フィリピン最後の秘境エルニド!心あらわれる神々の島でアイランドホッピング

| フィリピン

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

フィリピン最後の秘境エルニド!心あらわれる神々の島でアイランドホッピング

フィリピン最後の秘境エルニド!心あらわれる神々の島でアイランドホッピング

更新日:2017/06/15 10:27

かわい まゆみのプロフィール写真 かわい まゆみ 絶景ハンター、トラベルライター、自称ミステリーハンター

“神が創造した最後の秘境”と謳われるフィリピン・エルニド。切り立った断崖の岩山を覆う緑の熱帯雨林ときらめくホワイトサンドビーチ、そして限りなく透明なエメラルドオーシャン。

7,000を超える島々のフィリピンの中でも格の違いを見せつける世界屈指のリゾートアイランド「エルニド」の魅力をご紹介します。

神が創造した最後の秘境「エルニド」とは

神が創造した最後の秘境「エルニド」とは

提供元:Wikimedia Commons CC BY-SA 3.0

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Philippine…地図を見る

“神が創造した最後の秘境”と言われる楽園「エルニド」。17世紀にこの地を訪れたスペイン人がこのただならぬ美しさに圧倒され、何もせずに立ち去ったというのはこの地に語り継がれる有名な話。さらに、映画『グランブルー』に登場する天才ダイバー、ジャック・マイヨールもエルニドの魅力に取りつかれた一人であり、これらの逸話はエルニドの美しさをよく物語っています。

神が創造した最後の秘境「エルニド」とは

提供元:Wikimedia Commons CC BY-SA 3.0

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Snorkeling…

エルニドはフィリピン南西部、南シナ海に浮かぶパラワン諸島北端に位置し、海洋保護区にも指定されています。手つかずの自然が織りなす景観美は折り紙付きで、世界中のセレブが愛してやまないリゾートアイランドでもあります。

そんなエルニドのコンセプトは「Take nothing but photograph(写真以外は何もとらないこと)」「Leave nothing but footprints(足跡以外は何も残さないこと)」「Kill nothing but time(時間以外は何もつぶさないこと)」です。

アイランドホッピングは4種類から

アイランドホッピングは4種類から

提供元:Wikimedia Commons CC BY 3.0

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Maligaya,_…地図を見る

50の無人島から成るエルニドは、1島1リゾートが特徴的で、リッチな気分に浸れる優雅な島リゾートが満喫できます。その一方で、エルニド村にリーズナブルに滞在し、そこから日帰りのアイランドホッピングツアーを楽しむ旅行者も一般的です。

なお、旅行代理店はエルニド村に無数に存在しますので現地申込みも可能。出発はおおむね9時半〜10時のためそれまでに申込めば当日参加も可能です。

アイランドホッピングは4種類から

写真:かわい まゆみ

地図を見る

アイランドホッピングは基本的に4種類。ツアーAはエルニド周辺の見どころを回る一番人気のコース(1,200ペソ)、ツアーBは干潮時にホワイトサンドの砂州が現れるスネークアイランドを含むコース(1,300ペソ)、ツアーCはエルニドの深奥部まで遠出して回るコース(1,400ペソ)、ツアーDはより近場をサクっと回るコース(1,200ペソ)です。

なお、この料金はどこの代理店も一律。ただし、代理店によっては値引交渉に応じてくれる場合もあるためトライしてみてください。またツアー料金にはシュノーケリング装備と昼食代が含まれています。

ようこそ最後のフロンティアへ!心あらわれる美しきラグーン

ようこそ最後のフロンティアへ!心あらわれる美しきラグーン

写真:かわい まゆみ

地図を見る

生い茂る緑の岩山の間を縫うように広がるとびきりクリアなエメラルドオーシャンのラグーン。エルニド最大の目玉でもあるビッグラグーンとスモールラグーンのあるミニロックアイランドは、現地の言葉で“神々の島”を意味します。

この手つかずの大自然の絶景はまさに神々が与えた最後の楽園。“心があらわれる世界”、ここを訪れた人たちは一様にそう讃えます。

ようこそ最後のフロンティアへ!心あらわれる美しきラグーン

写真:かわい まゆみ

地図を見る

立ち寄る島々には浅瀬の続く白砂のビーチが広がり、シュノーケリングでひとしきり海を満喫した後はビーチの木陰でまったり昼寝や読書、島を探検したりと、観光客は思い思いに自分の時間を過ごします。

ようこそ最後のフロンティアへ!心あらわれる美しきラグーン

写真:かわい まゆみ

地図を見る

ツアーに含まれるランチは意外にゴージャス。獲れたてのロウニンアジのグリルや海鮮などの食材で作られたフィリピン郷土料理、トロピカルフルーツの数々でツアー客を楽しませてくれます。

エルニドへのアクセス

エルニドへのアクセス

写真:かわい まゆみ

地図を見る

エルニドにもっとも近いリオ空港へは専用機AirSwift(旧ITI社)のみがマニラ、セブなどから直行便を運航しています。マニラからの所要は1時間15分。空港からエルニド村までは車で約20分のためこのルートをおすすめしたいのですが、あいにく航空券が高く(他社の1.5〜2倍)人気路線によりすぐに予約が埋まってしまう傾向にあります。

もう一つのアクセス方法は、同じパラワン諸島南部にあるプエルト・プリンセサ空港から北上するルート。この場合、乗り合いバスでの約6時間の移動を伴うため、時間を惜しまない人、体力に自信のある人、とにかく安く行きたい人などにおすすめです。

フィリピン最後の秘境であなたも心をあらう旅をぜひ!

手つかずの大自然が生み出した宝石のような楽園エルニド。世界の名だたるビーチやリゾートアイランドにもとびきり美しいビーチや自然は残されていますが、エルニドほど緑と海と空のコントラストが美しく、“神々の秘密の楽園”という形容が似合う島は見当たりません。

もやもやが溜まっている人もそうでない人も、心あらわれる神々の島へ、是非訪れてみてください!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/05/06−2016/05/09 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ