森林セラピーで心身をリフレッシュ!北信州おすすめお手軽5コース

| 長野県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

森林セラピーで心身をリフレッシュ!北信州おすすめお手軽5コース

森林セラピーで心身をリフレッシュ!北信州おすすめお手軽5コース

更新日:2017/06/29 16:32

和山 光一のプロフィール写真 和山 光一 ブロガー

植物の生命力が溢れるグリーンシーズン。日を追うごとに緑が眩しくなる時期には、日々の忙しさから離れて、初心者でも身近に自然を満喫することができる小さな“森歩きの旅”へ出かけてみませんか。自然に親しみながらゆっくり歩くだけで五感を刺激し、リフレッシュできる森林セラピー基地として認定されている北信州「飯山市」「信濃町」のお手軽コースを紹介します。心と身体が元気になる“森の力”を実感してみてください。

- PR -

飯山市『母の森』ブナの里山こみち

飯山市『母の森』ブナの里山こみち

写真:和山 光一

地図を見る

千曲川沿いに田園が広がる飯山市。古民家や棚田など日本の原風景も魅力ですが、観光のもう一つの目玉が森を健康増進に利用する「森林セラピー」です。JR東日本大人の休日倶楽部のCMで吉永小百合さんも歩いている森には心身を癒すパワーがあります。

森林セラピー『母の森』の拠点施設である「なべくら高原森の家」の駐車場のすぐ隣に、気軽に本格的森林散策が楽しめるコース・セラピーロード「ブナの里山こみち」が整備されています。

飯山市『母の森』ブナの里山こみち

写真:和山 光一

地図を見る

「母の森」とは鍋倉山一帯と斑尾山のブナ林のことです。ブナの里山こみちは、一周約1.2kmの高低差もなく段差もないコースをゆっくりと約1時間かけてのんびり自然と触れあい、楽しむには丁度よい場所です。

遊歩道には間伐材を利用したウッドチップが敷き詰めてあり、車いすやベビーカーを押す人も利用できるユニバーサルデザインのコースでになっています。

飯山市『母の森』ブナの里山こみち

写真:和山 光一

地図を見る

森林セラピーは、森林が持つ癒し効果を科学的に分析し、森林浴に取り入れたもの。森林散策でまず大切なのは森になれること、森に対して五感を開くことです。森に慣れてくると森の中で自分が気に入った場所を見つけ、日々の喧噪を忘れ森と自分だけの時間を静かに過ごせるようになります。30分位過ごしてみるといいですよ。

コースには風がよく通り抜ける場所に木のベンチがあり、ひと休みしているとベンチの周りに光が射しこみます。見上げれば陽射しが葉の隙間からキラキラとこぼれ落ち、生きている力を感じます。

飯山市『母の森』茶屋池森林浴歩道

飯山市『母の森』茶屋池森林浴歩道

写真:和山 光一

地図を見る

なべくら高原には他に標高約1100mのセラピーロード「茶屋池森林浴歩道」があります。新潟との県境にある関田峠の手前にある茶屋池を巡る全長1900mのコース。樹齢200年余りのブナの古木が穏やかな静けさを醸しています。

県道95号上越飯山線(通称谷街道)で、上越高田に居城を持っていた上杉謙信にとって重要な峠のひとつであった関田峠に向かって車を走らせます。峠を越えれば映画「突入せよ!あさま山荘事件」のロケ地・光ヶ原高原ですが、その手前にスタート&ゴール地点の茶屋池ハウスがあります。

飯山市『母の森』茶屋池森林浴歩道

写真:和山 光一

地図を見る

茶屋池森林浴歩道は、茶屋池ハウスをはさんで8の字になる二つのコースに分かれています。一周0.8kmのブナ林コースは、美しいブナ林を鑑賞したい人におすすめの約30分のコースです。この森のブナには、冬季の5mにも及ぶ豪雪の重みに耐えるための自然の造形美「根元曲がり」が見られます。コースの奥には平らで広々とした場所に、樹高20mを超す樹齢200年ほどのブナが林立し、これぞブナ林といえる風景ですよ。

飯山市『母の森』茶屋池森林浴歩道

写真:和山 光一

地図を見る

1週1.1kmの池廻りコースは、池に映るブナが美しい約40分の周遊コースです。森の精が棲んでいそうな気配が漂い、湖面に木々の緑色がはっきりと映り込む茶屋池を見下ろしながらお散歩気分で歩けます。ブナ以外の植物も多く、6月から7月にはオオイワカガミのピンク色の花が咲き誇ります。

飯山市『神の森』北竜湖周遊の道

飯山市『神の森』北竜湖周遊の道

写真:和山 光一

地図を見る

飯山の深い山を背景にひっそり佇む見事なハート型の神秘な湖が「北竜湖」です。面積ざっと20ha、周囲約2.2kmの北竜湖の周りを約60分かけてのんびり歩くコースが「北竜湖周遊の道」です。移ろい行く四季折々の風情を湖面に映し込んでいるため、信州有数撮影スポットとして人気を集めています。

拠点となるのが「文化北竜館」で、平成17年東京の文化学園のセミナーハウスを全面改築しオープンしたリゾートホテル風の天然温泉付き宿泊施設です。一般の利用は多くなく穴場的存在です。

飯山市『神の森』北竜湖周遊の道

写真:和山 光一

地図を見る

歴史ある精神文化の「神の森」は神秘的な北竜湖のほど近くに佇む小菅神社を中心としています。北竜湖入口にあるレストラン兼喫茶店の「北竜湖の館(欅カフェkosuge)」がスタート地点。カップルには恋愛成就の絵馬もこちらで販売しているので購入してから出発です。

湖畔の桜並木を通り、杉林を縫う散策道を抜けるとハート型の湖面にキューピッドの矢が刺さったように突き出した弁天島に降りる歩道があります。石の七福神の前に“恋の絵馬掛け”がありますので絵馬はここ奉納しましょう。晴天なら妙高山がよくみえます。

飯山市『神の森』北竜湖周遊の道

写真:和山 光一

地図を見る

さらに50年生くらいの杉の林を未舗装の小道が縫っていて湖を一周します。林の中は約1300m、夏はひんやりとして森林浴にぴったりです。小菅神社に向かう分岐路あたりからは湖のハート型がよく見えます。

信濃町『癒しの森』御鹿池(おじかいけ)一周コース

信濃町『癒しの森』御鹿池(おじかいけ)一周コース

写真:和山 光一

地図を見る

黒姫山のふもとに今なお多くのファンを魅了する『モモ』のドイツ児童文学作家、ミヒャエル・エンデの資料を収蔵・展示する「黒姫童話館」横が入口です。森の中にある御鹿池一周コースは、癒しの距離:約1.2Km、癒しの時間:約1時間30分、高低差20mの難易度A:とっても楽なコースで、お散歩気分で歩けますよ。散策路はウッドチップ舗装のところもあり、車椅子の方でも訪れることができます。

ミヒャエル・エンデの『モモ』に因んで“失われた時間をとりもどす町”という『癒しの森』のキャッチコピーのとおり、忙しさに紛れて無くしてしまった自然と接する時間を取り戻してみてください。

信濃町『癒しの森』御鹿池(おじかいけ)一周コース

写真:和山 光一

地図を見る

豊かな自然が残る森の中では、野鳥やリスなどの小動物に出会えることもあります。また森の中にある心臓沢(ちたべ沢)のようなところでは、小川が流れ、せせらぎが優しく響きます。天然のマイナスイオンが溢れる森の中でも特に滝の近くは豊富だとされています。

信濃町『癒しの森』御鹿池(おじかいけ)一周コース

写真:和山 光一

地図を見る

森に入ったら周りの木などを使って息を吐きながらストレッチングを行うと全身の血行を良くするとともに緊張がときほぐれますよ。

池の畔では深呼吸をしましょう。酸素をたっぷり体内に取り入れ、前身の細胞を活性化させることができます。

信濃町『癒しの森』象の小径コース

信濃町『癒しの森』象の小径コース

写真:和山 光一

地図を見る

大正時代には外国人宣教師が静かな環境を求め、野尻湖畔に別荘地を拓きました。そんな野尻湖を眼下に眺め、湖からの風を受けながら森林浴を楽しめる象の小径コースは、癒しの距離:約2.5Km、癒しの時間:約2時間、高低差60mの難易度B:ちょっと軽めのコースで、高低差も少なく誰でも気軽に歩くことができます。

象の小径の入口にはナウマンゾウの化石が出土する湖を表すナウマンゾウのモニュメントが飾られていますよ。

信濃町『癒しの森』象の小径コース

写真:和山 光一

地図を見る

象の小径に入って少し歩くと、道路の音が消え、木々のざわめきや鳥の声、自分の足音しか聞こえなくなります。看板に書かれている『人』と『木』で『休』という字が表しているように、人は昔から森に癒されてきたのです。

象の小径コースは、俗に四十八崎あるといわれる野尻湖の海岸線を砂間崎、樅ヶ崎、琵琶ヶ崎と歩いて行くコースです。またコースから少し離れる竜宮ヶ崎と手ヶ崎の間の桐久保地区は“静かな湖畔の森の影から”の発祥の地なのです。

信濃町『癒しの森』象の小径コース

写真:和山 光一

地図を見る

野尻湖畔に下り、ひと休みすることもできます。水音に耳を澄ませてみると思った以上にたくさんの音がすることに気付かされます。

森林セラピーはウォーキングからトレッキングまで体力にあわせて

飯山市の「母の森」森林セラピーコースにはガイドとの入山になりますが、樹齢300年以上のブナの巨木“森太郎”など残された森「巨木の谷」コース(往復2.5km)があります。また黒倉・鍋倉山登山道(片道2km)や長野・新潟の県境をなす関田山脈を縦走する全長80kmのトレッキングルートもあります。

「神の森」にある北竜湖周辺の「小菅修験の道」。ここはかつて戸隠・飯綱と並び北信濃三大修験場のひとつとして数えられた小菅修験場があった場所。迫力に満ちた800mの杉並木の古道などがあり、小菅神社に向かう杉並木の参道が日本古来の宗教的な雰囲気を醸し出しています。

信濃町のトレッキングコースは約7km、4・5時間の「地震滝(苗名滝)コース」。ダイナミックな滝を目指して歩きます。

森林セラピーはストレス解消によいとされる森林浴の効果を科学的に解明し心と体の健康に生かす試みで、全国62カ所で体験できます。緑のなかで心身をリフレッシュしてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/08/06−2017/06/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ