり。その甲斐があってか、高さ7m〜8mの見事な紫陽花が見られます。青色・ピンク・白色などカラフルで、柏葉紫陽花など、ちょっぴり変わった品種も見られますよ。

アジサイの丘は、フルーツ狩りが出来る「伊豆フルーツパーク」の東側約600mの場所。花園などの有料施設に引けをとらない立派な紫陽花を無料で見られてお得です。観光やドライブの途中で立ち寄るには最適なスポットで、見頃は例年6月末まで。

※見学する際は、花を採らない、畑にゴミを散らかさないなど、私有地なので絶対にマナーを守って下さいね。

「アジサイの丘」
静岡県三島市塚原新田地内

紫陽花の十八番!圧倒の花が咲く「下田公園」

紫陽花の十八番!圧倒の花が咲く「下田公園」

写真:sachie

地図を見る

こちらは、下田市にある「下田公園」です。「伊豆急下田駅」から徒歩で約20分と便利な立地条件から、観光客が絶えない定番の紫陽花のスポットになっています。

園内には、約15万株、300万輪の紫陽花が植えられていて、紫陽花をがっつり見たい人にお勧めのポイント。広大な敷地を覆いつくすように咲き、訪れた人を圧巻する美しさを放っています。紫陽花の花が密集するように咲き、花の香りも楽しめますよ。

紫陽花の十八番!圧倒の花が咲く「下田公園」

写真:sachie

地図を見る

公園がある下田市は、幕末に開国の舞台となった場所。そのことから、ブルーキングなど外国種の紫陽花も植えられていて、異国情緒を味わえます。そして公園は、戦国時代、山城が置かれていたため、紫陽花にプラスした絶景も見られるポイントになっているのです。本丸に登れば、紫陽花越しに市街地を一望できますよ。紫陽花に加え、一味違った光景が見られるのも魅力です。

また、見頃を迎える時期(6月上旬から下旬)に合わせて「あじさい祭」を開催。町を挙げての一大観光スポットになっているので、見逃せません。

「下田公園(城山公園)」
静岡県下田市3丁目3−1174

変わり種の紫陽花なら「伊豆四季の花公園」

変わり種の紫陽花なら「伊豆四季の花公園」

写真:sachie

地図を見る

変わっては、伊豆半島の東海岸にある伊東市「伊豆四季の花公園」です。園内の一角に「あじさい苑」が設けられており、ここに自生するガクアジサイ「城ケ崎」「伊豆の華」を主に、日本原種や改良品種など全国から取り寄せた230種、約3000株の少し変わった紫陽花が見られてしまうスポットです。

変わり種の紫陽花なら「伊豆四季の花公園」

写真:sachie

地図を見る

写真は、ここを代表する花の一つの「城ケ崎」。元々この地に自生していたことから名付けられたようで、言い換えればご当地紫陽花と言ったところ。紫陽花の原種の1つであるガクアジサイで、城ケ崎はガクアジサイの八重咲き種。

一般的に紫陽花は、四弁花の集まった大形で球状の花序を付ける園芸種を言いますが、ガクアジサイは、花序の周囲にがく片からなる青紫などの方形の装飾花をもち、額縁のように見える花のこと。

あじさい苑は、ここでしか見られない珍しい花に加え、様々な種類があるので、見頃も紫陽花の種類によってまちまち。そのため、全体的に5月下旬〜6月末までと、少し見頃が長いのも特徴的。また、見頃に合わせて「あじさいまつり」も開催されます。園内では、車いすの貸し出しもしているので、ご家族皆さんで楽しめますよ。

「伊豆四季の花公園」
静岡県伊東市富戸841

桜の名所で観る!那賀川沿い3kmに渡るロ〜ングな紫陽花の見所

桜の名所で観る!那賀川沿い3kmに渡るロ〜ングな紫陽花の見所

写真:sachie

地図を見る

こちらは、西伊豆海岸に面する松崎町那賀川沿いの紫陽花です。町を流れる那賀川は、川沿いに約1200本の桜の木が植えられていて、約6kmに渡る桜並木や、休耕田を使った花畑など、春になると多くの観光客が訪れる桜のスポットとなっています。

桜の木の下には、3000株の紫陽花が植えられていて、約3kmに渡って紫陽花通りに変身する見所になっています。

桜の名所で観る!那賀川沿い3kmに渡るロ〜ングな紫陽花の見所

写真:sachie

地図を見る

ここで見られる紫陽花は、まん丸い形をした青色や紫色などをした西洋紫陽花など。落ち着きのある色合いの紫陽花と一緒に、川の流れも見られて、とても風流です。

遊歩道があるので、散策しながら、またベンチがあるのでゆったりと花を楽しみたい人にお勧め。市街地から近く容易に行くことができ、紫陽花の見頃は例年6月上旬〜下旬までとなります。

「那賀川沿いの紫陽花」
静岡県賀茂郡松崎町那賀

のどかな里山の風景に癒される「六仙の里」

のどかな里山の風景に癒される「六仙の里」

写真:sachie

地図を見る

ご紹介するのは、伊豆半島のほぼ真ん中、中伊豆地区にある「六仙の里」の紫陽花です。公園は、滑り台などの子供向けの遊具の他、桜や紅葉樹などが植えられていて、四季折々の植物が楽しめるちょっと知られた花の見所です。紫陽花も植えられており、6月初旬〜6月末日にかけて花を楽しめます。

のどかな里山の風景に癒される「六仙の里」

写真:sachie

地図を見る

紫陽花は、山の斜面の遊歩道沿いなどに植えられていて、場所によっては田んぼや山並みなどが見渡せます。とにかく自然が豊かで空気が美味しく、思わず癒されてしまう風景がそこにあります。

公園には、ドックランもあるので、ワンちゃん連れの方でも安心して楽しめますよ。また、芝生広場などもあるので、お弁当を持って出掛けたくなるような憩いの場的な花の見所です。

伊豆市立公園「六仙の里」
静岡県伊豆市城1041

みずみずしく彩る、初夏の花「紫陽花」

如何でしたか? 6月は梅雨のシーズンで、雨が降ると出掛けるのがおっくうになってしまいがちですが、この時期ならではの美しい紫陽花を愛でる旅もなかなか良いものですよ。

伊豆半島は、各地に温泉が点在し、温泉旅館などの宿泊施設がいっぱい! ゆったり泊まって、温泉も一緒に楽しんでみても良いかもしれませんね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -