タイでプチプラ観光旅行!バンコクのショッピング巡りを楽しむ方法とは?

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

タイでプチプラ観光旅行!バンコクのショッピング巡りを楽しむ方法とは?

タイでプチプラ観光旅行!バンコクのショッピング巡りを楽しむ方法とは?

更新日:2019/01/22 11:19

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

「ユニクロ」「しまむら」「H&M」よりも安く、タイは女子が喜ぶ可愛いお土産がいっぱい!物価が安いタイは、かわいい雑貨が多く、海外旅行でプチプラなショッピングを楽しみたい方におすすめです。

そこで、新観光名所や巨大なショッピングモール、さらにディープな穴場のスポットまで、バンコクのショッピング巡りの楽しみ方をご紹介!石鹸やコスメ、美容グッズ、バラマキ菓子土産など、女性に人気の土産が見つかります。
家族で楽しめる旅行先はこちら

新スポット!アイコンサイアム/LHONG(ロン)1919

新スポット!アイコンサイアム/LHONG(ロン)1919

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

バンコクの新観光スポット、「アイコンサイアム」(ICONSIAM)。東南アジア最大級の巨大なショッピングモールには、なんとタイ名物の水上マーケットをデパート内に再現!雨に関係なく、年中無休で毎日がベストシーズン。今、バンコクで最も話題の最旬スポットです。

新スポット!アイコンサイアム/LHONG(ロン)1919

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

さきほどの水上マーケットの上部空間には回廊がめぐり、おしゃれな雑貨やアクセサリー、手工芸品、石鹸やコスメ、美容グッズ、バラマキ菓子土産、ファッションを集めたショップがずらり。タイ全県(77県)から集められた特産品や名産、ローカルなフードやお菓子を楽しむことも。ここだけでタイ全土を制覇!

<基本情報>
住所:Charoen Nakhon
電話番号:+66-2-495-7000
アクセス:サトーン船着場からボートで約5分

新スポット!アイコンサイアム/LHONG(ロン)1919

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「アイコンサイアム」のすぐ近くにある新名所が「LHONG(ロン)1919」。アート好きなバンコク女子たちに今、新たなインスタ映えスポットとして人気。若手アーティストの作品を販売するショップが並び、洗練されたハイセンスなタイ土産がたくさん。

<基本情報>
住所:Khwaeng Khlong San
電話番号:+66-91-187-1919
アクセス:サトーン船着場からボートで約8分

MBK/プラティナム・モール/アジアティーク・ザ・リバーフロント

MBK/プラティナム・モール/アジアティーク・ザ・リバーフロント

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

バンコクのプチプラなショッピングスポットといえば「MBKセンター」(Mahboonkruong Center)。男性、女性だけでなく、子供を連れてのショッピングを楽しめるのもMBKの魅力。ちょいワルおやじみたいな子供ファッションも。MBKならではのカオス。

<基本情報>
住所:MBK Center Phayathai
電話番号:+66-2-853-9000
アクセス: BTSサイアム駅、ナショナルスタジアム駅

MBK/プラティナム・モール/アジアティーク・ザ・リバーフロント

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらもディープなショッピングスポットで「プラティナム・ファッションモール」(Platinum Fashion Mall)。ここだけでも“タイのプチプラ旅行”を存分に楽しむことができます。日本の「サンリオ」(SANRIO)と似たようなショップも。

<基本情報>
住所:Petchburi Road
電話番号:+66-2-121-8000
アクセス:BTSチットロム駅

MBK/プラティナム・モール/アジアティーク・ザ・リバーフロント

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

リバーサイドのナイトスポットが「アジアティーク・ザ・リバーフロント」(Asiatique The Riverfront)。古い倉庫跡地をリノベーションした商業施設で、バンコクで人気の雑貨が集まっています。ニューハーフショーで知られる「カリプソ・キャバレー」(Calypso Cabalet )も人気。

<基本情報>
住所:Charoenkrung Road
電話番号:+66-2-108-4488
アクセス:サパーンタクシン船着き場から無料ボートで約20分

Jim Thompson/Terminal21/Exotique Thai

Jim Thompson/Terminal21/Exotique Thai

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

バンコクで超穴場のショッピングスポットといえば、「ジムトンプソン・アウトレット・ショップ」(Jim Thompson Factory Soi 93 Outlet)。本店よりも3〜7割も安く購入することができ、男性や女性、子供向けのお土産が数多くそろっています。

<基本情報>
住所:Soi Sukhumvit 93
電話番号:+66-2-332-6530
アクセス:BTSバンチャック駅から徒歩約7分

Jim Thompson/Terminal21/Exotique Thai

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

タイの若い女の子たちに人気のショッピングモール「Terminal21」(ターミナル21)。空港のターミナルをイメージし、フロアごとに東京、サンフランシスコ、パリ、ローマなど世界の都市が名づけられ、世界一周の旅行気分が味わえます。
ちなみに、写真はタイの若者たちに人気のショルダー&クラッチバッグの店「BKK・フォーエバー」(BKK forever)。

<基本情報>
住所:Sukhumvit Soi 19
電話番号:BTSアソーク駅すぐ
アクセス:+66-2-108-0888

Jim Thompson/Terminal21/Exotique Thai

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

高級デパート「サイアムパラゴン」の4階にある「エキゾチックタイ」(Exotique Thai)。タイ全土から選りすぐりの雑貨が集まり、タイ発のコスメブランドが勢ぞろい。

写真の「PANPURI(パンピューリ)」をはじめ、お馴染みの「HARNN(ハーン)」や「THANN(ターン)」のほか、「KARMAKAMET(カルマカメット)」「Mt. Sapola(マウントサポラ)」「erb(アーブ)」といった人気の有名ブランドがそろっています。

<基本情報>
住所:4F Siam Paragon
電話番号:+66-2-690-1000
アクセス:BTSサイアム駅

鉄道市場/チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット/アラブ人街

鉄道市場/チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット/アラブ人街

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

インスタ映え抜群!フォトジェニックなバンコクのナイトマーケットが「タラート・ロットファイ・ラチャダー」(Talat rotfai ratchada)。“鉄道市場”と呼ばれるナイトマーケットは、カラフルなテントがぎっしり。雑貨やアンティークな小物、ファッション、フード屋台がひしめき、おしゃれなカフェも並びます。

<基本情報>
住所:Ratchadaphisek Rd
アクセス:MRTタイカルチャーセンター駅
営業時間:木〜日曜日の17時〜01時

鉄道市場/チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット/アラブ人街

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

タイでプチプラな雑貨を楽しむなら、「チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット」(Chatuchak Weekend Market)が最もおすすめ。チャトゥチャック公園で、毎週土日だけ開かれるマーケットです。来場者は毎週末に20〜30万人。1万5000以上の屋台が軒を連ねる世界最大級の市場。

<基本情報>
住所:Kamphaengphet Rd
アクセス:MRTカンぺンペット駅、BTSモーチット駅すぐ

鉄道市場/チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット/アラブ人街

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

タイのナイトスポットといえばゴーゴーバー。夜遊びスポットのナナ・プラザの近くにある超ディープなショッピングスポットが「アラブ人街」。アラブ系のイスラム教徒が多いエリアは、中東のバザールに迷い込んだよう。黒い布で全身を覆う女性に出会えます。

<基本情報>
住所:Sukhumvit Soi 3/1
アクセス:BTSナナ駅すぐ

ニア・イコール/フェザーストーン・カフェ/Karmakamet Diner

ニア・イコール/フェザーストーン・カフェ/Karmakamet Diner

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

日本人女性好みの可愛いタイ雑貨が多く見つかるショップが「ニア・イコール」(Near Equal)。天然石を組み合わせたブレスレットやペンダントなど、おしゃれなアクセサリーがたくさん。

<基本情報>
住所:6 Soi Sukhumvit
電話番号:+66-2-258-1564
アクセス:BTSプロンポン駅から徒歩約10分

ニア・イコール/フェザーストーン・カフェ/Karmakamet Diner

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

インスタ映えするフォトジェニックなカフェが「フェザーストーン・ビストロ・カフェ&ライフスタイル・ショップ」(Featherstone Bistro Cafe & Lifestyle Shop)。土産店も併設され、水晶などのパワーストーンのアクセサリーや雑貨がいっぱい。

住所:Soi Ekamai 12
電話番号:+66-9-7058-6846
アクセス:BTSエカマイ駅からタクシーで約5分

ニア・イコール/フェザーストーン・カフェ/Karmakamet Diner

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

香りの女王、「カルマカメット」(KARMAKAMET)。タイ発のアロマブランドがプロデュースする高級レストラン&カフェが「カルマカメットダイナー」(Karmakamet Diner)。香りのお土産も充実。高級ホテルのように居心地いい。

住所:Soi Metheenivet
電話:+66-2-262-0700
アクセス:BTSプロンポン駅から徒歩3分

タイ旅行は、プチプラ観光&免税店めぐりもおすすめ

バンコクでショッピングめぐりを楽しんでいたら、いつの間にかタイ旅行を満喫。それがプチプラ観光旅行の楽しみ方。プチプラなタイ土産を見つけながら、これらのスポットを訪れてみてはいかがでしょうか?

本文ではご紹介できませんでしたが、タイ王室がプロデュースする「ロイヤル・プロジェクト・ショップ」(Royal Project Shop)もおすすめ。同店では、タイ素材100%のタイ・オリジナル雑貨がそろっています。

また、バンコクでのショッピングを楽しむのなら、ブランド化粧品などがそろう免税店めぐりもおすすめです。高級品ブランドをお得に買えるのもタイ旅行の魅力。

なお、タイでのおすすめのお土産や、バンコクのショッピングスポットなどについては別途、記事にまとめていますので、ご興味のある方は関連MEMOに貼り付けたリンクからのぞいてみて下さい。

2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/01/03−2019/01/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -