「ラッキーピエロ」に「ハセガワストアのやきとり弁当」函館の定番ご当地グルメ!

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

「ラッキーピエロ」に「ハセガワストアのやきとり弁当」函館の定番ご当地グルメ!

「ラッキーピエロ」に「ハセガワストアのやきとり弁当」函館の定番ご当地グルメ!

更新日:2015/12/08 11:01

しもちんのプロフィール写真 しもちん

函館山からの夜景をはじめ観光地として有名な街、函館。
2016年3月の北海道新幹線開業も控え、大注目のエリアです。
観光スポットやグルメスポットもたくさんあって、どのお店を回るか悩んでしまうことも多いはず。そこで今回は、函館へ行ったら訪れておきたい定番のご当地グルメスポットをご紹介します。

『函館朝市』の海鮮丼。

『函館朝市』の海鮮丼。

写真:しもちん

地図を見る

函館といえば海鮮丼。今回ご紹介するのは、函館朝市どんぶり横丁の『茶夢(ちゃむ)』。こちらは小さなお店ですが新鮮なメニューがたくさんあって、地元の方々にも愛されている賑やかなお店です。
お食事メニューを注文するとたくさん出てくる小皿たちが名物になっていて、この小皿だけでも御飯の1杯や2杯は食べられてしまう気がします。もちろん「昼間からビール!」にもぴったりです。

海鮮丼系の種類はたくさんあるのでお好みのものを。写真のウニ、イクラ、ホタテの組み合わせはメニューに載っていませんが、希望を伝えたらアレンジしてくれます。毛ガニ汁がついたセットもあるのでお財布に余裕があれば、そちらも合わせてご注文を。

『ラッキーピエロ』のご当地バーガー。

『ラッキーピエロ』のご当地バーガー。

写真:しもちん

地図を見る

函館エリアで10店舗以上を展開するハンバーガーチェーン『ラッキーピエロ』。函館のご当地バーガーとして有名なこちらの人気No.1メニューが“チャイニーズチキンバーガー”です。たっぷりチキンがゴロゴロと入っているボリューミーなメニュー。
他にも“函館山ハンバーガー”や“土方歳三ホタテバーガー”など変わったメニューがたくさんあります。

ラッキーピエロはハンバーガーショップでありながら、ピザやカレーなども扱っているカフェに近いお店です。店舗によって個性が違うので色々なお店を回って見るのも楽しいです。

『あじさい』の塩ラーメン。

『あじさい』の塩ラーメン。

写真:しもちん

地図を見る

函館ラーメンといえば塩ラーメン。その中でも人気なのが『あじさい』です。本店は五稜郭タワーの目の前、ベイエリアにも支店があります。

透明感のあるスープに真っすぐな細麺が良くあいます。観光で食べ歩きをしている人が多いのを考慮してか、塩ラーメンにはハーフサイズもあります。函館を旅しているとついつい食べ過ぎてしまうので、嬉しい心遣いです。
お洒落なカフェのような外観と丁寧な接客で、ラーメン屋さんらしからぬ雰囲気の人気店です。

『ハセガワストア』の“やきとり弁当”。

『ハセガワストア』の“やきとり弁当”。

写真:しもちん

地図を見る

函館エリアに10店舗以上あるご当地コンビニ『ハセガワストア』。こちらの名物が店内で調理してくれる“やきとり弁当”。
昔からあったメニューですが、函館出身のアーティストが更に有名にしてくれた一品です。
“やきとり”となっていますが、鶏肉ではなく豚精肉なのでご注意を。道南エリアでは“やきとり”といえば豚なのです。これは室蘭やきとりも同じですね。お弁当のフタにも豚さんが描かれています。

お店に入ると注文用紙があるので、そちらに注文個数と塩かタレかを記入してレジでお会計。焼き上がるのを待ちます。ベイエリアにある店舗はイートインコーナーもあるので、店内でそのまま食べることも可能です。

函館の街をまわろう!

函館の街をまわろう!

写真:しもちん

地図を見る

こうして見ると炭水化物系の食べ物ばかり。お腹がいっぱいになってしまったら、街の中を散策してお腹を空かせてもう1軒回ってみましょう。
市内を回るのに便利な路面電車は、乗車距離によって料金が変動していくので、複数回乗る予定がある場合は1日乗車券を購入しておいた方がよいでしょう。市内のホテルや一部のコンビニエンスストア等で購入できるようになっています。

最後に。

いかがでしたか。こちらは函館グルメの定番中の定番なので、名前を聞いたことがあるお店もいくつかあったかもしれません。函館へ旅行することは決まったけれど何処を回るか悩むなぁという時には、これらの店舗をまず訪れてみてはいかがでしょうか。二度、三度と再訪したくなること間違いなしです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/12/10−2013/12/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ