本州最南端の奇岩&絶景!和歌山・串本町の魅力・見所を一挙紹介

| 和歌山県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

本州最南端の奇岩&絶景!和歌山・串本町の魅力・見所を一挙紹介

本州最南端の奇岩&絶景!和歌山・串本町の魅力・見所を一挙紹介

更新日:2017/06/14 16:52

水津 陽子のプロフィール写真 水津 陽子 地域活性化・まちづくりコンサルタント

「本州最南端のまち」和歌山県串本町は、緯度では八丈島とほぼ同じ位置にあります。三方を海に囲まれた紀伊半島の突端には、クジラの尻尾のかたちをした本州最南端の地「潮岬」、その海岸線には神秘的な奇岩や世界最北限のテーブルサンゴの群生地など、吉野熊野国立公園、ラムサール条約湿地、南紀熊野ジオパークに認定された豊かな自然美、絶景スポットが点在。近大マグロの養殖基地としても知られ、名物カツオ茶漬けも人気です。

本州最南端の地「潮岬」観光タワー入館者には証明書

本州最南端の地「潮岬」観光タワー入館者には証明書

写真:水津 陽子

地図を見る

串本町に来たら、まずは本州最南端の地、潮岬に向かいましょう。ここには展望台のほか、売店や食堂を備えた「潮岬観光タワー」があります。タワー最上階の展望室からは、天気の良い日には遠く那智山まで見渡せます。

本州最南端の地「潮岬」観光タワー入館者には証明書

写真:水津 陽子

地図を見る

潮岬観光タワーに上がれば、最上階7階の展望台から遮るもののない360度の眺望が楽しめます。青い空に勝るとも劣らない紺碧の海、眼下にはタワーの眼前に広がる約10万平方mの広大な芝生の草原「望楼の芝」、その先に「本州最南端の地」を見ることもできます。

本州最南端の地「潮岬」観光タワー入館者には証明書

写真:水津 陽子

地図を見る

潮岬観光タワーの入館者は旅の記念にもなる「本州最南端訪問証明書」がもらえます。

本州最南端に2つの絶景灯台、奇岩「海金剛」も

本州最南端に2つの絶景灯台、奇岩「海金剛」も

写真:水津 陽子

地図を見る

本州最南端の地でもう一つ、見ておきたいのが熊野灘を見下ろす約30mの断崖に立つ「潮岬灯台」です。灯台の上からは眼下に180度以上に広がる太平洋や本州最南端のパワースポット「潮御崎神社」の社殿を見ることもできます。灯台は資料館を併設、巨大な潮岬灯台レンズ(2代目)も必見です。

潮岬灯台は夕日の名所にもなっており、近くには見晴らし台もあります。

本州最南端に2つの絶景灯台、奇岩「海金剛」も

写真:水津 陽子

地図を見る

串本町にはもう一つ、和歌山県最大の島「紀伊大島」に日本最古の石造灯台「樫野埼灯台」があります。無人灯台で内部は非公開ですが、灯台に上がると太地町の舵取崎まで見渡せます。同じ敷地にある国の登録有形文化財「樫野埼灯台旧官舎」の内部は見学も可能です。

断崖絶壁に建つ灯台にはイギリス人技師が植えたとされる水仙があり、冬になると美しい花を咲かせ、白亜の灯台や旧官舎を美しく彩ります。

また、灯台へ向かう道にはトルコ記念館や慰霊碑、トルコ雑貨やトルコアイスを売る店もあります。これは1890年トルコへ向かうエルトゥールル号が近くの樫野埼沖で座礁沈没した際、村民が総出で救助や看護を行い、日本とトルコ友好の地なっているためです。

この奇跡の実話は2015年に映画化、内野聖陽さん主演作「海難1890」として公開。町内には多くのロケ地やゆかりの展示が見られます。

本州最南端に2つの絶景灯台、奇岩「海金剛」も

写真:水津 陽子

地図を見る

樫野埼灯台の近くにはマグマからできた岩が太平洋の荒波に削られてできたピラミッド型の奇岩「海金剛」があります。阿野木展望台からは海金剛を一望、奥に見えるのは樫野埼灯台です。

こちらの展望台も映画「海難1890」のロケ地の一つになりました。

約850mの海岸に立ち並ぶ、大小40余りの奇岩群

約850mの海岸に立ち並ぶ、大小40余りの奇岩群

写真:水津 陽子

地図を見る

絶景揃いの串本町の中でも屈指の絶景スポットといえば、何といってもここ「橋杭岩」でしょう。熊野灘に面した約850mの海岸線に立ち並ぶ大小40余りの岩柱、国の名勝天然記念物の橋杭岩は潮の干満により姿を変えます。

特に夕暮れや朝焼け時には、神秘的でドラマチック。SNS映え必至の絶景を見せます。

約850mの海岸に立ち並ぶ、大小40余りの奇岩群

写真:水津 陽子

地図を見る

この1つ1つの岩には名前がついており、ゴロゴロ島、タコ島、海老島、コボレ岩、折岩など、ユニークなネーミングを合わせて見るのも楽しいです。

約850mの海岸に立ち並ぶ、大小40余りの奇岩群

写真:水津 陽子

地図を見る

満潮時には近づくことができませんが、干潮時には岩柱の近くまで歩いて行くこともできます。日の出や日没、奇岩は美しいシルエットを見せます。

水族館、海中観光船、ダイビングも「串本海中公園」

水族館、海中観光船、ダイビングも「串本海中公園」

写真:水津 陽子

地図を見る

絶景の宝庫、串本町にはより深く自然に触れることができるレジャースポット「串本海中公園」もあります。ここでは水族館のほか、うみがめパーク、海中展望塔、海中観光船など、体験型のコンテンツが充実。

隣接する「串本ダイビングパーク」では体験ダイビングやシュノーケリングも楽しめますよ。

水族館、海中観光船、ダイビングも「串本海中公園」

写真:水津 陽子

地図を見る

うみがめパークでは3種類のウミガメを見ることができます。

水族館、海中観光船、ダイビングも「串本海中公園」

写真:水津 陽子

地図を見る

水族館(写真)も楽しいですが、125種類以上のサンゴを有す串本の海は、2005年世界最北のサンゴ群落としてラムサール条約に登録。海中展望塔ではテーブルサンゴや枝サンゴの間を泳ぐかわいい魚たちを見ることもできます。

名物「カツオ茶漬け」など、まだまだ語り尽くせない魅力

名物「カツオ茶漬け」など、まだまだ語り尽くせない魅力

写真:水津 陽子

地図を見る

串本町に行ったら是非訪れたいのが名物「カツオ茶漬け」が味わえる萬口。こちらのカツオ茶漬けは最初にご飯の上にカツオを半分乗せ、秘伝のタレを掛けてそのまま頂き、残り半分をお茶漬けにして頂くスタイルです。

この他、串本町では町内4店で「マグロしゃぶしゃぶ御膳」を提供しています。詳しくは記事末尾の【関連MEMO】のリンクをご覧ください。

名物「カツオ茶漬け」など、まだまだ語り尽くせない魅力

写真:水津 陽子

地図を見る

また、ご当地アイスも人気です。潮岬観光タワーでは無添加果汁100%のポンカンを使用した実にフルーティーな絶品「ポンカンソフト」を提供しています。

名物「カツオ茶漬け」など、まだまだ語り尽くせない魅力

写真:水津 陽子

今回ご紹介した以外にも、串本町にはまだまだ多くの絶景スポットがあります。たとえば、橋杭岩を一望、その全容を眼下に収めることができるビュースポットが小高い丘にあります。

串本ロイヤルホテルのオーシャンビューの客室や温泉露天風呂、レストランやプール、ホテルの見晴らし台からは橋杭岩はもちろん、本州最南端の地「潮岬」や紀伊大島に架かる290mのアーチ橋「くしもと大橋」も眺められます。

※ホテルの詳しい情報は、記事末尾の【関連MEMO】にたびねすのご紹介記事のリンクがありますので参考にしてください。

本州最南端の絶景とグルメを楽しみに来て!

和歌山県串本町は本州最南端ならではの絶景の宝庫。遮るもののない空と海、天気予報でもお馴染みの「潮岬」や夕暮れは特に神秘的な「橋杭岩」を一度訪れてみませんか。近大マグロやカツオなどのご当地グルメも人気です。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/17−2016/03/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ