大阪・新世界の老舗「うさぎや」。その名物“うそ焼き”とは?

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

大阪・新世界の老舗「うさぎや」。その名物“うそ焼き”とは?

大阪・新世界の老舗「うさぎや」。その名物“うそ焼き”とは?

更新日:2017/06/06 13:17

中川 康雄のプロフィール写真 中川 康雄 ご当地グルメ探検家

大阪には、たくさんの美味しい食べものが存在しているということは周知の事実。また、その文化も他の地域にはない特徴をそなえています。とくに通天閣のそびえ立つ観光地・新世界の周辺には、数多くのB級グルメがひしめくエリア。そこで今回ご紹介したいのが、新世界にある老舗のお好み焼き屋「うさぎや」。このお店の名物「うそ焼き」は、他にはなかなかない不思議で美味しい食べものとなっています。

リニューアルした老舗のお好み焼き屋さん

リニューアルした老舗のお好み焼き屋さん

写真:中川 康雄

地図を見る

お好み焼き屋「うさぎや」があるのは、大阪の有名な通天閣がそびえ立つ観光地・新世界。昭和26年(1951年)オープンした老舗ですが、2016年11月にリニューアル・オープン。もともと、いかにも味のある外観だったのですが、今では清潔感の漂う、一般的な観光客にとっても気軽に入りやすいお店となりました。

リニューアルした老舗のお好み焼き屋さん

写真:中川 康雄

地図を見る

店内には、鉄板に囲まれたカウンター席と鉄板が中央に設置してあるテーブル席。リニューアルしたといえど、雑多な感じがまたアットホームで、どことなく老舗の雰囲気を今に残しています。

リニューアルした老舗のお好み焼き屋さん

写真:中川 康雄

地図を見る

メニューを注文すると、キッチンから食材が運ばれてきて、鉄板の上で調理がはじまります。カウンター席のときには、注文したメニューが調理される様子をリアルタイムで眺められるのも、鉄板焼きのお店の魅力のひとつ。熟練された軽やかな手さばきで、食材から料理へと変貌していく一部始終を間近でみることができます。

おすすめのB級グルメ「うそ焼き」とは?

おすすめのB級グルメ「うそ焼き」とは?

写真:中川 康雄

地図を見る

そしてここで注文する時におすすめのメニューが、大阪のB級グルメのひとつ「うそ焼き」です。この料理は「うどん」と「そば」がひとつになっているという、ちょっと変わった料理です。この説明だけだと何を言っているのか分からないかもしれませんが、つまり、「うどん」と「そば」が両方が入っている麺料理、ということなのです。

おすすめのB級グルメ「うそ焼き」とは?

写真:中川 康雄

地図を見る

そしてこれが完成形。ぱっと見、うどんの麺の存在感が強いので、「焼うどんかな?」と思うかもしれませんが、よく見ると細い焼きそばの麺もインクルードされていることが分かると思います。これが「うそ焼き」というもの。

神戸発祥のB級グルメに「そばめし」というものがあり、これはそばとご飯を一緒にしたものなのですが、その感覚に近いのかもしれません。関西地域では、お好み焼きとご飯という炭水化物同士をセットで食べたりする独特の食文化があるので、こういったメニューが誕生するのかもしれませんね。

おすすめのB級グルメ「うそ焼き」とは?

写真:中川 康雄

地図を見る

鉄板の上で焼きあがったら、小皿にとって食べていきます。このとき、うどんとそばの部分をそれぞれ味わってみてもいいし、一緒に口のなかに運んでもいい。それぞれの食感の違いを楽しむことができます。焼うどんも食べたいけれど焼きそばも食べたい。そんな欲張りな人にぴったりな料理です。

鉄板の上にできる「おこげ」が美味しい!

鉄板の上にできる「おこげ」が美味しい!

写真:中川 康雄

地図を見る

ここでは料理を鉄板の上に置きっ放しにするので、ただ冷めないだけでなく、鉄板に面している部分の水分が飛んでカリカリになったり、「おこげ」ができたり。そして、この「おこげ」がまた美味しいのです。ご飯などでも「おこげ」が好きな人にはたまらない香ばしさ。こういった楽しみ方ができるのも、鉄板焼きのお店の魅力のひとつですね。

おわりに

いかがでしたか?
大阪の有名観光地・新世界にある、お好み屋さん「うさぎや」の名物「うそ焼き」。このB級グルメは一度は食べておきたいもの。うどんとそば、それぞれのもつ食感が合わさって未体験な味覚のゾーンへと誘ってくれます。

またこのお店では、「うそ焼き」だけでなく、「モダン焼き」や「とん平焼き」、「おでん」なども美味しい。複数人で訪れて、鉄板を囲みながらワイワイとやるものいい。ビールなどのアルコールもあるのも嬉しいですね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ