猫好きは6月に奈良集合!「にゃらまち猫祭り」で可愛いを堪能しよう

| 奈良県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

猫好きは6月に奈良集合!「にゃらまち猫祭り」で可愛いを堪能しよう

猫好きは6月に奈良集合!「にゃらまち猫祭り」で可愛いを堪能しよう

更新日:2017/06/11 17:32

古都の U助のプロフィール写真 古都の U助 ブロガー

風情ある町家が多く残り、奈良公園からすぐそばにある「奈良町エリア」。古くは元興寺の境内として、後には奈良の商業の中心地として賑わった地です。
そんな奈良町では毎年6月の一ヶ月間、全国の猫好き・雑貨好き・可愛いグルメ好きに大注目されるイベント「にゃらまち猫祭り」が開催されています!
期間中は、多くの飲食店で食べるのがもったいないほど可愛い猫グルメや、雑貨店等に多くの猫グッズが登場します!

「とらや」の可愛いすぎる猫の和菓子

「とらや」の可愛いすぎる猫の和菓子

写真:古都の U助

地図を見る

「にゃらまち猫祭り」期間中は奈良町エリアのたくさんの店で可愛い猫グルメが堪能できますが、まずご紹介したいお店は、興福寺の五重塔からまっすぐ南に進んだ奈良町東部にある和菓子店「とらや」さん。

「とらや」では、可愛い猫モチーフのお菓子が6月の猫祭りの時期だけでなく、年間通して販売されています!
創業50年以上の歴史を持つこちらのお菓子はどれも上品で美味しく、驚くほど柔らかいウイロ(ういろう)のお菓子や、美しい季節の和菓子が扱われています。

「とらや」の可愛いすぎる猫の和菓子

写真:古都の U助

地図を見る

ずらりと並ぶショーケースのお菓子はどれも可愛くて感動!もちろん可愛いだけでなく、ふかふかの薄皮が美味しい「三毛猫」や「猫の集会」は、やさしい甘さのあんこで食べたら幸せになれる味!

左側の肉球の形をした「猫の手菓子升(ねこのてかします)」も柔らかいウイロの食感がたまりません。上品なこしあんやしろあんなど肉球の色によって中身の餡も違うので、好みの物を選べます。その他の季節の和菓子も紫陽花や、蛍狩り等も素敵なものばかりで選ぶのが大変です。

「とらや」の可愛いすぎる猫の和菓子

写真:古都の U助

地図を見る

「とらや」には美味しい和菓子のほか可愛い猫ボーロもあり、こちらは日持ちがするのでお土産にもぴったりです。猫型のボーロと、猫のしっぽ型のボーロ、それに横約30センチもある大きなにゃんこボーロもあります。

お店のあちこちに飾られている店主家の飼い猫、あずきちゃん(三毛猫)の写真も可愛くてたまりません。(営業9時から20時半、火曜定休)

奈良町資料館・小森正孝氏写真展「猫あそび」

奈良町資料館・小森正孝氏写真展「猫あそび」

写真:古都の U助

地図を見る

風情ある奈良町一帯には、無料で見学できる町家も点在しており、その1つ「奈良町資料館」では2017年6月の猫祭り期間中、大人気猫写真家・小森正孝氏の写真展「猫あそび」が開催されます。ずらりと並ぶ30点ほどの写真はどれも可愛く美しい!

奈良町資料館・小森正孝氏写真展「猫あそび」

写真:古都の U助

地図を見る

奈良町資料館がある「奈良町(ならまちとも)」というのは近鉄・奈良駅や興福寺の南部にあり、元興寺の旧境内を中心としたエリアです。元興寺は明日香の地に蘇我氏の氏寺として創建された飛鳥寺を前身とし、平城遷都と共に移転。
藤原氏の隆盛とともに次第に規模が縮小し、変わって奈良の商業の中心として町が形成されてきました。
幸い第二次世界大戦の戦災もくぐりぬけ古き良き街並みが現存し、猫好きだけでなく町歩き、路地歩きの好きな方にもぜひ一度はお訪ねいただきたいエリアなのです。

奈良町資料館・小森正孝氏写真展「猫あそび」

写真:古都の U助

地図を見る

奈良町には奈良町資料館の他にも写真右の「奈良町にぎわいの家」や「ならまち格子の家」、「奈良町からくりおもちゃ館」など風情ある町家を無料で見学できる施設がたくさん点在するのも魅力の1つ。
また、写真左の「菊岡漢方薬局」や「砂糖傳増尾商店」、「御菓子司春日庵」などの老舗もいっぱい!

可愛いスイーツ

可愛いスイーツ

写真:古都の U助

地図を見る

猫祭りの猫スイーツで洋菓子派にオススメしたいお店の1つはchocolaterie&cafe TRICO(トリコ)です。チョコレート専門店である同店では、チョコレートだけでなく様々なタイプのチョコレートケーキが揃います。

ケーキセットはどれも美味しいケーキを少しずつ味わうことができ、飲み物もコーヒーや紅茶の他、写真奥の奈良県生まれの苺、古都華のコンフィチュールを混ぜていただく古都華ソーダも選べます。

写真のメインケーキは、ホワイトチョコレートに奈良県吉野産レモンを使用したレモンカードがたっぷり入った同店看板商品の1つビアンコ。猫チョコのワンポイントも可愛く、レモンカードの舌触りが絶妙!キャラメル風のチョコの土台も美味しいです。

可愛いスイーツ

写真:古都の U助

地図を見る

cafe TRICO(トリコ)では、イートインなら二階の畳の部屋で元興寺の瓦屋根が並ぶ光景を楽しむことができます。
お持ち帰りやお土産なら、多彩なチョコレートはもちろん肉球型のフィナンシェの他、可愛い猫型クッキーなどもあります。

可愛いスイーツ

写真:古都の U助

地図を見る

こちらは古墳ケーキで話題のお店「プティ・マルシェ&ぷちまるカフェ〜」。
平日はお昼からの焼き菓子販売のみ(月・火定休)、カフェ営業は原則土・日のみではありますが、猫祭り限定の猫型古墳ケーキ「ねこふん」は、事前に予約すれば平日でも店内でいただく事ができます。
可愛い猫モチーフのクッキーやマドレーヌの他、古墳型や勾玉クッキーもユニークでおすすめ!

美味しいグルメも

美味しいグルメも

写真:古都の U助

地図を見る

風情ある一軒家風の元長屋を改装した「わんず・はーと・かふぇ ならまち店」では、素敵な店内で奈良の食材を豊富に使った野菜たっぷりの和風創作料理がいただけます。写真は2017年6月1日からの献立で、猫祭りの期間中は通常ごはんを猫バージョンにして貰うことができます(限定10食)。
猫ご飯は醤油で三毛猫風?八割れ風?になっていて遊び心に溢れていますね。

美味しいグルメも

写真:古都の U助

地図を見る

こちらは餅飯殿商店街の中ほどにある「若草カレー本舗」のにくきゅうシルエットのカレーです。2017年Verはわらび餅と、にくきゅうシルエットのカレーか猫シルエットのカレーうどんが選べるセットが登場。

写真奥の猫祭りのサラダ(280円)は2017年も登場。サラダの可愛い猫型は春巻きの皮でできています。(定休:水曜夜の部)

美味しいグルメも

写真:古都の U助

地図を見る

こちらは店頭の猫看板やのれんも可愛い古民家を利用した「よつばカフェ」。元興寺の南東の味のある路地にあり、猫祭り期間中はマシュマロで猫の足跡をかたどった、あしあとトーストや猫の顔型ピザが登場します。(水曜定休)

可愛い雑貨も

可愛い雑貨も

写真:古都の U助

地図を見る

こちらは、若草カレー本舗の少し北に位置する猫モチーフのアクセサリーや雑貨など様々な猫グッズが揃う「necoco」。
猫祭り期間中は多くの雑貨店で猫グッズが取り扱われますが、こちらは猫グッズ専門店ですので、猫大好きという方はぜひ6月の期間中以外も足を運んでみて下さいね!
通常は月・木が定休日ですが猫祭り期間中は月曜のみ昼から営業されます。お買い物をすると先着で猫イラストうちわが貰えます。

可愛い雑貨も

写真:古都の U助

地図を見る

ならまち東南部にある「ならまち工房II」では、1つの建物の中にdoco*ao(ドコアオ)、 ことあかり洋品店、 からくさ商店、Min2nail (ミンツーネイル)の4店舗がイベントに参加しています。お隣や付近には姉妹店のならまち工房Iやならまち工房IIIもあるので雑貨好きはぜひ足を運んでみて下さい。

最後に

奈良公園の主な見所のうちでは、興福寺や猿沢池が奈良町エリアの最寄となります。
奈良県庁の屋上も奈良町エリアから比較的近く、公園全体を見渡すことができるのでおすすめです。

「にゃらまち猫祭り」は決して野良猫さんたちとの触れあいが目的のイベントではありません。地元のボランティアの方が自費を投じて避妊虚勢手術をするなどし、人の都合で命を奪われる猫ちゃんを必死に減らしてきた奈良町では、野良猫さんはあまりみかけません。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/22−2017/06/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ